2009/10/26

整理より生理

◆なんと、『ライブテープ』が東京国際映画祭で「日本映画・ある視点」部門・作品賞を受賞とのこと! いやーすごいことになったきたぞ。

Haircut_2◆先週金曜日の昼、こまばアゴラ劇場で岡崎藝術座「ヘアカットさん」を観る。

声を受け渡していく。人に、手に、足に、尻に(とくに武谷公雄のケツの動きはすばらしかった)、さらにはパスタに乗ったベーコンのソテーに。
その偏在していく声のアンサンブルの気持ちよさときたら。
そうやって飛ばしまくった前半ののち、徐々に浮かび上がってくる「喪失」というテーマ。
司会へアカットさんによるバラエティ番組のような声回し。
カラオケ熱唱というリプライズ。
すべてが絶妙なバランスでキマっていた。

ドイツに発つ直前に観たままごとの「わが星」もやはり音楽と身体をハイブロウに交錯させたステージで、ぼくの周りでは異常に評判がよく、たしかに実際とてもよかったのだけど、同時にどこか釈然としない部分もあった。――ここには見事な「整理」はあるけれど、「生理」がない。

一方で「ヘアカットさん」には、劇作家・神里雄大の、それから俳優たちの「生理」が本人たちの意図に関わらずごろりと投げ出されていて、うまく言葉にできないのだけど、なんだかとても「愛おしさ」を感じてしまった。また何度でも観たくなってしまうような。
ちなみに「整理」のほうは柳沢さんがうまくやってくれている

岡崎藝術座、見逃していた「リズム三兄弟」の再演も来年2月にあるみたいで、いまからとても楽しみだ。

◆そのまま渋谷に移動し、夜はO-NESTで「フルカワヒデオ200ミニッツ」。作家・古川日出男が一夜で200分(3時間20分)朗読しつづけるという、規格外超絶ライブイベント。

ホントに200分朗読していた。いやむしろ200分だった。ジャスト200分。まさか休憩ナシなんて誰が予想しただろう。

初めてO-NESTのステージに立った(傍らには向井秀徳がいた)2007年5月3日、作家・古川日出男はライブハウスに異物感をもたらす美しきアウトサイダーだった。
だが、この夜の古川日出男はO-NESTに君臨するキングだった。
完璧なる制圧。

終演近く、フルカワヒデオプラスアルファの一員として咆哮する古川日出男がその手に構えた大著『聖家族』は、太古より「語り部」と呼ばれる種族が受け継いできた未知なる楽器のようだった。

2009/10/23

『ライブテープ』@東京国際映画祭

シネマート六本木で『ライブテープ』。

劇場で観るのはシネマ・ロサでの完成披露試写に続いて2回目。今回は東京国際映画祭ということで英語字幕付き。おまけになぜか一番前の席でかぶりつきで観ることができた。
まるで初めて観る映画みたいにドキドキした。

でも、まだ気づくことがいっぱいあったなあやっぱり。
通行人の方たちの動きや表情はホントおもしろい。あれはもう観るたびに発見がありそうだ。
松江監督が前野くんに「もっといけるはず」とハッパをかけるやりとりがあって、「いけます」と答えた前野健太が歌うのが「生きている私」というのもよかった。

私は私のこと/分かっているつもり
私は私のこと/ホントはよく知らない




梅田優子つながりでいくと、「このからだ」を歌っているシーンも素敵だった。シャンとひきしまった感じがスクリーンに漲っていて。

佐々木敦さんと磯部涼くんと『ライブテープ』のプレス用鼎談をさせてもらったのだけど(そのうち公式サイトにもアップされると思います)、そのプリントアウトを電車のなかで読んでいたら、『ライブテープ』ってシンガー=ソングライターみたいなもんで、あいだに「=」を入れてみるのもありだなと思った。
ライブ=テープ(有限で物質的なるもの)。

さあ、次はいつ劇場で観られるだろう。
楽しみでしょうがない。

2009/10/22

ドイツにて

◆昨日ドイツより無事帰国。

◆出張目的はフランクフルトにあったのですが、急遽ベルリンに一泊してHAUで開催されていた「TOKIO-SHIBUYA: THE NEW GENERATION」を覗くことになり、国内便で移動。
ベルリン到着まではスムーズだったけど、空港そばのホテルから劇場までの道程がかな~り!ドタバタで一時は「もうだめだ」とあきらめたほどでした。
なんとかベルリンっ子のやさしさに助けられチェルフィッチュの途中で劇場に到着。この時点でペニノの公演を見逃す。

