2009/04/27

なのにニルヴァーナの登場で

数年ぶりに高熱をともなう風邪、にくわえて布団で安静をいいことにDSでドラクエ5をはじめてしまい万事泥沼化。地獄の黙示録。ノドいてえ。ドラクエすげえ。5とくにすげえ(6と7は未プレイだが)。ようやく魔界への扉が開いたところ。

先週は「キレなかった14才」でこまばアゴラ劇場に通いながらライブや映画など。

Maeno0420◆月曜日、前野健太ソロ「ギターと歌う vol.08」@無力無善寺。
まだ『さみしいだけ』が出る前のこと、やはり無善寺でのソロライブのときにビデオ撮影を頼まれたことがあった。ちょうどそのライブでは『さみしいだけ』に収録される曲の多くが新曲として披露されたのだけど、それがあまりにも名曲揃いだったので、ビデオからこっそり音源だけ吸い出し、マイブートレッグとして愛聴していた。
今回もまた、新曲がすばらしすぎる。ガットギターの優しい音色で生みなおされた曲たちにもうっとり。

狭いフロアに思わぬひとを発見。聞けば、ここ一ヵ月くらい前野健太のおっかけ状態だとか。前野健太ということでなしに、こういうひとは信用できる。大事なのは淫すること。

◆水曜日、「アントン、猫、クリ」(作・演出:篠田千明、「キレなかった14才りたーんず」参加作品)@こまばアゴラ劇場。
俳優の動き、発話、映像、音楽も含めて見事なエディット術。ノンリニアというか、タイムラインをレイヤーとして可視化する感覚はいまっぽいといえばいまっぽいのだけど、それを舞台というライブの場でやろうとするのがすごい。しかも刻み方が短い。

ちょうど月曜のマエケンライブの打ち上げのときに、松江哲明監督が若い子に、むかし僕に「松江さんはテンポが短すぎる」って言われたけど、それからしばらくして僕が「あれは間違ってた。あの短いテンポにはなにかあると思う」ってわざわざ謝ってきたっていう笑い話をしてたんだけど、ちょうどあの松江哲明の刻み方に通じるものを感じた。
この日記でもこんなことを書いている。
なお松江さん本人の編集について、ぼくはインタビューのなかで「セックスのダイジェストに見えてしまう」なんて失礼なことを言ってしまってて、これはホントに浅はかな発言だったと後悔している。「ドキュメンタリーは嘘をつく」で思い知らされたんだけど、松江さんの同ポジを多用した短いテンポのつなぎは、もう独特というか、これについてはもう少しゆっくり考えてみたいんだけど、とにかくかつてのバクシーシ山下の「雑さ」がそうであったように、松江さんのあのテンポもなんらかのぼくたちの潜在的な感性を反映しているように思えてならない。おそらくこちらもそれを説明するための新しい言葉、文体を発明しなければならないような。
もちろんこれらの技術は密接にテーマとも絡み合う。
快快だったら、たとえ同じようなテンポでも、「一瞬だけの輝き」というか、「いましかない」という刹那さ(切なさ)が前面に出てくるところが、篠田ソロだと(もしくは今回のような企画だと)あくまで文体の問題になっているのも面白かった。

◆木曜日、昼に時間がぽこっとできたので、新宿バルト9で映画『ミルク』。



必殺のスローモーションとかきっちりガス・ヴァン・サント映画なんだけど、観おわるともう、ショーン・ペン!のことしか頭にないよ。

駒場に移動し、「学芸会レーベル」(作・演出:中屋敷法仁、「キレなかった14才りたーんず」参加作品)@こまばアゴラ劇場。
まだ3本目なのに思ってしまう。みんな作風がちがいすぎて面白い!

しかしこれはすごかった。幼稚園を舞台にした先生と生徒による学芸会風(あるいはドラゴンボール風)バトル芝居のなかで、先生と生徒が「学芸会」を開催すると(つまりもともと学芸会レベルなのに、さらに劇中劇として「学芸会」を開催すると)、舞台上にカオスがおとずれる――という、文章で書いただけではなにがなんだかよくわからないハイテンション演劇。「ジャンプ」と「にこにこぷん」への憧憬たっぷり。
ペラいはペラいんだけど、野鳩みたいなクールなペラさではなく、熱量ぎっしりなので、紙に熱で燃える燃える。

◆金曜日、「14歳の国」(演出:杉原邦生、「キレなかった14才りたーんず」参加作品)@こまばアゴラ劇場。
やられた! 立川談志師匠いうところの「やりやァがった」出来。自分はやっぱりこういうものが好きでたまらないんだなあと再確認してしまった。

ライブで体感しないと意味のないなにか。
壮大な空振り。思わぬ空振り。人生を思わせるような。
まだやってるのでネタバレしないでおきます。
戯曲を使われた宮沢章夫さんにもぜったい観てほしいなあ。

夜、松竹試写室で映画『ザ・レスラー』試写。



偶然にもアカデミー賞・主演男優賞つながり(この話も、ショーン・ペン!の受賞スピーチも最高)。
町山さんの2008年ベストワン映画ということで期待して観たら、言わずもがなの傑作でした。『ビヨンド・ザ・マット』(あるいは『レスリング・ウィズ・シャドウズ』)ミーツ『ロッキー』。だけどラストの選択がちょっと違うというか。泣けたなあ。スプリングスティーンの主題歌がいいんだまた。

◆土曜日、「グァラニー ~時間がいっぱい」(作・演出:神里雄大、「キレなかった14才りたーんず」参加作品)@こまばアゴラ劇場。
町田の喫茶店でパラグアイでの日々を回想するオレにふりかかるいくつもの時間。次第にあきらかになっていくルーツ。甘美と辛酸。おそらく6作品中もっとも私小説性の高い作品。

一見するととらえどころのない演出の多様性が、時間感覚や文化の多様性に折り重なっていく。この作業を「スムーズ」に処理したほうがいいのか、「ぎこちなさ」を残したほうがいいのかはかなり考えどころだったと思う。

フリルのひだが効いていた。あの時間にいつまでも浸っていたいと思った。