2011/07/31

揺れる時代の

◆19日から24日まで九州~沖縄と回ってきた。
九州では坂口恭平くんを訪ね、熊本のZERO CENTERへ。
沖縄では、那覇の沖縄大学にて恩師・野本三吉と再会。さらに、その沖縄大学に講演しにきた写真家の石川直樹くんや映像民俗学者の須藤義人さんらと夜の那覇を堪能したり。
他にも、多くの出会いがあった。
これからなにか実を結びそうな予感がしている。


●新政府首相こと坂口恭平とZERO CENTER


●那覇の栄町で見かけた、妖しい美脚

◆24日、沖縄から帰京した足でDDT両国国技館大会へ。
面白かった! 大のオトナが頭からっぼで楽しめる、最高のエンタテインメント。
08年につくらせていただいた高木三四郎さんの自伝『俺たち文化系プロレス DDT』中で、高木さんは「夢は両国国技館。あくまで過程にすぎないけど」と語っていた。それがもう三回目だし、しかも次は日本武道館進出ですよ。シビれるわ~。

◆最近の原稿仕事をば。

・発売中の雑誌「サイゾー」のカルチャーページにて、「揺れる時代の身体表現」と題して吾妻橋ダンスクロッシングからアイスリボン、映画『田中さんはラジオ体操をしない』までを合わせて紹介するというアクロバティックなことをしています。よかったらぜひご覧ください。

・公開中の映画『PEACE』(想田和弘監督)の公式パンフレットにて、「ドキュメンタリー映画を撮る理由」と題した想田和弘×松江哲明対談の取材と構成を担当しています。
『PEACE』はもちろんのこと、ぜひ想田監督の新刊『なぜ僕はドキュンタリーを撮るのか』とも併せて読んでいただければ幸いです。

◆それにしても今月はせわしかった。
でも仕事もなんとか乗り切れたし、被災地(宮城)、九州、沖縄と、いまこの時期に回れた意義は大きかった。

◆まだ見てない方がいたら、ぜひ。