2008/03/22

若者(うたもの)たち

先日予告したとおり、行ってきました「若者(うたもの)たち」@秋葉原グッドマン。
これが予想していたこととはいえ、ホントに素晴らしいライブイベントだった。

Miwa一番手は三輪二郎
おはよう おやすみ』は何度も何度も聴いていた。けれど生で観るのは初めて。しかも弾き語りソロ。
最初の一音、その空気の振動からしてちがう。今夜はとても特別な夜になるぞと。鳥肌音楽。

昼下がりの合図について歌いながら、なに食わぬ面持ちで夜の冷たさを同居させる三輪二郎のうたよ。
それにしても、なんでライブハウスのラムコークはこんなにアルコールの回りが早いんだろう?

Inaka次はいなかやろう
うん、いいぞ。ウキウキなサウンドにヨレヨレなヴォーカル。やっぱりペイヴメントが一番さ!

解散ソング」という曲が名曲すぎる。
闇夜のバイクすっ飛ばしてたって歌詞に、築地市場で働いてた頃のことを思い出したよ。

Maeno前野健太とDAVID BOWIEたち
本秀康さんをして「現代のディラン&ザ・バンド」と言わしめる素晴らしきバンドアンサンブル。ホント、『ロマンスカー』は『Planet Waves』ですよ(「青い部屋」が2バージョン入ってる感じも含めて)。

なんて楽しいんだろう。孤独なんて言葉、ちょっとどこかへいっててくれないか。
「友達じゃがまんできない」のメロウ、「天気予報」のダイナミズム、ライブで初めてわかることがたくさんあった。

Mergaretそして、マーガレットズロース
登場時のBGMが「Like A Hurricane」(『Weld』に入ってるヴァージョン)。
いや、ホントにしばらくぶりだなあ。
「斜陽」も「紅茶の歌」もやらなかったけど、「べいびー」はとってもいいうただったぞ。

マーガレットズロースは「愛」だな、って書こうとしたら、佐藤くんも同じこと書いてたよ。

終演後、大橋くん奥田さんとCoCo壱カレーを食べて帰る。

なんかこういう日記って懐かしい感じ。
前はよくこんなライブレポ書いてたよなあ(こんなのとかこんなの)。

なんていうんだろう、けっして大げさなことでなく、いつまでも、いくつになっても、こういう場所にいさせてほしいと願った。