2010/02/28

アソコ知ってる?

◆2月、なんてとっくに終わってるけど気にせずに。
で、いきなり告知をばおゆるしください。

◆すでにツイッターで流したりもしてますが、来る3月27日(土)17時より、高円寺イチのスカ無スポット・ASOKOにて、「ないない映画祭」なるイベント兼飲み会のようなものを開催します。

詳細はリンク先(↑)を参照していただければ幸いです。
どなたもお気軽に遊びに来てくださいー。イベントはともかく、ASOKOもかなりの面白スペースですのでぜひ。
ちなみに住所はこちら。地図だとこんな感じです。中通り商店街をまっすぐ行って、右手にでっかい鉄塔が出てきたらそこで右折れ。ずーっとまっすぐ行った左手に突如ASOKOは現れます。
不明な点などありましたら、適当に連絡などいただければと思います。なにとぞよろしくお願い申し上げます!

以下、ツイッターより短い記録のたぐい<2月後半>

◆16日、チェルフィッチュ「わたしたちは無傷な別人であるのか?」@STスポット
ついに新しい方法論に踏み出したチェルフィッチュ。ある作家が、「作品は受け手のもとで初めて完成する」と発言することはよくあるが、それをここまで厳密にやられると、こんなにも緊張するし、こんなにも興奮するものか、という新鮮さと驚き。
この作品は、場所を変え、3月にもう一度観劇する。

◆18日、五反田団といわきから来た高校生「3000年前のかっこいいダンゴムシ」@アトリエヘリコプター
一昨年、「いわきから来た女子高生」を見逃したのが心底悔やまれただけに((同日観た「いわきの銀杏BOYZ」はすばらしかったが)、リベンジ気分のハイティーン・ブルース。
リアル高校生という素材の活かし方が絶妙すぎる。あんな身体、どうやったって手に入らないもん。

◆19日、おとぎ話のレコ発ライブで、前野健太、ゲラーズ、おとぎ話の3マン@さいたま新都心HEAVEN’S ROCK VJ-3
さいたま新都心駅で降りたの2006年のPRIDE無差別級グランプリ2回戦以来だわーと思ったら、なんだか感慨深くなってしまった。出身地さいたまでの初ライブということでマエケンも思うところがあったりしただろうか?
『ライブテープ』以降、ちょい営業曲っぽくなってしまっていた「天気予報」が、この日は灯火のように、じんわりと沁みた。「友達じゃがまんできない」も。この2曲がよかったライブなんて、それだけですばらしいにきまってる。
ゲラーズは、立ち位置を変えてみたら(大久保・川副が真ん中)、あらびっくりのタイト感。いよいよエンジン数あがってきたみたいで熱かった。松江監督とも話したが、ほんとジョニー・トー『エグザイル/絆』みたいな連中だよなー。幼馴染み5人がしょっちゅうケンカしながらバンドやってるっていう。

◆21日、ザ・高円寺デイ
ダーティ・サンデー@素人の乱12号店で「Opshop+Wheatpaste」を購入。つづいて、「→S E X E S← 裏モノJAPANをひっくり返す」@素人の乱シランプリにて爆笑。でもって山下陽光に場所を教えてもらい、初ASOKO

◆27日、岡崎藝術座「リズム三兄妹」@のげシャーレ(横浜にぎわい座)
待望の再演。『SPA!』に紹介記事も書かせていただいた。
会場の広さと、後半のキーとなる夢子役が内田慈から中村真生になったことで、かなり違った手触りに。初演の緊密さ、綱渡りのスリル感は後退し、代わりにスケール感は増したというか。神里雄大も演出した「三月の5日間」(チェルフィッチュ)ではないが、今後も何度でも再演されてほしいマスターピースである。

観劇後、野毛を散歩しながら急な坂スタジオに移動し、快快「Y時のはなし」の稽古場見学。某誌の取材にて。

◆野毛のおすすめ音楽