2009/01/14

さみしいだけ

成人の日だった月曜日、ハヤシライス佐藤くん企画のライブイベント、「都会の迷子さんvol.10~キミは僕のうた~」@代々木Zher the ZOOへ。出演順に、いなかやろう、マーガレットズロース、おとぎ話、あだち麗三郎、前野健太とDAVID BOWIEたち。

昨年末のいわきに続いて観たマーガレットズロース。油断していたら、急に迫ってくるものがあった。なんだろう。6年前の寿町フリーコンサートを思い出したり。あのとき渋さとソウルフラワーに挟まれ、矢倉の上で猛り狂ったマーガレットズロースには失うもののない者だけが持つ殺気と妖気があった。いまは失われて久しい。代わりに手にしたのは根気と陽気。ロックよりもロールが大事。正直そこが物足りないと思ったときもあったけど、続けざまにライブに触れたからかなあ、残りの人生であと何回ライブで「斜陽」を聴けるのだろうか、そんなことを考えてしまった。久々に「紅茶の歌」もライブで聴きたい。マーガレットズロース、いつまでもライブし続けてほしい。

ソロになってから初めて観た、あだち麗三郎がまたよかった。アシッドフォーク、もしくはフリーフォークに接近した繊細な空気づくり。目の前の客に聴かせるだけでなく、ライブハウスの外にまで広がるようなスケールを感じさせる歌だった。

そして前野健太とDAVID BOWIEたち。年末のコクテイルを飛ばしたので、久しぶりに観るホームでのライブ。言葉にするとあたり前だけど、リラックスした貫禄のステージ。完全アウェイだった先日の健まつりでのソロがあまりにも素晴らしかったのでそれと比べてしまうとスリリングさに欠けるきらいはあったけど、これはこれでいいのだと思う。ムラッ気もヤマッ気もぜんぶ引きずって走るしかないのだから。

Samishiidakeそんなわけで、今月23日、いよいよ前野健太のセカンドアルバム『さみしいだけ』が発売される。こんなふうに誰かのアルバムの発売日を指折り待つなんていつ以来だろう。一足先に聴かせてもらったのだけど、文句なしの名盤です。

相対性理論もいいと思います。でもマエケンのこのアルバムは「なにかの始まり」に位置するアルバムだと思うのです。それがなんなのかはまだわからないけど、バリバリと予兆のする、そのバリバリに触れるだけでも一聴の価値があると思います。

前野健太「鴨川」from 2nd album 『さみしいだけ』

2009/01/11

ただそこに在る、歌

Fumoken_2 Maeken_2 Haseken_2

8日木曜日、map小田さん渾身の企画、「ただそこに在る、歌」vol.1、通称「健祭り」@渋谷O-nestへ。

イス席100。文字どおり、ただそこにある歌を聴くための最高のお膳立が心地よかった。
麓健一、前野健太、長谷川健一。
3人の男たちによる歌は、そんな心地よさをうがつように鋭かった。

なかでも、何度でも何度でも、マエケンの歌はスリリングだった。
ハセケンも前回、秋葉原で観たときより迫るものが。

大橋裕之先生による、健祭り3兄弟をテーマにした紙芝居もすばらしかった。あの場にいた人しか見られないというのが、なんとももったいなし。

Kamiken

2009/01/08

『デメキング』特報

映画『デメキング』の特報映像がYouTubeにあがっております!!

『デメキング』特報


先日も書いたけど、原作のファンも絶対に観たほうがいいですよ。
「漫画『デメキング』の映画化」ではなく、ちゃんと「デメキングをめぐる映画」になってたから。
もちろん原作を知らない人も必見です!

