2007/12/18

Sweet Dreams

仕事はいいのだけど、会社(人事)がどーにもいまいちでなんだかなーという日々。でも、そんな「俺にもたまにはいいことがあってもいいだろう」(長州力)ということがいくつか。

Nikki2008_2お祝いごとで、タウントーンのキクチさんが切り絵作家、ニキ・マックルーアの2008年版カレンダーをプレゼントしてくれた!
もともとボクがあるイベントでKill Rock Starsのスウェットを着ていた(というか、秋冬はほとんどこのスウェットか、やはりKill Rock Starsもしくは5RCのパーカーを着用してる)ことが、最初の出会いのきっかけだけに、これはど真ん中ですよ。ありがとう!

毎年恒例のこのカレンダー、shopTTで購入できます。全国のインディ心を持った老若男女はぜひ!

そして、ついに出ました、やはりニキ・マックルーアの切り絵イラストが目印という素晴らしき雑誌『Sweet Dreams』!
Sweetd01
あるような、ないような……、奇想と現実、「?」と「!」の面白音楽読本登場

1978年のデビュー以来、ほとんどその実体を明らかにしなかったひとりの男、ジャンデック。2004年の突然のライヴ活動開始以来、共にステージに上がったアラン・リクト、サム・クームズ(クワジ)、ピート・ノーラン(マジック・マーカーズ)らの証言も交えながら、より深く「妄想」した特集他、弊社よりアルバムをリリースしたBEST MUSIC、名古屋の秘宝バンド、TEASIや、2006年テリー・ギリアムが映画化した『ローズ・イン・タイドランド』の原作者、ミッチ・カリンの書き下ろし短編小説。さらに、タラ・ジェイン・オニール、ジュヌヴィーエイヴ・カストレイ、トム・グリーンウッド(ジャッキー・O・マザーファッカー)らの特別寄稿などなど……、掻いたことのないところに手が届く『スウィート・ドリームス』、その記念すべき第1号。
いやーもう、翻訳モノからインタビュー、イラストまで、隅から隅まで個人の息づかいに充ち満ちたじつに愛おしい雑誌なのです。
アルバム総めくりレビューを含むジャンデック特集の読み応えもさることながら、やはりここでも元Kill Rock Stars社長スリム・ムーンの記事、その名も「スリム・ムーンと近代文学」が面白かった。
『KATHY zine』の出張版(?)ってことで、TEAM KATHYが原稿を書いている。
KRSのこれまでの最大の功績のひとつがライオットガールという女の子たちのための空間をパンクシーンの中に作りあげたことだったのならば、スポークンワードというパンクにおける文学的領域を作りだそうというスリムのもうひとつの試みは失敗に終わった。スリム本人もしぶしぶその事実を認めている。高校生のときの戦争ゲームで泣かされてしまったことよりも、学校をドロップアウトしたことよりも、それはそれは堪えただろう。

2007/11/05

土曜の夜だぜ、Friday Night!

日曜夜のお楽しみといえば、もちろん
ダーウィンが来た!」。

この番組の見所のひとつに、
あきらかに博士キャラであるところの「ヒゲじい」が、
どうぶつについての知識をまったく持ち合わせておらず
ダジャレばっか言ってたりする点があるわけだが、
今夜のヒゲじいときたら、なんと
番組中にも関わらず居眠りこいてやがった!
CGのくせに!

ちなみに今夜とりあげられたどうぶつは、ウトウ。
水鳥の一種。

ウトウに追われた魚の群れが、
毛むくじゃらの生き物みたいになってた。
どんだけ追いつめられてんだよ。
ちょっと「スイミー」を思い出したり。

その後、「風林火山」を途中まで見て、
イラブチャー@ハモニカ横町のクローズド・パーティへ。

マスター・ヒロキくんの人柄がしのばれる、
あったかくていい会だった。
「Like A Rolling Stone」にグッときてしまった。

バサラブックスの福井さんもそうだが、
とにかくみんな一ヵ所にとどまろうとしないのがすごい。
引き寄せ手放す力強さ。
それは本当にすごいことだ。

※タイトルは元気いいぞう名曲集より。

2007/10/12

マッスル牧場CLASSIC

ついに地上波放送開始。
それにしても、斬新すぎる……。



「マッスル」について
プロレスの向こう側で演劇と出会う
マッスルハウス2

ほかのひとのも
マッスルハウス4
マッスル牧場classic 第1回

2007/09/18

しばらくここにいさせてほしい

けっこう前だけど、円盤でみたゑでぃまあこん(←音でるよ)のライブがすごくよかった。

想像していたイメージと違った。
勝手に「黒装束に前髪パツン」みたいな呪術系ヴィジュアルを想像してたんだけど、実際は、ブリティッシュ・トラッド風味の、木洩れ日ただよう素敵バンド。

衝撃的とか圧倒的っていうのじゃまったくないんだけど、久しぶりにやなぎくんとふたりで、円盤ぐらいの大きさのところで、姫路から来た素敵バンドみて、「よかったねー」って帰りの居酒屋でゆってるその感じがとても懐かしく、照れくさいけどとてもよかったのです。
むかし一緒にシモキタでユメビツみたりとか。あの感じ。
懐かしいねえ。

あと、最近ではボロフェスタ@渋谷O-nestでの赤い疑惑再始動ライブにもシビレた。

あいかわらず、やなぎくんやアクセル長尾氏や、そのほか自分の好きなひとたちの日記をちびちび読んでいる。
アクセルのこれとか、やなぎくんのこれとか読んでたら、パラダイスガラージの「深夜放送」が流れたさ。

自分にとってのネットって、けっきょくそういうことだ。

2007/06/28

アフターマス

いろいろバタバタしていますが、
夏or秋ぐらいからささやかにイベントでもやろうかと
準備しております。
詳しいことが決まったらひっそり告知させてもらいますので、
よろしくお願い申し上げます。

また、8月にアップリンクで行われる松江哲明監督の特集上映
松江哲明のセキララで嘘つきなドキュメント選集』に向けて、
コメントを書かせていただきました。
『前略、大沢遥様』のやつ。

常々、「重要作」と言い続けてきた(監督本人に対しても)だけに、
この上映はかなり嬉しいです。