2008/04/30

4月後半の脳天くだくだ記

◆4月15日、「都会の迷子さん」vol.4@東高円寺UFOクラブへ。
当初行くつもりじゃなかったんだけど、百年のとき、三輪さんや吉田さんと話てたら、やっぱりこれは行かなきゃならんだろうと。ライブじゃなきゃわからないことがいっぱいある。

そしたらやっぱり! ねずみバンド! なんだこの切なすぎるメロディは!
たまみたいな歌詞をXIU XIUみたく歌うとんでもないバンド。もっともっと観ていたかった。
「吉田さんに二胡を弾いてもらったライブ音源を売ってます」ってゆうから手売りしてもらったら100円だった!

三輪二郎&いまから山のぼりを初めてバンド編成で観る。
同じ曲なのにまたぜんぜん違って、むちゃくちゃカッコよいアシッドロックバンドだったよ! ドラムのあだちさんがすげえタイム感。
なるほど、これがいまから山のぼりなのか。かっこいいぜ。
なんか聞くところによると6月にはあがた森魚といまから山のぼりなんてものが企画されてるらしいので、いまから楽しみ。どんどんやってほしいよ。友部正人といまから山のぼり、遠藤賢司といまから山のぼり、友川かずきといまから山のぼり……。

このひとのライブレポはいつでも素敵だなあ。

◆4月18日、シネマライズで『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』。
すでにヘンリー・ダーガーの世界に魅了されている人間にはやや物足りない内容だったけど、でも、あの絵を動かしたいと思って実際に動かしちゃう熱意はすごい。

ぜんぜん関係ないけど、ロッテリアの絶品チーズバーガーはぜんぜん絶品じゃない。オレだけ?

◆4月20日、ガンダーラ映画祭。Aプロ&Bプロを。
なんてったってChim↑Pomでしょう。カラスの群れもスーパーラットもてぃんさぐぬの花もエリゲロも全部よかった。
現代アートの面白げなやつってなんかオタクとかアキバっぽいものが多い感じがしてたんだけど、Chim↑Pomはもろに北関東テイスト。実話ナックルズ系なのがグッとくるよ。アート界のマッコイ斉藤。

そして、マッコイ斉藤フリークでもある松江哲明監督の新作『セックスと嘘とビデオテープとウソ』も、ウェッティな素材をドライに編集し、メリハリの効いた目覚ましい出来。
編集のテンポが作品中でも触れられていた『ハメ撮りの夜明け』ぐらいにまで戻っていたね。同ポジ編集もなかった。そのへんもじつに興味深かった。
『ドキュ嘘』を頂点とする、松江監督のカットつなぎ、あの「貧乏ゆすり」のようなテンポについてはいつかどこかで論じてみたい。あのテンポこそが、松江哲明の現代性を体現していると思うから。

それにしても今回のガンダーラ映画祭、大橋くんとcobi.が大活躍。

◆4月22日、お笑い無法地帯@阿佐ヶ谷ロフトA。
遅れて会場着のため、昔から勝手にシンパシーを感じている猫柳ロミオを見られず残念。
とはいえ永野ですよ、永野!
「聴いたことないけどサザンの『津波』を歌います」
「聴いたことないけどイスラエル国歌を歌います」
「日本に初めてヘロインを広めた人をやります」
文字に書いても伝わらないこの面白さ。
ここで永野のネタ動画が見られるので、ぜひともみなさんにも味わっていただきたいです!

◆4月24日、なぜか東野祥子さんのストレッチクラス@高円寺 BABY-Q Dance Lab.に初めてお会いした方の手引き(詳細は省略)で参加するハメに。
30男がストレッチという名の無様な姿を晒しているのを自ら鏡で確認してたら、なぜかすぐ後ろに思わぬ知人(20代女子)がいたりして、どんな罰ゲームかと。でもまあ面白かったし、身体も伸び(たような気がし)ていい感じ。

そういや昨年末に、劇評サイトの07年回顧企画でこんなことを書いていた。
たとえば、立川談志、片岡飛鳥、岡田利規、Chim↑Pom、マッスル坂井、前田司郎、マッコイ斉藤、松江哲明、東野祥子、三浦大輔らを緩やかに点綴していくことで見えてくるものに、興味がある。そのへんはあいかわらず、だなあ。
ホントだよな。

◆4月26日、ガンダーラ映画祭Cプロを。Chim↑Pomの『アイムボカン~地雷撤去という超セレブな夢』と、綿井健陽『がんばれ陸上自衛隊@イラク・サマワ』という、この組み合わせでしかありえない上映形態。
たとえ綿井さんの重しがなくて、『アイムボカン』だけでもズッシリきたよ。そのことがまず驚き。とはいえ、『がんばれ陸上自衛隊』のつま先に落とせば痛みを感じる重さも効いた。もうフラフラ。

◆4月27日、本屋プロレス!!
すごかった!!

◆4月29日、「都会の迷子さん号外~若者(うたもの)たち~」@秋葉原CLUB GOODMAN
出演順に、とうめいロボ/OWKMJ(俺はこんなもんじゃない)/埋火/前野健太とDAVID BOWIEたち/長谷川健一。

この日を楽しみにしてた。埋火はCDよりもずっと激しくアシッドだった、ロックだった。マエケンの気合いがハンパなかった。一方でハセケンはじつに淡々と静謐で地続きで、こんな風にずっとやってきたんだろうな。みんなゆってたけどやっぱりあれは京都なのかなあ。
ハセケン終わりでDJなんのこっちゃい西山さん。が流したのはオクノ修さんの曲だったのでした。

終演後、あだち麗三郎さんと初めて話す。
俺はこんなもんじゃないのowkmj(俺はこんなもんじゃない)のサックスも務めるあだちさんだが、この日の前野健太とDAVID BOWIEたちといい、先日の三輪二郎といまから山のぼりといい、とにかくすげーかっこいいドラムを叩くのです。

◆4月30日、ついに無人島プロダクション上陸。Chim↑Pom主要メンバーと会談す。