参考までに、以前、原作の復刊の際にミニコミ『spotted701』に書かせていただいた原稿を載せておきます。
それにしても、これ07年の4月ぐらいに書いた原稿なんだけど、「静岡の自動車工場で働いて」いた「Kという男」ってなあ……。
『デメキング』復刊に寄せて
文・九龍ジョー

畏友・杉田俊介が立ちあげた『フリーターズ・フリー』っていう雑誌の創刊イベントだとか、仕事でたまさか関わった雨宮処凛著『生きさせろ!』絡みのシンポジウムなんかでやたら出くわす、Kという男がいる。
聞けば、半年前まで静岡の自動車工場で働いてたのだが、2ちゃんねるで「政治意識」に目覚めたとかで、
いまは新宿のネットカフェに寝泊まりしながら、それっぽいイベントに顔を出しまくってるという。

このK、二言目には「金持ちをブッ殺したい」「大企業を潰したい」と口にすることからも分かるとおり、とくに高尚な思想なり思惑なりを持ちあわせているような男ではない。
ただ、その吃音の端々から滲みでる<なんかすごいことをやりたい>という宿意に触れるたび、オレはまるで『デメキング』の蜂屋みたいじゃないかと思ってしまうのだ。

それにしても、かつてなくデメキングの影を身近に感じる時代である。
いましろはやはりド天才なのだろう。今回、復刊にあたり描き足した2ページも、ブレなく時代を撃っている。
オレなりに解釈させてもらえば、こんな感じか――
デメキングはいる。そう、アンタのすぐ隣りに。

冒頭で触れてる杉田俊介さんによるデメキング評も。
いきすべき批評・第2回「ちびしすぎる、なにも…かも!!――いましろたかし『デメキング』」

2009/01/07

運命のひとひねり

昨夜は新宿ロフトプラスワンにて吉田豪さんの格闘2人祭!!へ。
ゲストに菊池孝御大とマッスル坂井。
オフレコ前提のイベントなのであまり書けることがないのだけど、いい話満載でした。
ターザンと坂井さんの絡みが新鮮だった。
それにしても一番驚いたのが、「およよん」@日テレでの小橋建太選手と豪さんの競演だよ。いろんな意味ですごい映像。
これぞ運命のひとひねり。



2009/01/05

プロレスの試合写真

昨日は、新年の恒例となってきた、五反田団の工場見学会とマッスルハウスのハシゴ。

工場見学会は、入場料500円で底冷えするなかブルブル震えながら観てたような頃からすると隔世の感があるというか。でも、内容はあいかわらずのゆる~い大人の学園祭っぷり。今年もたいへん堪能させていただきました。前田さんの『むらさき☆こんぷれっくす』(少女漫画のニセモノ)、ハイバイ岩井さんによる「チャゲ&飛鳥のニセモノ」、どちらも、らしさ全開でよかった。

そして、マッスルハウス7@後楽園ホール。

高木三四郎の自伝を読んだ人ならわかってくれると思うけど、大仁田登場にはじつに感慨深いものがあった。マッスルにはすでに蝶野やミスター高橋まで上がってしまっているので、いまさら大仁田厚が出てもあまりサプライズにならない、みたいなことを書いてるブログがあったけど、俺は逆に、どんな大物がマッスルのリングに上がろうとも絶対に大仁田だけは未来永劫に絡むことはないと思ってたから、会場に「ワイルド・シング」が流れてきても俄には信じがたかったもんな。

こっそりちりばめられたショーケンネタとか、「箱庭療法」「タッグマッチっていったい何なんだ」みたいなキレるフレーズ、あと大家健の本気などを楽しむ。
その上で、年末に書いた五反田団じゃないが、坂井さんも岐路なんだろうなーということも強く感じた。
興行中に「台本を細かく書けば書くほど、やりたいのはこんなことじゃないと思ってしまう」みたいな坂井さんのセリフがあったが、たしかに作家性の強いクリエイターなら誰しもぶつかる壁なのだろう。ことプロレスというのは四角いリングに囲まれた表現であったりするので、<私>の拡張として世界が完結してしまいやすそうではある。

