2011/05/29

アフターわっしょい

◆デザイン変更。ジオシティーズ時代の日記にちょっと似せてみた。まあ自己満足ですね。

◆先週は打ち合わせばかりしてたような。
気がついたら単行本の企画が6本も進んでるよ。あと新媒体の立ち上げが2件。原稿仕事もちょこちょこ(じつはけっこう長い原稿も書いてる)って感じか。
まあ、これくらいじゃないと先行き不安なのもたしかだ。

◆水曜日、西川口のアイスリボン道場マッチへ。
アイスリボンはこれまで道場マッチを3回、後楽園大会を1回ほど観戦している。行くたびにプロレス初観戦者を連れていくと、みな一様にはまる。この日もしかり。
観戦後、西川口駅前の「やきとり次郎」で一杯ひっかけるのも乙。カウンターの女の子がかわいいの。その子がなんでここで働いているのか想像するだけでもビールがすすむ。
平日ちょっと遠出して、女子プロレスを見て、やきとりで一杯。なかなかぜいたくなレクリエーションですよ。
次はみなさんもぜひ!(って誰に言ってるかわからないけど、これ書いてるBGMが加藤和彦なのでそーゆう気分)

◆金曜の夜は松江哲明監督最新作の撮影に参加。
撮影・近藤龍人、録音・山本タカアキ、そして主演・前野健太。
こう書くと自然と『ライブテープ』が思い出されるが、あの撮影よりもさらに過酷な状況のなか、未知なる手応えと薄明かりの空を垣間見た。
松江監督の最高傑作という言葉に収まらぬ、いま東京で撮られるべき現実の詰まった凄まじい映画になると思う。
いまはただ早く完成することを願うばかり。

◆撮影の興奮もさめやらぬまま、土曜は五反田へ。アトリエヘリコプターにてわっしょいハウス『おばけが出現』を観劇。
いやー面白かった! 前田司郎イチ推しも納得の初期五反田団テイスト(「おやすまなさい」とかね)にぐっとくるものが。
トーク(「アフターわっしょいハウス」)の司会もさせていただき、これまた楽しかった。
作・演出を手がける犬飼勝哉氏のバイト先の先輩こと、怪談作家・吉田悠軌氏の「お風呂は大事」という視点もすばらしい。

終演後、吉田悠軌氏と「吉田ゆうきサミット」仲間であり、やはり観劇にきていた二胡奏者の吉田悠樹氏と新宿で二軒。

2011/05/24

空に溶けていった音楽

◆先週は久々の原稿ラッシュ(忘れていたなこの感覚)に風邪っぴきのダブルパンチでひいひいゆってました。
なんとかしのげてよかったよ。

◆前野健太レコ発大ワンマン@渋谷WWW、一曲目の「背中」からぞくぞくくるものがあった。
ああこれが前野健太だった、と懐かしさすら。
とはいえ3・11のこちら側、響き方の変わった曲もいくつか。
新曲よりもそちらのほうが気になる。「だれかの」もいつか聴いてみたい。
DAVID BOWIEたちに入った三輪二郎は、キース・リチャーズみたいな存在感でしたな。

◆磯部涼のビジスタニュース原稿「音楽の(無)力」がよかった。
いくつか聞き覚えのある音が鳴ってるよ。
せっかくなんで昔、自分が書いた原稿をアップしておきます(こんな機会でもないとサルベージしづらいもんで)。

特集 2009年、私の聴いた音楽
「空に溶けていった音楽の行方」
九龍ジョー

ワンシーンワンカット74分、吉祥寺の街をフォークシンガー・前野健太が弾き語りながら練り歩くドキュメンタリー映画『ライブテープ』(監督:松江哲明)の撮影に立ち会ったのが09年元旦のこと。撮影時点ではただの自主映画にすぎなかった本作は、10月に東京国際映画祭の「ある視点」部門賞を受賞し、あれよあれよという間に、年末より全国公開に。まずはそんな09年だった。
とにかく多くの人の目に触れてほしい映画だ。スクリーンに映る通行人の姿がとてもいい。前野健太という未知のミュージシャンに遭遇し、無関心のまま足早に通り過ぎる家族連れ、歌詞のフレーズに一瞬だけ歩みを止める紳士、手を繋ぎながら耳を傾ける恋人たち――。彼らの足どりや息づかいにかぎりなく接近するリズムで刻まれた前野の歌は、ラストシーンに至り、吉祥寺の空へと溶けていく。
なぜいまフォークなのか? という向きもあるだろうが、この映画に活写されている「弾き語り」というフォームを借りつつ毎日の過激さを歌う前野の姿には、音楽を〈鳴らすこと/聴くこと〉の関係をめぐる新たなる思索や変革のポテンシャルが秘められていると思うのだ。なにはともあれ、映画を観てみてほしい。

