2014/06/22

レディオヘッズ

◆6月24日(火)の深夜0時頃よりTBSラジオの荻上チキさんの番組「Session-22」に出演します。
テーマは「女装シーンの現在」。
4月にも『遊びつかれた朝に』の関連で磯部涼と番組に出演したんですが、そのときになぜか女装の話をすべりこませたらプロデューサーが関心を持ってくれて、こんどは女装テーマだけでお話することに。
ついにかもめんたる槙尾くんも参戦することになった日本最大規模の女装イベント「プロパガンダ」のことなどを中心に、現在進行形の女装シーンの背景や魅力について紹介できればと思います。
選曲もできるので、また普段ラジオで掛からなそうなあれとかこれとかを流せればと!

◆しかしラジオでしゃべれるのはホントうれしい。正月にニッポン放送でやらせてもらった「ポップカルチャー新年会」とか、やはり昨年、同局でやらせてもらった「誰だ!」とか、ひとつひとつ階段を登っているはずなので、このままいけるところまでいきたいぞェ、と10代のような新鮮な心持ちでいる今日この頃なのです。

◆あ、あと6/24といえば立川吉笑くんの渾身の企画「吉笑ゼミ」の第一回でもあります。もちろんこちらを覗いてからTBSに向かうつもり。

2014/06/20

遊びつかれた朝に



もはやどのタイミングで更新すればいいのかよくわからないこのブログですが、ここで更新せずしてどうする!?(高野拳磁)ってことで、そう、本が出ました。出てます。
遊びつかれた朝に――10年代インディ・ミュージックをめぐる対話』。磯部涼との共著です。まだまだホヤホヤです。

内容については、出版元であるele-kingのページを参照してもらえればと思いますが、自分で書いた本書の「はじめに」もまた過不足なく内容紹介になっているので、以下にそのまま転載しておきます(ちなみに「あとがき」は磯部が担当)。

「インディ・ミュージック」とは、狭義にはメジャー・レーベルの絡んでいない、資本からの独立性の高い(=インディペンデントな)音楽のことを指す。ただ、この本ではことさらにそうした音楽を対象化してみようと試みたわけではなく、私たちが日常的に親しんでいたり、関わりのある音楽について語ってみたら、たまたまその括りが妥当であった、というのが実際のところだ。と同時に、けっして社会のメインストリームに位置するわけではないそれらの音楽を語ることでこそ描き出せる時代の相貌がある、という確信もある。

磯部と初めて出会ったのが2004年だから、今年でちょうど10年になる。「変化」というものは、いつの時代にだって多かれ少なかれあるものだが、YouTubeやSNSをはじめとするインターネット・テクノロジーがインフラ化したことでもたらされたこの10年の変化は、ポピュラー・ミュージックの歴史にとってけっして小さなものではないだろう。インディの世界に目を向けても、アンダーグラウンドなシーンが以前よりも可視化されるようになり、個別の現場レベルでは盛り上がりが加速しているケースも増えている。しかし、それらのシーンの内外を架橋する言葉は、まだインターネット登場前の、雑誌が音楽カルチャーを牽引していた時代に比べて、後退してしまったように思えてならない。雑誌は雑誌で、その多くは生き残りをかけてよりパイの大きく見込めるメインストリームの音楽を扱うことで手一杯だ。もはや、メジャーものはよりメジャーに、マイナーなものはよりマイナーな領域で、と割り切るのもクールな所作かもしれないが、野暮を承知で、あえてそこを攪乱してみたいという誘惑もある。つまりマイナーな場所に宿る力に、より大きな社会的可能性を見てみたいのだ。

