2011/06/23

ついに禁断の…

◆アーバンソング第二夜、および快楽亭ブラック師匠@DOMMUNE、そして土曜のほにゃららパーティに起こしのみなさま、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。すべて首尾よくいきましたのも、みなさまのおかげです。
今後ともなにとぞよろしくお願いします!!

こういうレポートはうれしいですね。

◆最近の原稿仕事をば。

・TOHOシネマズで買えるシアターカルチャーマガジン「T.」(2011夏号)で、想田和弘監督と松江哲明監督による対談を担当しています。「ドキュメンタリー映画」をめぐるかなり濃ゆい内容を1ページにぎゅうっと詰め込みました。

・発売中の「クイック・ジャパン」(2011年8月号)で想田和弘監督の最新作『PEACE』のレビューと、GWに開催された"30代女性の祭典"こと「スカートの裾まつり」のレポートを書いております。

・ばるぼらさんとTAXIMさんが編集したimoutoid追悼冊子「6月のimoutoid」にコメントを寄稿しました。その中でも書きましたが、商業誌でもっとも早くimoutoidの音源を紹介できたことと、追悼文をMJのものと並べさせていただいたことは、雑誌屋としてできる彼への最大限のリスペクトでした。安らかに。
ちなみに冊子は6月25日(土)に六本木SuperDeluxeで開催されるimoutoid追悼イベントで配布されるそうです。

◆以下、ツイッターより抜粋(ついに禁断症状が……)

2011年06月09日(木)
遠藤賢司vs前野健太@晴れたら空に豆まいてに来ました。ロックの日に実現した"エンケン 対 マエケン"の客入れBGMはなぜかダニエル・ラノワ。コンセントレイションってやつか。まもなく開演

2011年06月10日
エンケン対マエケン、数年前に「健祭り」で大橋裕之先生が演った紙芝居のほぼ実写化だった。エンケンの咆哮がすべてという。デカい音はデカく、小さな音は小さく。変わらないなあ。前野健太「東京 2011」は「東京ワッショイ」(昨夜はやらなかったが)のアップデートでもあるということに気づいた

大宮浩一監督『無常素描』試写。3・11から1ヶ月の被災地を、タイトル通りテロップもBGMも使わずスケッチ。被写体との関わりが一方的な「神の視点」が気になったが、この早さで上映する覚悟は感じた。怯えながら生きていく、という玄侑師の言葉が残った



2011年06月12日(日)
表参道ヒルズで開催中の箕浦建太郎川島小鳥の展示へ、原宿の交差点でばったり会った元・小悪魔ageha編集部Nくんを連れて。ミノケン画の天使っぷりがパない! 小鳥くんが「未来ちゃん」でブレイクしましたが、ミノケンにももっと光が当たってしかるべき、と思っているのは僕だけじゃないはず

ミノケンに勧められたワインで酔ってしまったので、てんやで酔い醒まし。これからVACANTの豊田道倫さんの初小説「東京で何してる?」刊行イベントへ向かいます。川本真琴さんとがっつり演るらしく、楽しみです

天丼食って余裕かましてたら(開演時間を間違え)、カンパニー松尾さんによるドキュメンタリーの前半を見逃す。HMV渋谷での「東京で何してる?」から、僕の企画させてもらったアーバンソングでの「2011」の映像で締め。ただいま佐内正史さんを交えてのトーク中。岩淵くん、司会がんばれもっと!

豊田道倫+川本真琴、大人のデュエットでした。この組み合わせでもっと聴きたい。ちなみに川本さんの考えてきた二人のユニット名は「ミチコ」。豊田さんはずっこけてましたが。ラストは三輪二郎を呼び込んでのアコースティック・ザーメンズ。これがまた素晴らしかった。三輪二郎の多幸感が加速している

2011年06月15日(水)
坂口恭平から電話。東京に着いたそうな。なーにが「やっぱいいね、東京は!」だ。というわけで、僕も担当編集として裏方で関わってきましたDOMMUNEの『都市型狩猟採集生活』、明日が最終回です。よろしくお願いします。

2011年06月17日(金)
昨夜の坂口恭平「都市型狩猟採集生活」、見てくださった方ありがとうございます。最終回(模様替えして番組は続きますが)だというので、『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』という本がどういう背景でできたのかを編集者として少しだけ話させてもらいました

2011年06月19日(日)
アーバンソング、リハーサル中。スナックにスティールパンが持ち込まれています。日本、いや世界スナック史上初(日本以外にスナックがあるのか不明ですが)のことかも

2011年06月20日(月)
昨夜「アーバンソング」第2夜にお越しの皆様、ありがとうございました! 最高の演奏をしてくださった松倉さん、渡辺勝さん、高城くん、MCシラフ氏にもホント感謝です。最後のドリカムセッションは楽しすぎでした。第1夜に続き、またも素晴らしい夜でハードル上がってますが、次回は8月頃に!

快楽亭ブラック師匠@ドミューン、ご覧の皆様、会場にお越しの皆様、感謝です! ドキュメンタリー落語「立川談志の正体」と、ブラック落語十八番「イメクラ五人廻し」の二席をお届けしました。師匠が某席亭と揉めた理由がくだらなすぎて最高。次回は秘蔵映像も交えてぜひ!

2011年06月22日(水)
アトリエヘリコプターにてハイバイ「七つのお祈り」観劇。特殊公演というか、工場見学会チックなオムニバス公演。ハイバイのエッセンスを堪能。日常の細かい(時にはしょぼい)サイコロジーがおかしくも愛おしい。「たのしい新生活」は、笙野頼子『居場所もなかった』でしたな。「幻想管理サービス」