その『ライブテープ』で素晴らしいサックスの音を聴かせる音楽家・あだち麗三郎の動きからも目が離せなかった。
「俺はこんなもんじゃない」など関わりのある全バンドを脱退しての「うたうたい」宣言。四谷にある公共施設の音楽室を借り切って定期的に行われたライブは、窓から見える新宿御苑の緑や遠くビル街を背景に、(まるで書き割りのような)夕暮れや夜空のライティングの下、マジカルな音響空間を現出させていた。他にも、公園や民家、プラネタリウムといった非ライブハウスな場所を会場に選び、その〈場〉と聴衆の持つ潜勢力を最大限にまで引き出そうとするあだちのライブは、彼の中にある〈鳴らすこと/聴くこと〉への求知心を感じさせるものだった。難解さはなく、そこにあるのがあくまでポピュラリティのある音楽だというのも新鮮だった。

極めつけは、あだちや、やはり『ライブテープ』の出演者でもある二胡奏者・吉田悠樹らも参加し、夏の2日間に渡って開催された「フジサンロクフェス'09」だろう。
写真家・鈴木竜一郎が発起人となり、御殿場にある鈴木の実家のガレージを会場に行われたこのユニークな家系フェスには、11組+αのミュージシャンが出演、約50人ほどの観客が集まった。便宜的に「11組+α」としたが、参加ミュージシャンたちの多くはマルチプレイヤーであり、その場の流れでフロントを務めたり、あるいは誰かのバックに回ったりと、有機的に楽隊を編成していたのが印象的だった。
また、便宜上、ミュージシャンと観客に分けてはみたが、実際のところそこでは、音楽を演奏すること、聴くこと、音楽について話すこと、踊ること、飲み語らうこと、おしゃべりすること、それらが渾然一体となっていた。鈴木はホームページにフェスのコンセプトとして「クロープン(clopen)」という言葉を挙げていたが、「閉じ開いている」とはまさに言いえて妙。
フェスが佳境にさしかかった頃、鈴木家のベランダで吉田の奏でる二胡の幽玄な響きが夕空に溶けていくのを聴きながら、右手に見上げた富士の稜線はなんとも美しかった。

ここにある可能性をなんと名指すべきか、ずっと考えている。
「アンビエントとしてのフリーフォーク」「声の社会的編成」……。しかし、彼らの音楽は、そういった名指しをすり抜け、ますます融解し、遍在化していくことだろう。来たる2010年もその行方を見守っていきたい。
(初出:『remix』2009年12月号)

2011/05/14

喪の儀式

◆Bloggerが長いことメンテ中で更新できずにいた。
プレイステーションネットワーク個人情報流出事件の影響で、いろいろセキュリティの見直しを図ってるのかな。

◆週の後半、某映画スターにインタビューしたほかは、ある長めの原稿にかかりっきり。
いまもなお。

◆金曜の昼、仕事の合間をぬってソニーPCLにて平野勝之監督『監督失格』の試写を拝見。

平野さんの喪の儀式がそのままそこにあった。
由美香さんがもらした「幸せ」という言葉が、黄色い自転車に乗って走り去っていった。

庵野秀明プロデュース。
いま庵野さんがこの映画をサポートしなければならない意味も、覚悟も、痛いほどに伝わってきた。

公開は9月3日。
すでに特報映像がYouTubeにあがっている。

2011/05/10

骨折りブラック師匠

◆ここに書くのをすっかり忘れていたのですが、快楽亭ブラック師匠がまたも左足を骨折しまして、全治一ヵ月の松葉杖生活とのこと。
とはいえ今日から名古屋の大須演芸場にもきっちり出演されているそうで、大事に至らなくてよかったです。

