2015/10/15

New Chapter



仕事のギアチェンジを図るため、今年3月に5本あった連載をすべてストップしたのですが(わがままを聞いてくださった各媒体の方々に感謝泣)、ここにきて新しいペースが掴めてきたのと、タイミングよく依頼をもらったのもあって、新連載を2本、始めました。

1本は『文學界』で、伝統芸能についてのエッセイ連載。編集部がつけてくれたタイトルは「若き藝能者たち」です。
第1回となった10月号は落語の立川吉笑、今日ぐらいから並んでいる11月号では講談の神田松之丞のことを中心に書いてます。
いま『文學界』はカバーイラスト担当が元ceroの柳智之くんで、彼が毎号、島尾敏雄や開高健を描いてるのがなんともおもしろくって、その感じにも刺激を受けてます。
第3回はたぶんワンピース歌舞伎について書くことになるかと。

そしてもう1本は『EYESCREAM』で、こちらは小説連載。短篇の連作を重ねていくスタイルです。
いま売りの第1回は「ダクト清掃の男が『火花』を読んだ翌日、研修の新人が清掃中に事故で落下してヒヤッとしたけど、下がカントリーマァムの袋の山だったので助かった」みたいな話です。
編集部がつけてくれたタイトルは「東京小説」で、てっきり「(仮)」だと思ってたら、このままでいいでしょう、とのこと。でもやっぱり次号から変わるかもです。

あとニッポン放送制作のネットラジオ「Music Go Round」でパーソナリティをやっております。毎週火曜20時~22時まで、同じ内容がリピート放送されますので、タイミングあえばぜひ~。
今月は、新譜『世界各国の夜』も最高なビデオくんこと、VIDEOTAPEMUSICがゲストに来てくれてます!