2011/11/11

アーバンと富士山と富士山

◆すでに右の告知欄には掲載していますが、次回「アーバンソング #04」は12月4日(日)に開催。
出演者はあだち麗三郎、Alfred Beach Sandalというマジカルなシンガーソングライター二人となります(あだちくんはバックミュージシャンの方も入るかも、とのこと)。

「アーバンソング #04」
2011年12月4日(日)
open 17:30/start 18:00
@スナックアーバン
http://snack-urban.com/
(丸ノ内線「四谷三丁目」4番出口より徒歩2分)

<出演>
あだち麗三郎
Alfred Beach Sandal

<料金>
¥2000+2drink

<予約>
「名前/枚数/電話番号」を以下までお願いします。
urbanuta@gmail.com

ついにあだち麗三郎ですよ。
ここの原稿にも書いたけど、ここ数年、ライブという空間を考える際に参照軸となっていたのは常にあだち麗三郎でした。
最近でこそMC.sirafuの東京インディー無双っぷりが注目されるようになってきたけど、もう一つの極としてずっとあだち麗三郎がいることを忘れてはいけないし、ここにきてシラフとあだちくんの両者が参加しているバンドがceroと片想いであるという濃さ! には驚くばかりなのです。あと、そういや三輪二郎トリオ(三輪二郎、あだち麗三郎、MC.sirafu)ってどうなったんだっけ、とか。

そしてあだち麗三郎のソロライブは、本当に素晴らしいのですよ。
でも動画とかだとぜんぜん伝わらないの、あの空間の生かし方は。だからぜひ体感してほしいと思います。
スナックアーバンも音響空間としていい感じに仕上がってきているので、かなり楽しみなのです。


だるま食堂で片想いの「すべてを」を歌うあだち麗三郎。
MC.sirafu&伴瀬朝彦のアーシーな伴奏とコーラスもいいよねえ。

冒頭であだちくんがゆってる「おとといに、ベース(伴瀬)とドラム(あだち)とトランペット(シラフ)でやった曲」っていう、その「おととい」ってこれ(↓)ね。



そしてあだち麗三郎と対バンしてもらうは、Alfred Beach Sandalこと北里彰久。
こちらも以前にも書きましたが、『One Day Calypso』は、ホント今年出た目覚ましい新譜たちの中でも珠玉の一枚だと思うんです。
先日の江ノ島オッパーラでのパーティ仕様のバンドセットも最高でした。



そう、そのオッパーラのパーティのオーガナイザーでもあったVIDEOTAPEMUSICこと間部功夫くんの展示「富士山と富士山」が今年の3月4日(そうかあれは3・11直前だったのか…)に吉祥寺Ongoingであって、そのオープニングパーティでAlfred Beach Sandalが弾き語りをしたときに、客席の後方であだちくんがグラスをお箸で叩いていてその絡み合った感じがすごくよかったんです。
なもので、二人で対バンをお願いできたらなーと思ったのが、今回のきっかけでもあります。

ちなみに、そのパーティにあだち麗三郎はあだくろ(あだち麗三郎&黒岡まさひろfromホライズン山下宅配便)として出てたんだけど、そのあだくろ結成のきっかけになったのが、上記(↑)の「すべてを」を歌っただるま食堂のライブだったんですよねえ。
だからね、動画をよく見てもらえばわかるけど、黒岡くんも黒岡ジュニア(当時3歳)もだるま食堂にばっちり映り込んでるから。

てなわけで、最後にあだくろ「富士山」をどうぞ。



あ、アーバンソング、前回若干キャパオーバーになってしまったので、行くよ~という方は早めに予約をお願いできれば幸いです! ではではお待ちしております~。