詳細については「快楽亭ブラックの出直しブログ」のニュース欄に書いておきました。
あんまりにもコンスタントに厄災がつづくもんだから、おもわず「快楽亭ブラック 大病厄災史(2005.10-2011.05)」も表にまとめてしまいました。ぜひご覧いただければ幸いです。
師匠、お大事に~。

◆日中、原稿仕事をこなし、夕方から新宿で打ち合わせ。

◆取材準備のため、某監督の新作を一足先に拝見させていただく。
前二作もけっこう好きだったが、また違う方向に進んでてよかった。
『道』ですな。
今回は幅広く支持を得るんじゃないだろうか。
北野武監督のフィルモグラフィに重ね合わせると、まさに『あの夏、いちばん静かな海』。
じゃ、つぎ『ソナチネ』じゃんか!

2011/05/09

物騒すぎる「(笑)」

◆昼、淡路町で新しいメディアの打ち合わせ。
3・11を挟みつつ、回数を重ねたことでようやくカタチを結んできた。
あともう一歩。

青山に移動し、対談インタビュー取材。
この媒体も次号でリニューアルとのこと。
新しく始まったり、変わったり、3・11以降のモードが徐々に見えてきた……かな。

渋谷タワレコを軽く流し、帰宅。
近所のファミレスで読書。

◆フィリップ・K・ディック『流れよわが涙、と警官は言った


ぎゅっと握っていた手がカラだったような。
その寄る辺なさが沁みる。

◆西岡研介『襲撃 中田カウスの1000日戦争


やはり同じ筆者が構成している『憚りながら』と同じく、物騒な場面に滑り込まされた「(笑)」が効果的すぎる!
例えば、カウス師匠が愛車ベンツを黒いフルフェイスのヘルメットに黒のダウンジャケットの男に襲撃された場面――。
 カウスが掴んだ凶器の先端には、異様なものが付いていた。緊急時に車の窓などを割る「ガラスクラッシャー」と呼ばれる器具が、ガムテープでぐるぐる巻きにされていた。カウスが続ける。
「こんなもんで殴られたらたまったもんやないと、必死でバットを車の中に引き込みました。けど、その時はもう頭ん中は落ち着いてました。バット引っ張りながら、ああ、これはプロの“頼まれ仕事”やな……とね。
 そんなことを考えながら引っ張りっこしているうちに後ろから突然、もう一本の手がニューッと伸びてきたんです。僕、なんぼ『怪芸人』や言われても、さすがに手は三本もありませんからね。ギョッとして振り返ったら、後ろの弟子も一緒になってバットを引っ張ってたんですわ(笑)」
しかし、この本に登場するカウス師匠の語り口や胆力にはすっかり魅了されてしまったよ。
そして、筆致の隅々からは「吉本」的なるものへの愛情すら。もちろん未来に対しての問いも投げつつの。
 怪芸人というが、芸人というものは、カウスに限らず、そもそも“怪しい”ものではないのか。さらに言えば、一般社会で生きる人びと、つまりは堅気の世界の人間が、決して持ち得ない怪しさや艶気、さらには狂気を孕んでいるからこそ、芸人は客を惹きつけるのであり、逆に怪しくなければ、芸人といえないのではないか……と。
[略]
 少しでも芸能界や、暴力団の取材をした経験のある記者なら、いや別に記者に限った話ではない。日本における「興行」というものの歴史を繙けば、昔から、そして今なお、興行の世界が、ヤクザと切っても切れない関係にあることが、誰にでも分かるはずだ。
 しかも吉本興業といえば、日本最古にして、最大の芸能プロダクションである。さらに言えば、本書でも詳述した通り、同社は吉本せいの時代から山口組との関係が深く、弟の正之助に至っては、その山口組を、「日本最大・最強の暴力団」に育て上げた田岡一雄・三代目組長との関係を半ば公言し、果ては山口組の威を借りて恐喝に及び、司直に逮捕されている。
 このような歴史も踏まえずに、今日のお家騒動をいくら報じてみても、浅薄なものにならざるを得ない。私は一連の“吉本バッシング報道”に覚えた苛立ちは、この浅薄さ、に対するものだった。
 ならば、今回のお家騒動を、吉本の90年余に及ぶ歴史の中で、捉え直してみよう――というのが、本書を上梓した趣旨だ。

