2011/05/08

おすそわけカルチャー

◆取材準備で資料を読んだりDVDを観たり。
夜、開局したDOMMUNE FUKUSHIMAで「プロジェクトFUKUSHIMA!」特別番組を。

◆宇川直宏 said 「3・11以後のぼくのアクションは、アメリカ西海岸から学んだ『おすそわけカルチャー』」

多様な可能性を孕んだロゴデザインがすばらしすぎる。
大友良英さんの「残りの人生を懸けたプロジェクトになるかもしれない」という発言も強く印象に残った。

◆ETV特集で神聖かまってちゃん。
松江哲明監督も入江悠監督もやらなかった、の子への接近戦。
元ひきこもりミュージシャンの、現実社会との軋轢、葛藤、そして成長、というよくもわるくもNHK的な切り口だったが、の子のナマの言葉・表情が捉えられていたり、微妙に構成が破綻していたりとなかなか面白かった。

マネージャー劔氏が『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』の劇中とほとんど同じようなセリフを言っていたのには笑ったなあ。
どちらもとてもいいシーン。