この本をつくるにあたって、場所を変えながら四度の長い対談を行った。それぞれ順番に、四つの章に対応している。
本文でも触れることになるが、私たちは2007年、雑誌『Quick Japan』で銀杏BOYZを3号連続で特集するにあたって初めてチームを組んだ。この本の第一章は、まさにその銀杏BOYZの話を扱う。折しも、銀杏は2005年以来、9年ぶりのオリジナル・アルバムを発表。そのアルバム『光のなかに立っていてね』を聴くことで再度確認したのは、この国のインディ・ミュージックを考えるにあたって、まず最初に語らなければならないのはやはりこのバンドだということ。なぜ私たちが銀杏BOYZにこだわるのか。彼らが同時代のカルチャーに与えた影響とは何なのか。そのことについてはまずは語っていく。
第二章は、00年代前半に私が主戦場としていた実話誌界隈や、磯部の関わっていたサウンド・デモなどの話をきっかけに、その両者がクロスするポイントから、アンダーグラウンド・カルチャーと社会の関係を見ていく。さらにこの国に「インディ」という思想がどう根づいていくのか、という見通しをおとなり韓国のインディ・シーンの現状なども意識しながら考えていく。
3・11以降、原発問題や風営法によるクラブの営業規制問題など、ミュージシャンが運動にコミットしたり、何らかのステイトメントを求められる機会が増えている。第三章では、音楽と政治はどのように関係するのか、もしくは関係しないのか。そのことがテーマとなる。
最終章は「シティ・ポップ」という言葉を切り口に、音楽とイメージの関係について考える。「東京」という街の表象、インターネット・ミュージックと都市生活、街と音楽のあり方について話していくことになるだろう。

私は基本的におしゃべり好きで、磯部涼は議論好きだ。そのため、私たちの会話はいつでも終わりの見えぬまま延々と続きがちである。しかし、そうやってさんざんに話をつくし、議論のための建前やら知識やらがすっかり雲散霧消してしまい、自分たちですら何について話をしているのか怪しくなってきた頃、それぞれの人生の手触りのようなものにゴツッとつきあたることがある。そこはおそらくそれまでの議論がすべてがムダになってしまうような波止場で、きっと音楽を楽しんだり、音楽に心底震えたりするときの自分もそんな場所に佇んでいる。
もちろん読者の皆さんをムダ話にまで付き合わせようなんてつもりはさらさらないので安心してほしいのだが、私たちの対話がいつでもあの波止場に転びかねない瞬間を孕んでいるということは記しておきたい。
それでは、さっそくはじめてみよう。

(「はじめに 九龍ジョー」より)

すでにいろんな人が感想など書いてくれててうれしいのですが、とりわけこの方のレビューはほとんど「もうひとつの“遊びつかれた朝”」になっており、迫ってくるものがありました。

2014/02/04

ロックよりもロールが大事

昨日、名古屋の大須演芸場が半世紀近くの歴史に幕を下ろし、閉場とのこと。記念に、むかし雑誌『KAMINOGE』の連載コラムに書いた原稿を転載しておきます。

「ロックよりもロールが大事」

同じ日に名古屋のライブハウスでイベントに出演していたため遊びにいけなかったのだが、8月26日にザムザ阿佐ヶ谷で開催された『KAMINOGEロックフェス』は大盛況だったとのこと。いやはやメデタイかぎり。でもってこちらはその翌日、日本イチお客が入らないことで有名な大須演芸場へも足を運んでみたのだった。『KAMINOGE』創刊号にも登場した快楽亭ブラック師匠が、昨年から月に10日ほど出演しているのである。

大須演芸場といえば、あのツービート結成の地でもあり、かつてはその窮状を救うために、故・古今亭志ん朝が一肌脱いで独演会を開いたなんて話もあったりする(そのときの音源が最近CDブックとなって発売され、42,000円という価格にもかかわらず、飛ぶように売れているらしい)由緒ありすぎる演芸場でもある。もっとも私が最初にその名を知ったのは、エッセイ漫画『風とマンダラ』で有名な落語家の元・立川志加吾が、他の前座とともに破門となり、巡り巡って名古屋に拠点を持つ雷門小福の門下に移り、雷門獅篭の名で出演している会場としてだった。最近はブラック師匠も定期的に出演するようになったことから、立川流をハジかれた弟子は大須へ、と私の中では勝手に認識してしまっている。しかもブラック師匠の弟子のブラ坊まで、前座として寄席に出演。立川流がいまだもって定席に出られないのに対して、ちゃっかり名古屋で毎月10日も寄席に上がっている快楽亭一門はさすがの一言である。