2011/05/08

おすそわけカルチャー

◆取材準備で資料を読んだりDVDを観たり。
夜、開局したDOMMUNE FUKUSHIMAで「プロジェクトFUKUSHIMA!」特別番組を。

◆宇川直宏 said 「3・11以後のぼくのアクションは、アメリカ西海岸から学んだ『おすそわけカルチャー』」

多様な可能性を孕んだロゴデザインがすばらしすぎる。
大友良英さんの「残りの人生を懸けたプロジェクトになるかもしれない」という発言も強く印象に残った。

◆ETV特集で神聖かまってちゃん。
松江哲明監督も入江悠監督もやらなかった、の子への接近戦。
元ひきこもりミュージシャンの、現実社会との軋轢、葛藤、そして成長、というよくもわるくもNHK的な切り口だったが、の子のナマの言葉・表情が捉えられていたり、微妙に構成が破綻していたりとなかなか面白かった。

マネージャー劔氏が『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』の劇中とほとんど同じようなセリフを言っていたのには笑ったなあ。
どちらもとてもいいシーン。

2011/05/07

Prisoner of Rock'n Roll

◆親族の祝いごとでホテルランチ。

◆昼すぎ渋谷に移動し、「原発やめろデモ!」に参加。

PARCO前でのRUMIのフリースタイルが、じつに説得的でよかった。
信号待ちの女の子がとなりの子に「あれかっこいいね」とささやいていた。




◆デモで通り過ぎた公園通りすぐ脇のWWWにて、ceroのライブ。
客席で「No Nukes」のプラカード掲げてるヤツがいる。
メンバーもライブ前にデモ流してきたっていうし、その感じがすごくしっくりきた。

トリの奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、はじめてライブを観たけどすごいね。
ゴキゲンなブラスロックに乗せ、シャンソン(つーか越路吹雪)や歌謡曲(ユーミンや松田聖子)などをなんの衒いもなく歌い上げる。スプリングスティーンのロックンロールメドレーのような高揚感があったよ。
いやそれはちょい言いすぎかも。

Prisoner of Rock'n Roll



2011/05/06

バカヤロー!

◆昨夜のDOMMUNE「全ポ連のキッズ展」にご来場の方々、見てくださった方々、宇川さんはじめスタッフの方々、出演者の皆々様、ありがとうございました!
キッズには蹂躙されまくりでしたが……たのしかった!
やつらのパワーをなめてました。
こんなご時世ですが、未来は思いのほか明るいやもしれません。

◆午後イチ、恵比寿のS誌編集部で打ち合わせ。

◆天気がいいのでIくんを呼び出し、広尾まで散歩。でもっていい感じの純喫茶でシナモントーストとコーヒー。
水曜に観た「スカートの裾まつり」(おもしろかった!)の劇中でそのすばらしさをやたら熱くシーンがあって、すぐにでも食べたかったシナモントースト。よく考えたら火曜にも南阿佐ヶ谷の喫茶店で食べていたよシナモントースト。
ままごと「わが星」やデモの話などで小一時間。

デモのこと話しながら脳裏に浮かんでいたのは、学生の頃に叩き込まれた「青い芝の会」の行動綱領、とりわけ「健全者文明」って言葉で。
節目節目でわりといつも何度でもここに戻ってきてしまうの、なあ。

日本脳性マヒ者協会 全国青い芝の会 行動網領

一、われらは自らがCP者であることを自覚する。
われらは、現代社会にあって「本来あってはならない存在」とされつつある自らの位置を認識し、そこに一切の運動の原点をおかなければならないと信じ、且つ行動する。

一、われらは強烈な自己主張を行なう。
われらがCP者であることを自覚したとき、そこに起るのは自らを守ろうとする意志である。われらは強烈な自己主張こそそれを成しうる唯一の路であると信じ、且つ行動する。

一、われらは愛と正義を否定する。
われらは愛と正義のもつエゴイズムを鋭く告発し、それを否定することによって生じる人間凝視に伴う相互理解こそ真の福祉であると信じ、且つ行動する。

一、われらは健全者文明を否定する。
われらは健全者文明が創り出してきた現代文明がわれら脳性マヒ者をはじき出すことによってのみ成り立ってきたことを認識し、運動及び日常生活の中からわれら独自の文化を創り出すことが現代文明を告発することに通じることを信じ、且つ行動する。