生で観戦できなかったのであまり強く主張できないのだけど、じつは今後のマッスルを考える上で一番重要な試合は、昨年10月のDDT Special~6大ブランド大集結~@後楽園ホールに提供した、「キング・オブ・フォトルール」だったのではないか。そんなことをずっと考えていた。
機材トラブルによる進行の悪さから、会場では試合後、微妙な空気が流れたとのことだが、マッスル坂井がこの試合で目指したであろうことのポテンシャルを思えば、たとえ進行がスムーズにいってたとしても、会場はやはり微妙な空気になったんじゃないだろうか。

なんせ梅川良満である。並のカメラマンじゃない。本当によい写真を撮ってしまうに違いない。もう少しわかりやすい言葉で言うと「芸術的にすばらしい写真」を。
会場を盛り上げるのであればカメラマンは梅川である必要はないのだ。構図のきれいな「教科書的な写真」を撮れるカメラマンでよい。プロレス雑誌のレポート写真のような写真。むしろそのほうが安全だし、確実である。
にも関わらず、リスクを冒してでも梅川を配したところに、マッスル坂井の、私的宇宙を内破しようとする意志を強く感じてしまうのである。

おそらく梅川良満であれば誰も見たことのないようなプロレス写真を撮ってしまうだろう。
そしてその写真は、プロレスの歴史の一部が、プロレス雑誌(もしくは新聞)の写真によってもまた作られたきたことを明らかにしてしまうにちがいない。
たとえば原悦生の写真はアントニオ猪木のケレンを最大限に引き出し、「プロレスが格闘芸術であること」(それは大半のプロレスファンが意識的であれ無意識的であれ望んでいることだ)をきっちり補完してみせる。しかし、梅川のカメラアイはもっと即物的。言ってしまえば、プロレスなんて半裸の男や女たちが四角いリングのなかでドタバタやっているにすぎないことを暴露してしまう可能性すらある。
ただ勘違いしてほしくないのは、そのことは絶対にプロレスの価値をおとしめることにはならないということだ。むしろ、そのことはプロレスの奥深い魅力を再発見する契機となるポテンシャルを秘めている。
曰く、「タッグマッチっていったい何なんだ」
「プロレスっていったい何なんだ」

試合を観戦できなかった(ちょうど日本にいなかった)のが本当に残念でならない。
だが、この試合で撮られた梅川良満の写真の一部は、『マッスル牧場CLASSIC』DVD発売記念特設サイト(左上の矢印ボタンで写真を入れ替えられる)で見ることができる。本当に、驚くほどに素晴らしい写真ばかりである。
ちなみにDVD各巻のジャケットも梅川の手によるもの。3巻の男色ディーノの下半身トリミングなんて、いかにも梅川らしいデザインじゃないか。

