2008/04/10

ポツドール「顔よ」

ポツドール「顔よ」@本多劇場へ。
立川談志師匠言うところの「やりやァがった」出来。
まったくすげえな。

ポツドールについては、いま売ってる『クイ●クジャパン』で三浦大輔さんのインタビューをやってるので、見てやっていただければ幸いです。「居合わせてしまう」即物感とか、「窃視症」と「露出狂」が同居する地下室の想像力とか、テレビ的な俗っぽさなんかについて、ポツドールの歴史と絡めて聞いてます。

あとまったく関係ないけど、やなぎくんぐらいしか気づいていないし、もちろんタレントのファンはそんなことまったく気にかけてなさそうなので記しておくと、上記の雑誌で、なぎ食堂店主ことmap小田さんが鳥居みゆきにインタビュー(!)していて、(当然のことながら)素晴らしい原稿となっておりますので、このブログを覗いてくださっているような方々にはぜひともチェックしていただきたいです。

それにしても前々回公演「激情」からの本多劇場進出って、じつは「騎士クラブ」でのセミドキュメント化、「男の夢」での脱セミドキュメント化と並ぶくらい、ポツドールにとって大きな転機なんじゃないかと思う。
誰かがネットで書いてたけど、たしかにこれほど小劇場すごろくをきちんと上がっていく劇団も久々というか。
なにしろ本多劇場、こなくなってたもんな。

ポツドールにはこのまま突き進んでってほしい。内容はいまのままで、いつの日か芸能人とか出るようになったら最高だなあ(だってさいまでこそ普通のことになってるけど、大人計画の芝居に芸能人が出る日がくるなんて思ってもみなかったよ10年前は)。