2009/11/30

死んだ猫を投げてはいけない

◆先週の水曜日、にしすがも創造舎でクリス・コンデック演出「デッド・キャット・バウンス」。

こんな芝居です。



観客が支払ったチケット代をその場でリアルタイムにロンドン市場に投資し、その場で1パーセントの儲けを目指す。
デイトレーダーの熾烈なサバイバルからすればずいぶん牧歌的な投資ショウはあるけど、それでも身に染みるエンタテインメントとしてとてもよくできていた。なにより、市場という神の宣託のもとで運命を切り拓こうとあがく人間たち、という構図がギリシア悲劇のようですらあり。

ちなみにデッド・キャット・バウンスとはこういうことらしい。
そう、まさに約束された運命。

デイトレードや資本主義や貨幣については、以前になぜか仮面ライダー響鬼の路線変更にかこつけてこんなことを書いた→

◆木曜日、裏でやっていた坂口恭平×石川直樹トークがとても気になりつつ、急遽壇上でトークすることになり、阿佐ヶ谷ロフトAの『ライブテープ』&SPOTTEDイベントへ。

当日の模様はこちらで。『ライブテープ』のメイキングということでついつい口がすべってしまったけど、来てくださった方々へのサービスということでご愛嬌。長澤つぐみ嬢のニセ前野健太ショウが、コントとしてパーフェクト。さすがマッコイ斉藤さんの現場で鍛えられただけある。

Spo12_2この日、発売になった『SPOTTED701』最新号も、もちろん『ライブテープ』特集。
といってもぼくは、昆虫キッズとつくった新譜『ABCD』が傑作出来だった(しかも売れているそうです)豊田道倫さんへのロングインタビューをやらせてもらっています。豊田道倫 with 昆虫キッズを撮った梅佳代さんの写真も最高。巻末の大橋裕之先生の『ライブテープ2』なる漫画もありえないおもしろさなので、ぜひともお手にとってみてください。

◆金曜日、「フェスティバル/トーキョー」のお隣りで「アジア舞台芸術祭」が開催されており、すべて入場無料だというので、よくわからないままアジアンキッチンのデリー編(作:岩井秀人、演出:神里雄大)を覗く。

インド料理屋の主人と女性司会者との会話で見せる寸劇。と思いきや、主人はインド人ではなくてネパール人で……という感じでやはり寸劇。ゆるいなかにも、要所要所ぴりっとした笑いをとっていく。
インド独立に至る流れを「なんだかんだありまして」とざっくりまとめるあたりに、ただのだらしなさではなく、<歴史>への選び取られたある距離感が感じられたのがよかった。

でもって直後に、同じ東京芸術劇場のすぐ隣のホールでこれ(↓)を観たものだから、(どちらがよくてどちらが悪いということでなしに)その<歴史>を扱う手つきの落差にクラクラしてしまったよ。

ラビア・ムルエ、リナ・サーネー演出「フォト・ロマンス


◆土曜日もずっと池袋にいてアジア舞台芸術祭。

アジアンキッチンの台北編(作・演出:戌井昭人)、「東京舞台」LIVE版(なんだこの言葉!)のBプログラム(中野成樹+フランケンズ/冨士山アネット)、Cプログラム(第七劇場/チェルフィッチュ)、Dプログラム(ひょっとこ乱舞/shelf)を観る。あ、あと時間つぶしにおやじカフェに2回も入ってしまった……。

台北編、俳優がまさかの宇野祥平。前田弘二映画でおなじみの宇野くんだった。笑ったなあ。台湾料理屋の女主人に、「台湾って暴動ありましたよね。ぼく西成出身なんすけど、機動隊に石とか投げたんですけど、やっぱりそういう感じですか」だって。
なるほど、「アジアンキッチン」おもしろい。ぜんぶ観ればよかったな。

「東京舞台」は中野成樹+フランケンズのモリエール・ダイジェストがひたすらかっこよかったのと、チェルフィッチュの新作(「わたしたちは無傷な別人である」)プレビューのはりつめた緊張感と期待感でおなかいっぱいに。

◆みんなゆってるんだろうけど、THE XXのアルバムを聴いてるとYoung Marble Giantsを思い出すね。胸を衝かれるとはまさにこのこと。