チェルフィッチュ新作「ホットペッパー、クーラー、そして、お別れの挨拶」とてもよかった。
自分で勝手に遅れておいてなんだけど、途中からでもすっと入っていけたのがすごい(すでに吾妻橋で第一幕「ホットペッパー」のさわりを観ていたこともあるだろうが)。むかし「保坂和志の小説はどこからでも読めるのがすごい」と友人と話したことがあったが、それをちょっと思いだした。もしくはワイズマンの映画。あの感触。

快快の「MY NAME IS I LOVE YOU」がまた信じられないぐらいによかった。あいかわらず弱々しい虚構で。
こないだのりんどう湖公演では風に流されてしまったほどに儚いイリュージョン。それらがふっと消えたところで、俳優がオーディエンスを指さしていく。
「man, woman, woman, man」

快快ってどちらかというとその悪童ぶりがフィーチャーされがちだけど、むしろあの「弱さ」「儚さ」こそが決定的に重要なんだと思う。

Sannin◆フランクフルトでもシャウシュピール・フランクフルトでチェーホフの「三人姉妹」を観ることができた。
ドイツ語はぜんぜんわからないながらも、勝手知ったるストーリーかつオーソドックスな演出だったので十分に楽しめた。
なにしろフランクフルトまできて、あの「生きていかなきゃね」を聞くとは思わなかったよ。

マーシャ まあ、あの楽隊のおと! あのひとたちは発っていく。ひとりはもうすっかり、永遠に逝ってしまったし、わたしたちだけここに残って、またわたしたちの生活をはじめるのだわ。生きていかなければ。……生きていかなければねえ。……

イリーナ (あたまを、オーリガの胸にもたせて)やがて時がくれば、どうしてこんなことがあるのか、なんのためにこんな苦しみがあるのか、みんなわかるのよ。わからないことは、なにひとつなくなるのよ。でもまだ当分は、こうして生きていかなければ。……働かなくちゃ、ただもう働かなくてはねえ! あした、あたしはひとりで立つわ。学校で子どもたちを教えて、自分の一生を、もしかしてあたしでも、役に立てるかもしれない人たちのために、ささげるわ。今は秋ね。もうじき冬が来て、雪がつもるだろうけど、あたし働くわ、働くわ。……

オーリガ (ふたりの妹を抱きしめる)楽隊は、あんなに楽しそうに、力づよく鳴っている。あれを聴いていると、生きてゆきたいと思うわ! まあ、どうだろう! やがて時がたつと、わたしたちも永久にこの世にわかれて、忘れられてしまう。わたしたちの顔も、声も、何人姉妹だったかということも、みんな忘れられてしまう。でも、わたしたちの苦しみは、あとに生きる人たちのよろこびに変わって、幸福と平和が、この地上におとずれるだろう。そして、現在こうして生きている人たちを、なつかしく思い出して、祝福してくれることだろう。あぁ、かわいい妹たち、わたしたちの生活は、まだおしまいじゃないわ。生きてゆきましょうよ! 楽隊は、あんなに楽しそうに、あんなにうれしそうに鳴っている。あれを聴いていると、もう少ししたら、なんのためにわたしたちが生きているのか、なんのために苦しんでいるのか、わかるような気がするわ。……それがわかったら、それがわかったらね!

2009/10/13

生きていかなきゃね・9月後半&10月前半

◆あと2時間ほどで海外出張に出なくてはならないので、いっきに書きつけます(こんなんばっかだ)。

◆で、いきなり告知で申し訳ないのですが、ぼくもスタッフで参加させてもらっている松江哲明監督の最新映画『ライブテープ』(2009年12月公開予定)の公式サイトが立ち上がりました。
YouTubeに予告編も上がっています!



なんと東京国際映画祭の「日本映画・ある視点」部門にも正式出品されるとのことで、今月の19日と22日にワールドプレミア上映&舞台挨拶があります。詳しくはこちらで。

ちなみに『ライブテープ』撮影当日はこんな感じでした。

いろいろイベントなども仕込んでいるので、詳細が決まり次第、ここでもまた告知させていただくと思います。

◆日記というか備忘録をば。

◆9月19日、東京の演奏5@四谷市民センター10F音楽室。こっちゃんの日記がよいです(えらそうでごめん、時間がないのです)。
アナホールクラブバンド、伴瀬さん渋かった。土っぽくてすきだ。オリンポシとユーキラテス、夜景をバックに美しかった。そして山中夏樹押田千紗代、オルタナ野郎。なつかしくもいつも鳴ってる音。

終演後、荒木町の飲み屋・番狂せの1周年記念パーティへ。コスプレパーティだからってむりやり学ラン着させられる。中高男子校の矜恃を見せつける(うざい)。

◆9月21日、UFOクラブでチッツ/シャムキャッツ/神聖かまってちゃん/水中、それは苦しい/オシリペンペンズ(出演順)が出るライブイベント。どのバンドもすばらしかった。初めて見たチッツ、いきなりもってかれた。そしてやはり初めて見た話題のバンド・神聖かまってちゃん――


