2012/06/19

アイデンティティとは主観のことさ

◆アブない! あまりにも放置しすぎて、更新の方法を忘れかけてたよ!
しかし最近じゃエロ動画もまたぞろ結合(rar形式)とかしてたりして。なんだろう、この光ファイバー時代(?)にまだモニター前で待つことがあるとは思わなかったわ。ホント歴史は繰り返すよねー。
あとプリンターとかぜんぜん便利にならないのな。いまだに紙詰まりとかでイライラさせられんの。おもしろい。メガネで目が小さくなるの(度が強いから)とかもどうにかならんもんかね。やっぱレーシックか。怖えなー。
ってな感じでリハビリ終わらせて。
告知です。

◆気づけば、もう7回目。

「アーバンソング #07」
2012年7月29日(日)
open 17:30/start 18:00
@スナックアーバン
http://snack-urban.com/
(丸ノ内線「四谷三丁目」4番出口より徒歩2分)

<出演>
平賀さち枝
倉内太

<料金>
¥2,000+2ドリンク

<予約>
「名前/枚数/電話番号」を以下までお願いします。
urbanuta@gmail.com

フレッシュな顔合わせとなりました。

先日の原宿VACANTでの『23歳』レコ発ワンマンもすばらしかった平賀さん。
バンドセットはもちろんのこと、最近じゃ弾き語りの中にも色数が増えて、ますます艶めいてきました。
アーバンでどう映えるか、いまからとても楽しみです。



そして、いま会える週末ジョナサン・リッチマン、倉・内・太!
スナックアーバンを武道館のアリーナ席に変えてくれることまちがいナシ。
お見逃しなく!



すでにチケットの残り枚数、3枚くらいです。
会場の構造上、キャンセルがないと当日券も出せないと思いますので、これを読んで興味を持ってくださった方は急いでください~。

あと発売中の『TRASH-UP!!』最新号で、倉内くんがクロスロードで悪魔と取引した模様をあれこれ聞いてますので、こちらもよかったらぜひ。

◆ちょっと溜まってしまいましたが、この間のめぼしい原稿仕事をまとめときます。
なんと連載が6誌になりました(『アクチュール』のは不定期ですが)。

・『CDジャーナル』4月号より「落語音楽ぞめき~わたしの、この一席」という連載が始まりました。
ミュージシャンに好きな落語一席について伺うインタビュー連載です。
4月号では向井秀徳さん、最新号6月号では遠藤賢司さんに登場いただきました。それぞれの一席についてはぜひ誌面でご確認ください。
また4月号のディスクレビューでうつくしきひかり『うつくしきひかり』、加地等『The Essential KAJIHITOSHI』、5月号ではきのこ帝国『渦になる』の紹介文なども書いています。

・『KAMINOGE』の連載コラムでは、4号で故・川勝正幸さんの想い出や川勝さんとも縁深い敏腕プロデューサーGさんのとっておきプロレスエピソードを、5号ではChim↑Pomキュレーション「ひっくりかえる展」や写真家・梅川良満のことを、6号では「ほこ×たて」のドリル対金属対決やもんじゅ君の仕事師っぷりなどについて書きました。
また6号では樋口毅宏さんにインタビューもしています。樋口さんの新刊『二十五の瞳』、最高ですよ!

・『週刊プレイボーイ』2012年4月9日特大号で、進化形素人AVメーカー・BALTANの特集記事を書きました。AVは人生でイチバンお金と時間を費やしている"純粋趣味"でしたが、BALTANに出会ったことでその禁を破りました! こちらのウェブ記事もどうぞ。

・『マンスリーよしもとPLUS』5月号の大阪芸人特集にて、バッファロー吾郎A先生やスチャダラパーのBOSEさんに「小籔千豊という男」について聞いています。なぜか小籔パートだけ文字ギュウギュウですが、そのぶん読み応えありまくりです。

・『ele-king』vol.5にて、劇作家・藤田貴大さん(マームとジプシー)のインタビューをしています。なぜ音楽誌で? という向きも読めば納得して頂けると思います。
目次で藤田貴大とブラッドフォード・コックスが並ぶという共時性!

