2008/10/01

夏の思い出・8月後半&9月

Boze◆8月14日~18日、鹿児島方面へ旅行。秘境・トカラ列島の悪石島にて、「ボゼ祭り」という奇祭を堪能。ボゼやばいす。金沢での本屋プロレスの興奮冷めやらぬ時期だったので、いろいろ思うところがあった。ライブ、現場感、現前性、いまここ――けっきょくそういうことが、ぐひぐひヨダレ垂らすぐらい好きなんだよなあと。ちなみに悪石島は来年、地球上で今世紀最長の皆既日食(←特設サイト!)が観測されるとのことで、観光客の殺到が予想されており、これを悪石島の「2009年問題」と呼ぶらしい。なんせ人口80人弱の島に千人規模の観光客が来ちゃうかもしれないっていうんだもの。

◆8月27日、サンプル「家族の肖像」@アトリエヘリコプター。観客が上から目線……いや見たまんまだけど、面白かった。内容については、楽しみながら、同時に、いまどきこんな物分かりのよいテーマでいいのだろうか? という不満も若干残った。

◆8月30日、前野健太ワンマンライブ@古本酒場コクテイル。弾き語りでとっぷりと。大江千里とTRFのカバーも素晴らしかった。選曲の妙だと思う。アンコールで「だれかの」をリクエスト。早く音源でも聴きたい曲。

◆8月31日、素敵喫茶店ダーチャのなおさんの結婚パーティ。いせや公園店の2階。らしいなあ。初代バイトこと松倉如子さんの「てんとう虫のサンバ」に笑う。楽しすぎる。心よりお祝い申しあげます。宴が終わり、大橋裕之くんバサラブックスの福井さんと中野へ。タコシェで大西祥平さんに頼みごと。店内で、以前からお会いしたかった武蔵野ヘルスセンターさんを紹介していただく。ミニコミ『どくろく』やフリーペーパー『週刊車窓』を発行しているすごい人。どうもーなんつって大橋くんと吉祥寺に戻ってきたら、バサラブックスでまたもや武蔵野ヘルスセンターさんに遭遇。これはもう一緒に飲むでしょと、ハモニカ行き。したらば帰り、武蔵野ヘルスセンターさん、なんとウチから歩いて1分ぐらいのところにお住まいなのでした。

Nezumi◆9月1日、ねずみバンド・レコ発ワンマンライブ@東高円寺UFOクラブ。この日を待っていた!のに、会社に財布を忘れてオムスビ佐藤くんにチケット代を借りるハメに(まだ返してないので忘れないように)。それにしてもねずみバンド。この日以来のねずみバンド。でもやつらがこの間なにをしてたかなんてぜんぶ知ってるんだぜ。前回は都会の迷子だったね。やつらは迷子の天才なのさ。今宵はついにアジトに潜入。アコースティックギターの穴のなかで聴いたのは、優しさと素直さと残酷さの同居する――つまりは子どもみたいな音楽。いつまでもいつまでも聴いていたかった。というわけで、ねずみバンドの5曲入りスタジオ音源『月と約束』、リリースされました。みなさん聴いてみてください。ミニコミ『spotted701』の最新号にレビューも書かせていただきました。

◆9月3日、吉田豪大生誕祭@阿佐ヶ谷ロフトA。どうにも仕事が片づかず、打ち上げのみ参加させていただく。豪さんには公私ともに本当にお世話になっているにも関わらず、お話をさせていただくときいまだに緊張してしまう。まだミニコミだった『紙プロ』を表紙が擦り切れるぐらい読んでいた高校生の頃に戻ってしまう。帰ってきてから「おめでとうございます」の一言すら言えてなかったことに気づく。豪さん、誕生日おめでとうございます。いつも僕たちに最高の仕事を届けてくれてありがとうございます!

Maenopop◆9月7日、RHAPSODY vol.6@東高円寺UFOクラブ。ニーネを中心とするライブイベント「ラプソディ」。こちらで「都会の迷子さん」とともに特集されたりなんかしております。この日の出演者は前野健太とDAVID BOWIEたち/ミワサチコ・バンド/ザ・ムンズ/ニーネ/埋火。前野健太とDAVID BOWIEたち、なんとこの日のドラマーはPOP鈴木!! 『welcome』の頃のさかなのライブを大事な宝物として記憶している人間からすると、この邂逅はうれしすぎる! 本人には申し訳ないけど、吉田くんの二胡も勝井さんのヴァイオリンに見えてきてしまったよ。しかしマエケンはマエケン。ゲラーズ・大久保くんの無骨なベースもよかった。またこの編成で観たいなあと思ったら、11月8日にもやるみたい

Alte1995jpg◆9月11日、渋谷にて、伝説的なテキストサイトの管理人(現在でも特権的な影響力を持つ方)と「1995」をお題に飲む。ちょうど1995年特集を組んだ『月刊オルタ』(最近リニューアルしていい感じ)に書かせていただいた杉田俊介さんの『無能力批評』の書評も読んでいてくれて、ざっくばらんに距離をつめて話す。いろいろ思い出したですよ。さて、これは気合いを入れねばという予感。

◆9月16日、天にも昇るような取材と恍惚。生まれて初めて、取材現場でサインをいただいてしまった……。

◆9月20日、オンチ映画祭@町田市民フォーラム。ついにベールを脱いだ大橋裕之初監督映画、『A・Y・A・K・A』。なんとか上映にこぎつけた感もありますが、素直に面白かった! 途中から観た松江哲明監督も太鼓判の出来。さらに修正を加えて、10月27日阿佐ヶ谷ロフトAで開催されるルノアール兄弟新刊発売イベント(詳細はのちほど)にてお披露目予定です。お楽しみに! それにしても松江監督の日記にもある勝又悠監督、強烈だった……。僕も3本~5本ぐらい取られてしまいました。

◆9月21日、銀杏BOYZライブ@渋谷ラママ。酸欠と脱水症状で死ぬかと思った。ダマとなっての演奏を、文字どおりカラダ全体で浴びる。まだこの期に及んでギンナンショックを喰らっていない同世代のすべての友へ、この元気玉みたいなエネルギー体をぶつけて回りたいと思ったよ。新曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」、意外にも銀杏には珍しい男気ロック。そうこなくちゃ。「あいどんわなだい」にいつなんどきなんどでも背筋が震えてしまう。完全に人生に刻み込まれた一曲。

◆9月22日~10月1日、忙しかった。こんなこと書いたところでどーにもならないことだけれど……アイダ、行けなかった!!!! 自分で自分にびっくりだよ!! アイダ、行けなかった!!!! 6~7年ぐらい前の自分に教えてやりたいよ。「なんとおまえは、アイダの初来日(しかもおそらく最初で最後の来日)、二回も東京公演あったのにどちらも行けないぞぇ!」って。気が狂うと思うよ!! アイダ、行けなかったよ!!!!

Ida - The Weight of the Straw