<以下、すべてツイッターより抜粋(ちょこっと編集あり)>

◆→かまってちゃんやりやァがった。頭から大出血で、それ見たオイラのすぐ前の女子が失神! しかもそれがまさに歌のテーマを射ぬいてるというすばらしさ。今日ばかりはトリのペンペンズも喰われたなー。いやはやとてもよいライブイベントでした。

◆9月23日
→サンロードのチェーン喫茶で海外著作権の勉強。ベルヌ条約とかフェアユース・ドクトリンとか。まるで受験生の歌
→参考書がものすごい悪文のため読み進めるのが苦痛だ…。合間合間に白洲正子を読んで癒されている
→2009年現在、「コピーライト(いわゆるマルC)表記」が法的に意味を持つのは対ラオスの場合だけ

◆9月24日
→今日はバタバタしそう。昼までに企画書3本上げて横浜に移動、野毛動物公園で中野茂樹&フランケンズ公演。池袋に飛んでバイバイ再演。目白で軽く打ち合わせして締めは阿佐ヶ谷ロフトで岡宗さん&松江監督誕生会
→野毛山動物園~(正確には急な坂スタジオで出発待ち)。ここまで予定通り
→むかし行った動物園このへんだけどな~あ♪(三輪二郎「野毛の歌」)、というわけで野毛山動物園おもしろかった! というかむかしよく行った日ノ出町図書館だわいまここ
→ハイバイ「て」再演。印象は初演を越えるものではないが、当然のごとく面白かった。おまけに、かつて「日常を淡々と芝居にするような劇作家は敵です」とまで言いきった野田秀樹氏とのトークの異様な緊張感ときたら!

◆9月25日
→朝イチで那須に発たなくてはならないので、このタイミングで仮眠をとるのはとても危険だけど、だけど…

◆9月26日
→携帯の充電切れで更新できなかったけど、スペクタクル・イン・ザ・ファーム、かなり面白かった。キレなかった14才やフジサンロクフェスを通して考えてきたようなことを別アングルから捉え直す機会になったというか
→キッチュな化学反応を起こしたオオルタイチ×康本雅子。温泉の宴会場をデヴィッド・リンチ世界に読み替えたTUTU HELVETICA。プラネタリウムから満天の夜空に駆けつけた七尾旅人。必死に虚構を起ち上げようとしては風に流されていった快快。草原の動物たちと戯れたKATHY&森ガール
→どれもよかった

◆9月29日
→昼『ボーイズ・オン・ザ・ラン』試写、夕方「風呂ロック」打合せ、夜『ライブテープ』座談会。なんだかロック(?)な1日だ
→映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』試写、掛け値なく素晴らしかった。ポツドールmeets銀杏BOYZ。演劇界と音楽界における赤軍の邂逅(連合赤軍)。相性良すぎて心配すらしてたけどまったくの杞憂でした

◆9月30日
→今年の夏は〈サマー〉ちょっとヘンだった。豊田道倫with昆虫キッズの新譜『ABCD』、これ自分のこと歌われてんじゃないかってくらい今の気分にフィットする。いつもそうだったけど、ここまでのは初めて

◆10月2日
→本日、長尾謙一郎さんと渡辺ペコさんのトークイベントの司会やります。阿佐ヶ谷ロフトで19時半からです。あまり告知できてない(自分もだけど)みたいなので、助ける意味でも皆さん遊びにきてください~。かなり面白くなる予定なので!
→トークショー無事終了~。河内遙先生の乱入(ガチ)タイミングが国際はぐれ軍団ばりに見事だった。ラストは長尾、大橋裕之両先生のツインギターに乗せてペコ先生と河内先生によるサントワマミー。楽しかった!

◆10月3日
→ジャンまつり、優勝したど~!

◆10月4日
→ジャングル化の激しい自宅部屋の片付けに着手
→部屋からなぜかルノアールのメニュー表が出てきた
→部屋片しながら石井裕也監督『剥き出しにっぽん』。結局見入ってしまった。この映画好きだなー

◆10月6日
→新宿駅ホーム、リスみたいなかわいい女の子が声かけてきた。「落としましたよ」。昨夜ライブでもらった缶バッヂ。「僕はアゲチン 加地等」の文字
→英会話の先生(アメリカン)が、仕事とはいえ加地等に食いついて面白かった。こんなに加地等の音楽について英語で語り合ったのは、我々が世界初だと思う