ちなみに、このマッスル提供試合「キング・オブ・フォトルール」の意義について触れたテキストがないかと探してみたら、意外にも『週刊プロレス』が1ページも記事を割いていた。鈴木彩乃記者による原稿(「意外」というのは失礼かもしれない。彩乃記者の原稿はプロレスのインサイダーでありながら、いつもどこか醒めた視点が面白い。そのへんプヲタの人たちがどう思っているのかはわからないけど)。
一部を引用しておきます。
 プロレスの試合写真といえばロープの外、リングサイドからの撮影が通常。いや、通常というより当然というのが正しいだろう。なぜならそこに疑問を抱く必要がないからだ。
 だが、殊「マッスル」に関してはその必要があった。語弊があるかもしれないが、坂井は以前から自分たちがおこなっていることはライブ、もしくは映像でないと実際に何が起きたのか、伝わらないと思っている。その点は雑誌編集者、記者として否定はしない。
 そこで坂井は考えた。一般的なプロレスの試合を見る目線ではなく、自分たちと同じ目線(つまりはリング上)で観客たちの表情も感じつつ、報道とは異なる表現方法で空気を静止画に切り取ってみてはどうだろう?と。そんな疑問、アイディアから発生して、おこなわれた“実験”が今回の提供時間となったのだ。
 写真家としてだけでなくアートディレクターとしても第一線で活躍する梅川良満氏を迎え入れ、クリエイティブ能力に自信を持つ坂井が簡易デジカメを片手に立ちはだかる。そのまま試合を撮影し、勝敗が決したあと撮影した写真から5枚をピックアップ。その場で場内スクリーンに投影し。写真の善し悪しで本当の勝敗が決まるという展開なのだが、やや胡散臭い言い方だけれども、この光景が実に芸術的だった。
 特に試合途中でスローモーションが入り、白ブリーフ姿の“汁レスラー”たちが大挙してリングになだれ込んだ瞬間はある意味で圧巻。「肉体表現」とも言われるプロレスが、マッスルバージョンに見事に変換されたシーンだった。
 坂井がリングを去る直前に呟いた一言を聞き取れた人はどれだけいるかわからないが、彼は「インスタレーション的なことをやろうと思いまして」と言っていた。
 インスタレーションとは、プロレスを同じく多様化した現代美術から生まれた手法であり、場所や空間全体を作品として体感させることをいう。今回に置き換えると、試合の勝敗や写真の善し悪しに坂井の考えがあったのわけではなく、カオスに満ちたリング上と、それを取り囲む観客と報道陣たちが醸し出すリアル。その2つのギャップが生み出す面白さがポイントだったのではないだろうか。
(『週刊プロレス』No.1444 「編集部発25時」より)
こんな原稿がたとえば『kamipro』みたいな尖った専門誌ではなく、『週刊プロレス』に載っているというところに、プロレスの奥ゆかしさを感じてしまうのである。

2009/01/03

ライブテープ

謹賀新年。
元日からすばらしくとんでもない映画の撮影に参加させていただきました。

「ライブテープ」

ミュージシャン・前野健太が吉祥寺八幡からバウスシアター、サンロード、ハモニカ横丁、吉祥寺ロンロン、丸井前を抜け、井の頭公園まで歌いながら練り歩き、最後に公園のステージでバンドと合流、演奏を決めるというワンカット80分のドキュメンタリー。
監督・松江哲明

ワンカット80分ですよ。
つまり一回録画ボタンを押したら、一度も撮影を中断することなく回しっぱなし。その限界値がminiDVテープの上限ギリギリである80分。
おまけに、最初に松江監督から聞いた段階では、当日、本番を3回ぐらい撮影すると言っていた(おそらく2回目が一番いいテンションになると思う、なんてこともゆってた)のに、昨年末のリハーサルのときに「当日は15時から本番一回しかやらないつもりだから」だって。
カメラマンを務める近藤龍人さんからの提案だという。
曰く、「60分を越えてから出るNGは、それはNGにならないから」と。

思えば、この判断がすべてだったと思う。
「ライブテープ」とはよく名づけたもの。
2009年の1月1日、一度しかない80分を、関わった各々がどう生きるのか。「生き方」が問われていた。

僕はというと撮影全体の動きを見ながらの連絡役をやっていたのだけど、撮影直前に入った松江監督からの電話が、「やばいです。警官きてます。バラすかも」だもん。
回し始めてからも、後半に丸井前でサックスを吹きながら合流する予定のあだち麗三郎くんから、「武蔵野公会堂前(おもいっきり撮影ルート)でデモがあるみたいで、人が集まってきています」とか、井の頭公園で待機しているcobi.から「警備員が集まってきちゃっててステージを使うの無理。第二候補(公園内の空きスペース)もたぶん無理」なんて連絡が入るし。

各々が精一杯、生きた結果。それは映画「ライブテープ」が完成したあかつきに(松江監督、期待してますよ!)、ぜひ多くの人に見ていただきたいのですが、ともかく僕は、現場で聞いた前野健太の「生きてゆかなきゃね――!!」(「天気予報」)という絶叫におもわずウルッときてしまったのでした。

松江監督の日記も。
おそらく松江哲明のフィルモグラフィのなかでもとても重要な作品になるにちがいない。
早く完成するといいな(もちろん音編集は丁寧にやってほしいけど……なんせ録音の山本タカアキさん、6本もマイク立ててたから)。

そしてそして前野健太はというと、新年早々から重要なライブが目白押しなのです。

まずは1月8日に、なんと、ついにというか、map企画に出演!
それも、長谷川健一、麓健一と3マン!!(いや、大橋裕之先生の紙芝居もあるのだ!)

