2011/10/30

冬へと走りだそう 再び(と毎年書いてる)

◆ブログをもっと有効活用して感想とかメモを残していこうと思うんだけどなかなか難しくてやっぱりツイッターにちょこちょこしちゃうとかどうするべきかとか、ほんとどーでもいい悩みごとの囚われ人です。

◆とりあえず最近のめぼしい原稿仕事を。

・発売中の雑誌「クイック・ジャパン」(98号)で、藤木TDC著『アダルトビデオ最尖端 ~身体と性欲の革命史~』の書評と、YouTubeのライブ動画撮影者たち(たけうちんぐや岩淵弘樹監督、橋本聡輔くんなど)について書いてます。

・発売中の雑誌「サイゾー」(11月号)で、6・11新宿デモでの参加者逮捕を俎上に載せた森達也さんと二木信さんによる公安警察についての対談と、絶賛公開中の映画『サウダーヂ』を切り口に地方の置かれた現状を考える富田克也監督、開沼博さん、磯部涼さんによる鼎談の取材・構成を担当しています。

・ついに発売となった大橋裕之『シティライツ』第1巻の巻末に収録されている大橋裕之×坂本慎太郎(ex.ゆらゆら帝国)対談の取材と構成を担当しています。
11月14日に新宿ロフトで開催される発売記念イベントで大喜利の司会も務めさせていただきますので、よろしくお願いします。

・11月19日よりオーディオトリウム渋谷にて開催される「松江哲明グレイテスト・ヒッツ1999-2011」のチラシに、那須千里と手分けして企画の概説と上映全18作品の解説を書きました。ぜひお手にとって頂ければ幸いです。

◆ただいま池袋シアターグリーンにて公演中のロロ「常夏」のポストパフォーマンストークに出演させていただきました。
ここんところ「夏」をテーマに作劇を重ねてきたロロにとっての、集大成的作品です。
すばらしかった。

トークでは、この作品の持つ不穏さや妙な白々しさ、伏線の繋がらなさについて話しました。
一見、見た目のポップさにごまかされるけど、クリエイティヴな離人感とシェルターが劇作家・三浦直之の核にあると思います。チェーホフ「かもめ」を演出したいというのも超納得。ぜひ観てみたい。

とにもかくにも不穏でポップで白々しくて愛くるしい不思議な芝居。まだまだ多くの方に観てみてほしい。
12日の夜にもう一度、漫画家のあらゐけいいちさんがトークゲストの回にて司会をさせていただきますので、よかったらぜひ。

◆そして、10月23日の「アーバンソング #03」にお越しのみなさまありがとうございました。
なにより素晴らしい演奏をしてくれた三輪二郎と王舟に感謝!
二人のセッションはボニー・プリンス・ビリーやPAPA Mの枯れ味を越えて心に沁みました。
またどこかの秋に聴きたいな。