2008/02/29

立川談志 NEVER ENDING TOUR

仕事をぎりぎりで切り上げ、立川談志独演会@銀座ブロッサム中央会館へ。

この日の日記で一区切りついたかな、みたいなことを書いた談志師匠であったが、早くもファンの間で伝説化している07年末の「芝浜」@よみうりホールに象徴されるように、すでに新たなるステージに突入している。

じつはその一年前の(つまり先の日記を書いたわずかに2ヵ月後の)タイタンライブにおける「鼠穴」に、すでにその萌芽は見られた。さらに言えば、その「鼠穴」から「芝浜」までの間に、カート・ヴォネガットの死があり、『笑う超人』があり、「今夜はふたりで」がある。
つまりは太田光との一年があった。

クラシックとイリュージョンを止揚し、脱構築もしくはチェルフィッチュ化とでもいうべき時期も通過し、またもや我々の前で新たなるメタモルフォーゼを遂げたこの談志ACT Xをなんと呼ぶべきか、いまはまだとまどうばかりだ。ただ、わずかなりに手がかりとなるであろうテーゼは、「わからないことをわからないままに演ること」。
すでにそれは「イリュージョン」ですらない。
わからないことが「わからない」のだ。

「松曳き」「天災」と二席見た。
この日の談志師匠はフレーズの人であった。
わからないことをわからないままに演ること。
なにしろ「わからない」だらけだ。
とにかく見続けていけば、また書けることがあるかもしれない。

これでまた談志師匠から目が離せなくなってしまった。

2008/02/10

飲み屋でだらだら音楽話をしたら楽しかったので

プロレスの練習してる。


はともかくライブ見たい。


無駄に大仰でよい。


ライブ見逃した!


狂ったように聴いてる。


なんだかんだいって一番カッコいいロックバンドって、


この人たちだったんじゃないか、という話に。


どんなひとかまったくわからないのが嬉しい。


さかなのライブしばらく見てないなあ。


言わずと知れた日本屈指のロックンローラー。


ショーケントレインにゃ終点はないよ。


30すぎると涙もろくなっていけない。

2008/02/06

Love is All

かれこれ何年くらいか、暮れになるとその年によく聴いたアルバムなんかをここに書きつけてるもので、いまさら恐縮ながら、07年にお世話になったアルバムを一枚だけ紹介させてください。発売時期はさらに前で06年(05年?)だったりしますが……。

LoveisallLove is All 『Nine Times That Same Song

いやー聴いた! とくに「Turn the Radio Off」という曲を狂ったように聴きました。
なんていうのだろう、「ばらの花」とか「今夜はブギーバック」とか「Strings of Life」とか、あの手のやたら思い出がいっぱい的な情景喚起力のある曲なんですよ。キラキラしててちょいやぼったくて愛おしくて切なくて。
リミックスアルバムに入ってるMaps remixバージョンが、神憑っていいんだまた。

あと、なんたってバンド名がいいよね、Love is All。