小田さんの煽り文(下にも引用)にも、いつになくグッときてしまった。
ウィル・オールダムやダニエル・ジョンストンやスモッグやハウ・ゲルブやM・ウォードなんかを一緒に観にいったあなたや、偶然、同じ会場にいたかもしれないあなた。
いまはマエケンとも、ハセケンとも、麓さんとも言わない。
ただそこに在る、歌を聴きにいきましょう。
map presents
「ただそこに在る、歌」vol.1

1月8日(木)渋谷オ・ネスト
open : 18:30/start 19:00
charge:1,800円(前売)/2,000円(当日)【ドリンク別】
【前売り予約は、ticket(at)mapup.netまで!】

●出演
長谷川健一(from 京都)
麓健一
前野健太
紙芝居:大橋裕之

【この日は、すべてギター1本/歌1つだけで演奏を行ないますので、ゆっくりご覧いただくために、100席ほど椅子席をご用意させていただきます】

新世代、なんてぇ触れ込みで現れたものに新しかったためしはない。スタンダード、なんてぇことを我で抜かす輩に、心を鷲づかみされたことがない。異端、なんてぇもんは九分九厘まやかしだ。そんなもったいぶった前口上よりも、ただただ当たり前の音楽、そして歌が聴きたい。長谷川健一、麓健一、前野健太……偶然にも「健」の名を冠した男が三人。当たり前の装いを纏ったこれらの歌たちは、時に「なんだかパッとしないなぁ」と思われるだろうし、何十年というシンガー・ソングライター文脈のひとつにしか見えないかもしれない。また、彼らはまだ若く(とはいえ、結構な歳だ!)、その未熟さを鼻で笑う者もいるかもしれぬ。しかし、耳をそばだて、彼らが言祝ぐ言葉と旋律のひとつひとつを心で反芻してみれば、それがあなたにとって一生関わるかもしれぬ特別なモノへとうつろう可能性を秘めている。だからこそ今日は、いつものように優れたバンドや歪んだバック・トラックを帯同することなしに、ギターと歌という「素」の表情で歌ってもらうこととなった。ただただ、ここに当たり前の歌が屹立している。で、訊く。それ以上、何が必要なの、と。

そして、1月12日には、「ライブテープ」では見事に酔っぱらいのおじさんを捌いてみせたハヤシライスレコード・佐藤正訓くんによる素敵企画、「都会の迷子さん」の新春スペシャル「キミは僕のうた」(佐藤くん、ホント銀杏好きだよなー。俺もだけど)があります。

「ライブテープ」でも活躍したDAVID BOWIEたち(吉田悠樹+大久保日向+pop鈴木)に、あだち麗三郎。それからセカンドアルバムもゴキゲンだった、おとぎ話。先日のいわきでのライブも最高だったマーガレットズロース。そして来年、ついにセカンドミニアルバム完成かもという、いなかやろう(USインディ好きにはぜひ聴いてほしい!)。
かなりの素敵メンツですので、ぜひとも足を運びたいところです。
【都会の迷子さんvol.10~新春SP キミは僕のうた~】

2009年1月12日(成人の日)
代々木Zher the ZOO
開場18:00 開演18:30
前売\2300 当日\2500(共に1ドリンク代別)

【出演】
前野健太とDAVID BOWIEたち
おとぎ話
マーガレットズロース
オープニングアクト:いなかやろう
サブステージ:あだち麗三郎
DJ:なんのこっちゃい西山。

【チケット入手先】
Pコード:310-059 Lコード:74117 ライブハウス店頭

【お問い合わせ先】
代々木Zher the ZOO TEL:03-5358-4491 FAX:03-5358-4492
http://www.ukproject.com/zherthezoo/