・『SPA!』の「エッジな人々」にて、何人かインタビューしました。
4月24日号で、『ele-king』に続き藤田貴大さんに。こちらではもちろん演劇の話が中心。
5月1日・8日合併号では「たりないふたり」こと山里亮太さん(南海キャンディーズ)と若林正恭さん(オードリー)に。ふたりの「ネオ・ネガティブ」(山里)っぷりがすばらしかった。
6月19日号では、伊集院光さんに。伊集院さんがいま完全オリジナルのDVDを作る意味を始め、やりたいことに照準を絞った仕事のシフトチェンジなど、たっぷり語ってもらっています。

・『クイック・ジャパン』のリニューアル号となった101号にて、巻頭特集Chim↑Pom「いきのこる」の編集・取材を担当しました。
他にホライズン山下宅配便のレコ発企画、映画『戦火の馬』、わっしょいハウス公演「まっすぐ帰る」のレビューなども書いています。
また、102号より新連載「迷子都市徘徊日記」はじまりました。
「遊歩者」と言ったら大げさですが、この書き方でしか捉えきれない事象(坂口恭平とかね)をブッ込んでいければと思ってますので、よろしくお願いします。

・映画『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の公式本『SR サイタマノラッパー 日常は終わった。それでも物語は続く』にて、マイティ役・奥野瑛太さんのインタビューを担当しています。
この本、ずばり入江悠監督自身による脚本解説の読み応えがハンパないです。

・『アクチュール』5月号でも、奥野瑛太さんにインタビュー。作品に懸ける入江監督と奥野さんの想いが狂気にまで高まったとっておきエピソードあり!
また、『アクチュール』7月号の又吉直樹特集にて、又吉さんへのロングインタビューや証言者取材を担当しました。最近は小説デビューも果たした又吉さんですが、ぶっちゃけ自分に一番適した表現手段を聞いてみたところ「そうきたか!」という回答。ぜひ本誌でお確かめ下さい。
また、同号より「喜劇の人」という不定期連載も開始。
舞台で笑いを生み出す方たちに話を伺うという連載です。一回目のご登場は三宅裕司さん。SETのみならず、近年は伊東四朗一座・熱海五郞一座も手掛ける三宅さんに、東京の喜劇人の佇まいや、軽演劇への想いなどをお聞きしました

・『アクチュール・ステージ』4号では、コンドルズ「狼たちの午後」と、吉本興業創業100周年「伝説の一日」4回目公演のレビューを書いています。
「伝説の一日」、浜ちゃんと松ちゃんが腕組んで歌っている写真がちゃんと借りられたみたいでうれしい。

・『シアターガイド』6月号より新連載「嗚呼、素晴らしきコントの世界」始まりました。
芸人コントの魅力を演劇ファンに向けて紹介するという内容です。6月号はバナナマン、7月号ではジャルジャルを扱いました。
また7月号では4年ぶりの単独公演を控えた康本雅子さんのインタビューも担当しています。

・『宝島』でも7月号から「猟漫日記」という連載が始まりました。
毎号、コミックを一点紹介していくスタイルです。第一回はついに最終巻が発売となった長尾謙一郎『PUNK』について書きました。

・『TRASH-UP!!』12号では、アーバンソングの紹介でも書いたとおり、パートタイム・ロックシンガー倉内太のインタビューをやってます。かなーりトラッシュ!!!!アップ!!!!な内容になってますので、ぜひ~!

・カルチャーサイト「CINRA」にて入江悠監督と近藤良平さんの対談を構成しました。けっこう読みでのある感じになってます。こちらで読めます~。

・@ぴあの「今週のこの人」というコーナーでは、長塚圭史さんにインタビューしました。
今年手掛ける作品は実に5本。ノリにノッてる創作現場の内側に迫りました。やはり、こちらで読めます。

・別名義で漫画原作の仕事も始めました。具体的なことはここには書けないのですが、興味ある方は直接会ったときにでも尋問してください~。オファーももちろん大歓迎です。

・単行本の際に編集を担当した立川志らく『雨ン中の、らくだ』が、新潮文庫になりました。
志らく師匠が、談志師匠への想いを談志落語の分析とともに綴った一冊です。この機会にぜひ。
作った本が文庫になると、いつも大きなターミナル駅に着いた心持ちになります。

◆イベントその他もいくつか。

・4月23日、高円寺円盤にて伴瀬朝彦ブッキング「現代怪談の会」に出演。怖い話をやりました。他の出演者も、飯田華子、黒岡まさひろ、入船亭扇里、神田川(Alfred Beach Sandal&王舟)と豪華でございました。

・5月23日、タワーレコード渋谷店にて開催された、大橋裕之×長尾謙一郎×トクマルシューゴによるトークイベントの司会を務めました。終了間際に、飛び入りゲストの中原昌也さんが滑り込み! 夢の話などで盛り上がりました。

・6月8日、坂口恭平『独立国家のつくりかた』出版記念パーティーにて、「北野ファンクラブみたいなことするから、高田文夫やって」というオファーにより、畏れ多くも高田先生の役回りをば。むちゃくちゃ楽しいパーティだった!

・6月13日、DOMMUNEにて長尾謙一郎『PUNK』完結記念番組「DECODEING of PUNK」に出演しました。他の出演者が日本のアイソレーションタンク第一人者・遠迫憲英医師、西洋魔術実践家のBangi Vanz Abdul氏、そして宇川さんという、最高にカオスな面々でしたが、なんとこれがスウィングしまくり! 我ながら、神回だったと思います。

以上です、編集長!