2006/08/28

最近のニキータ⑤

仕事柄、フジのPRIDE放送撤退や亀田ジャッジ問題の裏事情について聞かれることがよくあるんですが、週刊誌に書かれている以上のことはほとんど知りません。ただ信頼できる筋の情報によるとこのムックの冒頭の座談会はかなりガチとのことなので、気になってる方はチェックしてみるとよいと思います。実際、かなりやばい。かつて某芸能事務所に雪隠詰めにされたことのあるオイラでも、さすがにこんなことよう書かんわと思いました。ブルブル。

というわけでリングに駆けるニキータ。

PRIDE無差別級グランプリ2006 2ndROUND@さいたまスーパーアリーナ 07/01
プロ格ファンが逆境でどんだけ「がんばる」か身をもって知ってるだけに、多少の期待感すらあったんだけど、ほとんど必然性の感じられない前半4試合でショボーン。
フジテレビとの決裂により、煽りVのクオリティもショボショボーン。
ただこれまで(佐藤D演出)があまりにもスペシャルすぎたのと、製作時間の少なさを思うと、今回だけで断罪してしまうのはちょっと可哀想でもあり(こないだの武士道はどうだったんだろう?)。地上派でなくCSの専門チャンネルである以上、切り口がストレートになること自体は悪くないと思うし。

GPの4試合はどのカードも順当ながら、好勝負。
金原が口酸っぱく言ってたミルコのローキックの重さに改めて震撼。
起きあがれない吉田を確認し、サクっと帰った。
PRIDEはPRIDE、それが確認できただけでよかった。

WRESTLE EXPO 2006@東京臨海副都心イベントスペース青海A地区特設 08/20
プロレスが面白いことになっている。
ジャンルとしてのカミングアウトを通過した結果、かえってエンターテイメントとしての底力、間口の広さ、奥深さが光るようになった。一部のメジャー団体を除き。

一番大きいのは「強さ」に対するシビアな目線が減った結果、他エンタメ業界からの参入がしやすくなったこと。かつて、あのビートたけしですら本気の「帰れコール」を浴びせかけられたことがあったけど、そのことを思えば、レイザーラモンHGやインリンがメインイベントで堂々プロレスするなんて隔世の感があるよ。
グラビアアイドルがプロモーション活動の一環としてプロレスに参戦なんてケースも増えている。なかには小中学生女子が中心になって闘う萌え系団体まである。

メジャーとインディーの敷居もずいぶん低くなった(アングルとしていまだ温存されてはいるが)。人気・実力のある選手が出身や所属に縛られることなく他団体のマットにも上がる。学生プロレス出身もいまや恥ずかしいことでない。
ついこないだまで「またぐなよ」なんてやってたのにな……。1ヶ月ぐらい前の『ファイト』で長州と大仁田が対談してたけど、国会議員云々抜きに、レスラーとして大仁田の方が格上っぽく見えてしまった。

そういった風通しのよさが、新鮮なムーブメントを生みやすくしている。
殺害塩化ビニールのバカ社長ことクレイジーSKBと小学生女子が同じリングに立つ666、小劇場界との強いパイプのもと演劇あたまを駆使するマッスル
千葉に本拠地を置くKAIENTAI-DOJOや、静岡プロレス、大阪プロレスのように地方色を打ち出している団体が増えているのも面白い。

それにしても、いまさらながら冬木や杉作さんのヴィジョンは正しかったんだなと。先見の明だよ。ただ、早すぎたんだよなー。

ある者は失踪し、ある者は首を吊り、ある者はガンに倒れ、ある者は半身不随の身体に……。自らも死を考え、湘南の砂浜をさまよい歩いたという杉作さん。
幾多の男達の屍を超え、いま杉作さんが男の墓場プロとして活動する意味について、みな少しは思いを巡らせてみたほうがいい(って誰に言ってるんだろうか)。

まあともかく、そんな現在進行形のプロレスをショウケース的に見ることができたレッスルエキスポ2006
都内では久方ぶりの有刺鉄線電流爆破(試合までの流れも最高!)、モンスターボックス(TBSのアレね)に挑戦したマッスルをはじめ、かなり充実の内容だったんだけど、インパクトという点ではこれに尽きる!
全身に巻いた爆竹を炸裂させながら(写真よりも遙かに迫力あり)、メカマミーに襲いかかるバカ社長!!
まず、知らない方のためにメカマミーとはなにかってとこから説明すべきなんだろうけど、この写真が語る以上にオレごときがなにかを言える自信がないので、やめておきます。