2008/10/24

童貞界にキューバ革命を

Wtc◆さきほどニューヨーク取材より帰国。海外旅行自体がほぼ初めて(小さい頃に一度、ハワイに行ったことがあるのみ)なのでなにをするにも「はじめてのおつかい」状態だったけど、かなり濃密で充実した時間をすごすことができた。
取材内容については、一緒に行った(そしてまだ向こうに残っている)磯部涼がいくつかの媒体に書くはず。もしかしたら自分でもどこかに書くかも。
写真は9・11で崩壊したワールドトレードセンター跡。

ニューヨークは土地の雰囲気が東京に似ていて(向こうで会ったニューヨーカーも東京に来て同じことを感じると言っていた)、ざっくりと掴んだ印象だと、マンハッタンは銀座、ブルックリンは下北沢とか吉祥寺、ニュージャージーは赤羽。勝手に言ってるだけだけど、だいたいそんな感じでいいと思う(ホントか!?)。

それにしても時差やばい! 時差ボケとかもそうだけど、完全に帰国日の計算を間違えて、22日のSPOTTEDイベントをドタキャンしてしまった。ナヲイさんおよび皆さま方、本当にすみませんでした!!

◆帰国して早々ネットしてたら、朝日新聞にルノアール兄弟『おれは魔物とくらしてる』の書評が掲載されているのを見つけた。
「登場人物はみな、(世間的にみれば)社会的立場は弱くとも、ワンアンドオンリーな世界観を持ち、かつ、どこか気高い」。
そうそう、この気高さがいいんだよな~。

27日(月)の発売記念イベントもお楽しみに!