2009/05/02

「思い出す」を思い知る

風邪がなかなか抜けなくて(豚インフルエンザぢゃないよ)夜うーうーうなったりしながら、ドラクエ5をようやくクリア。解放治療の夜。こりゃ9が待ち遠しいやら、気が重いやら複雑だわ。

◆火曜日、「すご、くない。」(振付・構成・演出:白神ももこ、「キレなかった14才りたーんず」参加作品)@こまばアゴラ劇場。
ダンサーたちの踊れなさかげんや、それぞれの身体のちょっとおかしな部分や過剰な部分を、とってもファニーに変換して見せるマジカルなステージ。すばらしかった。
その手つきや「あったかい」感じは、意外にも先日のジャンさんイベントに通じるものがあった。というか、ジャンさんの面白さは「すご、くない」なんだよ。だから、「すご、くない」を面白いと思うひとはジャン相見という芸人の旨みをすぐ味わえるだろうし(なかなか難しいことですよそれは)、その逆もしかり。

これで「キレなかった14才りたーんず」ついに6作品ぜんぶを観たことに。興行としてもちょうど中日にあたるらしく、ポストパフォーマンストークは演出家6人そろっての中間総括モード。
「14才の国」ではついに拍手が起きなかった回があったらしい。いい話だ。神聖喜劇。だんだん山崎皓司が東堂太郎に見えてきたよ――この戦争は負ける。そして一兵士として、「私は、この戦争に死すべきである」。
ずっとなにかに似ていると思ったら、プロレスの試合中に写真をとっているあれ(左上の矢印でいろいろ入れ替えられる)だった。あれも、観客の反応はかなり薄かったという。
杉原版「14才の国」や、マッスルのもたらすある種の「しらじらしさ」は、けっしてぼくらに陶酔することを許さない。ひたすら覚醒をうながすのみである。

そういえば「すご、くない」ではゆらゆら帝国が効果的に使われてて、やはり陶酔を許してくれないのだった。覚醒をうながすロックンロール。いや陶酔しながら、同時に覚醒もしているような。能動的に受動的。ソフトに死んでいる、ファニーなゾンビたち。

りたーんずについては、改めて5月5日に「マクアイマッタリロビーキカク」の一環で、岸井大輔さんと神里雄大さんとおしゃべりをする予定です。17時30分頃からの予定です。よかったらのぞいてみてください。

◆水曜日、「風のうたが聴こえるかい? vol.4」@四谷区民センター10F音楽室。
りたーんずの連中ともほぼ同世代であるあだち麗三郎くん(83年生まれ)の企画ライブ。出演は鳩山浩二、真っ黒毛ぼっくす、あだち麗三郎。

とにかく四谷区民センターの音楽室ってのがやばい。まずはRyuちゃんの写真を見たってください。東京の演奏のバックに東京の夜景。なんだこの奇跡的なシチュエーションは。どあたまからワインでしこたま酔ってしまう。

鳩山浩二。前から観たかったいかしたブルースマン。「鳩山ブギ」「鳩山トレイン」って楽しすぎるよ。名前だけは覚えて帰ってね。でも「くらげ」ってバラードなんていつFMラジオから流れてきてもおかしくない名曲。あだちくん(ドラム)やMC.sirafu(ピアニカ)のサポートも心地よし。

真黒毛ぼっくす。大好きな、いわゆる「大気」を感じるバンド。それほど広くない音楽室なもので、バンドの空気のなかに抱かれて震えたなあ。サポートギタリストに三輪二郎。大槻さんの歌う「出不精のバラッド」がパブロック風でかっこよかった。

あだち麗三郎。夜の東京に流れ出ていくうたはとてもたいせつな呪文のようで、あだちくんは魔法使いなんじゃないかと思う、と書いたそばからでもいたって自然だしねえと。不思議なひとだ。素敵な音楽をありがとう。

とてもいい夜だった。前から言われてたんだけど、この日も会うひと、会うひとがMC.sirafuも参加する「片想い」というバンドを観ろと言う。「九龍さんはぜったい好きなはずだから」と。

YouTubeでちょっと見てみる。



たしかにこれはやばい!(ヨ・ラ・テンゴみたいなダンスも!)

◆金曜日、小田島等×タナカカツキ×佐藤直樹トーク「ビバ!1980年代のポップ・イラストレーション!!」@青山ブックセンター本店。
Pop1980小田島等さんと佐藤直樹さんと前田和彦くんの労作『1980年代のポップ・イラストレーション』(これホントすばらしい本!)の刊行記念イベント。
小田島さんやカツキさんが80年代のポップ・イラストからどう影響を受けたかという時代性の話も興味深いんだけど、鈴木英人や空山基みたいな、強烈に時代を感じさせるのに、むしろイキきってるがゆえにいまだ現役感のあるひとたちの話がまた面白い。

で、まったく忘れてたんだけど、昔、ちょっと働いていた編プロの仕事で、月に一度、逗子の鈴木英人さんの仕事場に通っていたことがあったのだった。英人ファンクラブの会員用特典映像の撮影。英人さんが僕のDVカメラの前で自らの半生を語るっていう。
いやー忘れてたわー。思い出したなあ。久々に「思い出す」ってことを思い知ったよ。