2008/08/15

夏の思い出・8月前半

◆3日、毎年恒例、木場公園での超歌劇団公演に(文字どおり)参戦。「コドモ身体」ならぬ「コドモ頭脳」を駆使した素晴らしきアトラクションっぷりはあいかわらずで(この写真!)。とくに今回の「大いなる淫跡」、前説で「濡れますよ」「流されますよ」ってそのたびにみんなニヤニヤ笑っていたものだけど、終盤、油断していたところにホントとんでもない量の水がおそってきて(ダム決壊!)、大笑い。たまたま水の噴き出し口付近に座っていたamyoさんなんて、ビチョビチョどころか荷物(いちおうビニール袋で防御してある)まで水に流されていた。いやー楽しかった!

◆6日、武蔵小金井のアートランドで菊川裕也くん企画「本当に価値ある一夜とは何か vol.05」。出演は三村京子BAND、松倉如子、菊川裕也(バンド&ソロ)。三村さんと松倉さんの対バンとのことで、僕の周りのごく一部でものすごく期待感の高まっていたイベント。が、しかし無念にも仕事のため遅刻。初ライブとなるはずだった三村さんを丸々見逃してしまう。途中から観た松倉さんのライブは場所の力もあいまって幽玄の域。背筋がぞっとするくらいかっこよかった。休憩で食べたチキンカレーがうまかった。菊川くん、続けざまにソロ、インプロ、バンドとやったので、個別にはよかったのだけど、ちょっと観てる側の集中力は切れてしまった感も……。たとえばソロ、三村さん、インプロ、松倉さん、バンド、じゃダメだったかなあ。でも、菊川くんの声はあいかわらずよかった。刺激的で価値のある一夜。

Ddtbeer◆8日、こちらも夏の風物詩、DDTの「闘うビアガーデン2008」@新木場1stリングへ。この日が5日目、ベルトハンター×ハンター(男色ディーノ&マッスル坂井&マサ高梨)のプロデュースデー。会場、超満員。詳細はこんな感じで。「帰ってきた怪談新沼袋デスマッチ」「中澤マイケル肛門爆破デスマッチ」のくだらなさには笑ったなあ。ビールも旨すぎ。こんな楽しいことがあっていいのかとすら思ってしまった。おまけにメインの熱戦のあと、ディーノが感動的なマイクをかまし、円陣を組んだ日には、ちょっとほろりときちゃったよ。一緒に行った女子が「これもチーム男子ですよ」だって。

◆10、11日、漫画家の大橋裕之くん監督による映画制作に参加。主演は前野健太、左近洋一郎(ルノアール兄弟)、小林郁香。僕は撮影を担当。ほとんどの人は忘れている(というかそもそも知らない)と思うけど、これでもいちおう昔は映画をつくっていた。というかいまでも時間さえあればぜんぜんやるつもりだし、撮影済み素材もずいぶんとたまっていたりする。だって、ずっと昔に撮った映画をタイトルを変えてYouTubeにアップしてみたら、まったく知らない方がこんなことを書いてくれるんだもの。まだ編集中だとは思うけど、大橋くんの映画もぜひ多くの方に観ていただきたいです(上映予定などは追って)。なにより僕以上に、大橋監督のひらめきと、主演の3人の演技が素晴らしかったので。

◆14日より、長期休暇をとり南の島(といっても国内)へ。でも、その前に、行きたかったけど、行けなかったけど、14日、寿町フリーコンサートにて三輪二郎といまから山のぼり、活動休止前のファイナルライブ。僕の大好きなブログ「東京の演奏2」は、この最後の山のぼりの一日を次のような感想で締めくくっている。「ちょっとさみしいくらいでちょうどいいや」。さようなら、またいつかどこかで山のぼり。

I love you more than I did when you were mine.