地図を頼りに大須演芸場に辿り着くと、1台のクルマが入り口前に止まる。後部座席からは、なんと私服のブラック師匠。タイミングよすぎ! お客さんに送迎してもらったそうで、そりゃブラック師匠、名古屋が好きになるわな。訊けば師匠の出番までまだ1時間ほどあるが、入場料の1,500円を払って、まずは中へ。

日曜ということもあり、客席はツ離れして十数名ほど。かつら竜鶴の三味線漫談が始まったところだった。客席最前列のおばあさんが、舞台上の呼吸無視でなにか大声でリクエストするも、「それは今日はできん」とすげなく却下。素人の私でもわかるぐらいチューニングの狂った三味線で、弾く手もおぼつかない竜鶴師匠だが、それも含めて得難いおかしみがある。続いて桂文珍門下の桂珍念が登場。「時うどん」を手堅く聴かせる。元・司会者だという早川洸志の漫談は、冒頭から元横綱・朝青龍関の暴行ネタっていう微妙な古さに、なぜかこちらが戸惑ってしまう。

ここでようやくお目当てのブラック師匠登場。前日に観てきたという大曲の花火大会の話から、「たがや」へ。師匠の「たがや~!」のかけ声に、やはり最前列のおばあさんがお茶の間でテレビでも観ているような間合いで、「イイ声ねえ~」。師匠もさらっと流していく。こんなことは日常茶飯事なのだろう。寄席の快楽亭ブラックを堪能した。

ブラック師匠の出番終わりで演芸場を出ようとするも、演歌歌手・坂井千春の登場に足が止まる。けっして若くはないが夢を捨てきるほどの歳でもない容姿、世の場末という場末を渡り歩いてきたような身のこなし。かつてメジャーデビューしたが、いまはインディで活動しているという彼女が、どのようにして大須に辿り着いたのかに想いを馳せながら、つくづく思った。ロックよりもロールが大事!

次回『KAMINOGEロックフェス』に坂井千春を、とは思わないが、ブラック師匠ならいつでも準備できているので、ぜひ。今井良晴リングアナとツーカーの師匠は、「湯屋番」ならぬ「全女番」という、ミゼットレスラー大活躍の一席を聴かせてくれるはずだ。

また、この夏のプロレス・ミーツ・ロックフェスといえば、毎年アントーニオ本多がMCを務め、今年はDDTが提供試合も行うという『夏の魔物』(ちょうど本誌が発売される頃に開催)も気になるところだが、9月1日に大阪の服部緑地で行われた『ヒザフェス』に関西国際プロ・レスリングが出場したことも忘れてはならないだろう。会場まで行っておきながら、降り出したゲリラ豪雨が止むのを喫茶店で待っているうちに彼らの試合を見逃してしまった私だが、それでも彼らのステージについてインターネット検索を怠ったりはしない。フェスの主催者・ヒザ氏のブログによれば、雨を含んでしまい硬度の増したプロレスマットの上で、『ヒザフェス』を破壊しにきたフェス刈りマシーン選手を奥飛騨純選手が奥飛騨固めで破り、見事フェスの平和を守ったとのことだ。おかげで、私はそのあと会場にて、肉弾パフォーマンス集団・男肉 du Soleiや、前野健太とDAVID BOWIEたちの演奏を堪能することができた。

それにしても『ヒザフェス』である。開催理由がすごい。会社員ヒザ氏が、「フェスのトリで歌いたいから」というもの。そんなリアル・ジャイアンリサイタルに、社会人プロレスからプロミュージシャンまで招聘し、観客を500人以上も集めたのである。しかも観客入場料はすべてタダ! さらには焼きホタテが無料で振る舞われるという太っ腹ぶりだ。もちろん経費や機材費、出演者のギャラはすべてヒザ氏の持ち出しである。ほぼ同じような理由で開催されていたセッド・ジニアスの興行だって、こうはいかないだろう。フェスのトリで、「ヒザバンド」なるバックバンドを従えて『ヒザのテーマ』を歌い、万雷の「ヒザコール」に応えるただの会社員・ヒザ氏の姿を観ながら、同行した友人がしみじみと言った。
「これ、どう見ても夢オチのフリでしょ」
いや現実なのだ。世の中にはまだまだとんだトンパチがいる。

(初出:『KAMINOGE』vol.10)