◆10月8日
→トクマルシューゴ@風呂ロック、いい湯加減~
→改装した弁天湯、ステージの高さがちょい気になってたけど、実際にお客さんが入った状態でライブを観ると、なるほど考えられた高さだわこれは

◆10月9日
→下北で毛皮族(実は初見)観て阿佐ヶ谷に移動。muffinのレコ発でネクストサンデーへ
→扉を開けるなり昨日飲んだばかりの木下いて「九龍さん来るとは思わなかった。今日の面子どこが引っ掛かったんですか」。いやいや俺だってジュディ・シルとか好きだもん!
→関係ないけどmeso mesoのレコ発@池袋・鈴小屋、対バンがLau Nauだって(フライヤー情報)。ちゃんとフロム・フィンランドって書いてある。ひっそり来日しすぎだよ。みんな知ってるのかな

◆10月10日
→今夜はUFOクラブで前野健太/赤い疑惑/DODDODO/埋火。マエケンと疑惑、初対バン。大橋裕之先生の紙芝居もあります~
→ライブぜんぶ素晴らしかった! しかし全然関係ない理由で、久しぶりに便座の蓋の上に座ってた頃のヤバい記憶がよみがえったわ。なんだろうあの感じ
→なんかどんよりしたので払拭するかと飲む方向で予定を変更したらば、さらによくわからない展開に
→でも最終的にはDODDODOやいわずみくんとかとバカ話しているうちに楽しくてどうでもよくなっちゃった

◆10月11日
→本日はレッドクロスにて漫画家バンド大戦。シークレットであの大物漫画家も参戦との噂です
→漫画家バンド大戦、遅れていったらもうエンディング間際。トリはなぜか元気いいぞう先生! となりにTASUKEもいてここは鶯谷WHAT`S UPかと

◆10月12日
→ままごと(劇団名)を見に三鷹へ向かう途中。そのあと恵比寿リキッドのローズレコードフェスで豊田さん&昆虫キッズ。余裕あらばさらに三鷹に舞い戻りおんがくのじかんのオープニングパーティに駆けつけたいです

<ツイッターここまで>

◆……手抜きですみません。こないだ知人に、ブログでツイッターを引用するのはとてもかんじわるいと言われたばかりだというのに!

◆ではでは行ってまいります!!

2009/10/01

すべりこみ告知

9月後半からの出来事を一気に更新しようしようと思っているうちにせまってきてしまったので、あわてて告知させてください。
どちらもかなりオモシロなイベントになる予定ですので、ぜひとも遊びにきていただけたらうれしいです!
長尾謙一郎と渡辺ペコのマンガの描き方

【出演】
長尾謙一郎(漫画家)
渡辺ペコ(漫画家)
【司会】
九龍ジョー(ライター)

【日時】2009年10月2日(金)
18:30開場/19:30開演
【会場】阿佐ケ谷ロフトA
【料金】前売¥2,000/当日¥2,300(飲食代別)
店頭販売、ウェブ予約受付中!
PC用ウェブ予約
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=213

なにはともあれ長尾謙一郎先生のブログと渡辺ペコ先生のブログをごらんください。
このなにかが起きそうな予兆ときたら!

そして翌日、土曜日は――
ジャンまつり ~すみません、命が惜しくなってきました~

本日もキャッチコピーが冴える哲学芸人ジャン相見、40歳。
2009年秋季の単独ライブは、業界の異端児たちによるジャン相見プロデュース合戦。
ジャン相見本人も渾身の新作一人芝居をこしらえており、もっとも高い評価の下されたネタはあらびき団に提出!!

【日時】2009年10月3日(土)
18:30開場/19:30開演
【会場】nakano f(JR中野駅北口より徒歩5分)
【料金】前売当日共に1500円(+ドリンク)

【主役】
ジャン相見
【作家陣】
サノカエ(ライター/編集者) ~業界恐怖のワン切り女~
九龍ジョー(ライター/編集者) ~業界最後の赤線男~
左近洋一郎(ルノアール兄弟) ~漫画界のパリーグ~
小松周(元大学生) ~バクチ狂のガチマッチョ~

お問い合わせ、ご予約は090-6531-1379もしくはd251imj@yahoo.co.jp(小松)まで
そのまま会場で打ち上げも行う予定です。
ご来場の皆様へのプレゼントもございます。
お待ちしております!!

こちらも4月にやった聖誕祭豊田道倫さんや猫ひろしさんに絶賛されるなどここんとこミラクル続きでして、今回も目が離せません……と自分でゆってみる。
個人的には業界イチの「ジャン使い」といわれるサノカエ姐さん(伝説のマンガ雑誌『コミック・ワイドショー』元編集長)のネタが非常に気になるところ。

なお、自分のネタがすべったときはぜんぶジャンさんのせいにするつもりなのでよろしくです。