一、われらは問題解決の路を選ばない。
われらは安易に問題の解決を図ろうとすることがいかに危険な妥協への出発であるか、身をもって知ってきた。われらは、次々と問題提起を行なうことのみわれらの行いうる運動であると信じ、且つ行動する。

自分にとってもできるだけウソくさくないやつ、やり方を考えていかねば。
というか、そうでなさげな人を見ると「あんたウソっぽいよ!」っていちいち突っ込んでしまう心の狭さがどうにも。

◆恵比寿アトレの有隣堂でフィリップ・K・ディック『流れよわが涙、と警官は言った』(ハヤカワ文庫)、片山杜秀責任編集『RATIO 思想としての音楽』(講談社)など購入。

新宿駅南口の駐輪場、さいきん警備員が「いってらっしゃい」「おつかれさまです」と挨拶してくれるようになって、どうもこそばゆい。あの新しく入ったおばさんが運動を起こしているのだとにらんでいる。いや、とてもいいことだと思います。

家からいちばん近い新宿区立の図書館、角筈図書館に初めて行ってみたら、震災の影響により建物(区民センター)ごと改修工事するとのことで、返却しかできない縮小開館状態だった。残念。
こんどは北新宿図書館に行ってみよう。

◆豊田道倫さんに薦められた島崎智子『バカヤロー!』が最高すぎる。
東京でレコ発やらないのかな。20日の7th floorは前野健太のレコ発WWWとかぶってるんだよなー(マエケンの日記でもバカヤロー!)。
前日の19日におんがくのじかんとかで誰か企画してくれないだろうか……(他力本願)。

2011/05/05

「アーバンソング」#02のお知らせ

◆本日(5月5日)19時よりDOMMUNEにて「全ポ連のキッズ展」(出演:小田島等、大橋裕之、箕浦建太郎ほか)生放送です。ぼくも司会でお手伝いさせていただきます。
「今年のこどもの日ほど、こどもにとって『なんだバカヤロ~!!』な日もないだRAW((T_T))」
という小田島画伯のつぶやきがすべてを物語っていると思います。
キッズも元キッズもぜひご覧いただければ幸いです。
時間あったらぜひ会場にも遊びにきてください~。

◆告知つづきで恐縮ですが、「アーバンソング」#02の詳細が決まりましたので、発表させてください。

「アーバンソング」#02
2011年6月19日(日)
open 17:00/start 18:00
@スナックアーバン
http://snack-urban.com/
(丸ノ内線「四谷三丁目」4番出口より徒歩2分)

<出演>
高城晶平(cero)&MC.sirafu
おまつとまさる氏(松倉如子&渡辺勝)

<料金>
¥3000(2ドリンク込)

<予約>
「名前/枚数/電話番号」を以下までお願いします。
urbanuta@gmail.com

いまや東京インディシーンの台風の目となっているceroのフロントマン高城晶平くんと、そのceroでもサポートミュージシャンとして活躍している音楽怪人・MCシラフ氏(片想い、うつくしきひかり等)によるユニット。
それから先日、吉祥寺の喫茶ダーチャの閉店ライブ(なおさんおつかれさまでした!)で久しぶりに観たら、その世界観の研ぎすまされっぷりに圧倒されてしまったおまつとまさる氏。
この二組によるアーバンな夜をお届けします。

個人的には、はちみつぱいやアーリータイムス・ストリングス・バンドなどで活躍してきた渡辺勝さんとcero高城くんの対バン、というところにぐっとくるものがあります。
あとなんつっても松倉さんの本気!

例のごとく狭い会場なので、早めのご予約をお願いできれば幸いです。
よろしくお願いします!

松倉如子 「ともだち」


高城晶平(cero) 「明日の天使」


片想い 「踊る理由」


cero「武蔵野クルーズエキゾチカ」

2011/05/04

Shot through the Heart

こちらよりブログを引っ越し、というか全面移植してやってまいりました。
まずはあいさつがわりに、大好きな永野の「騒音おばさん」ネタを貼っておきます。



また、遅ればせながら「アーバンソング」#01にお越しの皆様ありがとうございました!
スナックで弾き語り、というお題にいろいろと腐心しましたが、豊田道倫さんとまめッこの熱演、それからお客様のつくってくださった空気で、一つの答えというか方向性を見いだせた気がします。

次回もすでに詳細決まっております。
近日中に告知をするようにしますので、なにとぞよろしくお願いします。