2006/07/24

最近のニキータ①

で、なんて言ったのマテラッツィ?

世の中の流れからどんどん取り残されていく。
どうにも仕事に乗れない気分なので、ここ一二ヶ月のことなど書いていきます。

まず、野外劇をいくつか見た。

KAKUTA 『ムーンライトコースター@浅草花やしき 06/01
3月のにかさやライブの不満を晴らすべく参戦。さすが演劇あたまの人たち、花やしきという舞台装置を存分に活かしきってた。
予想してたこととはいえ、カタカナで「ハートウォーミング」、みたいなテイストにややとまどう。友人Tさん(コメントにレスしてください!)を誘って正解。ひとりだったらいたたまれなくて帰るとこだったよ。
しっかし、巧い。「不在」や「喪失」を隠しテーマにしながら、最後、誰も乗っていないジェットコースターを走らせるところなどニクいよ。にかさやもぜひ次は桑原さんと、……は余計なお世話か。

POTALIVE 吉祥寺編『斜』 06/16
「散策しながら楽しむライブ」ポタライブ。この日は西荻駅に集合し、吉祥寺方面へしばし散策。
文字どおり杓子定規な都市計画。中央線もナナメにまっすぐに。つうかなんでこんなにナナメってんだ、とか。思惑のズレが生み出しちゃった吹きだまり(三角形)に遊ぶ。
歩きながら、普通に喋ってるつもりが、ふっと虚構に入ったりするダラダラ感がすごい。いやあのダラダラ感はホントすごいと思う。2回言った。

Soyokazeゴキブリコンビナート 『そよ風のささやき』@旧淀橋第3小学校跡地 07/15
ゴキコンの野外劇て! しかも小学校跡地で。開演前、やたら「劇団竹田企画へようこそ」ってアピールしてたけど、なにか大人の事情かしらん。
すり鉢状につくられた装置の底にギュウ詰めの観客。そこに降ってくる役者やら、うどんやら、ヒロインの元恋人(人形)やら。
客を押し分け突っ込んでくる移動式ステージにはねられそうになること多数。泥だらけの役者に衝突し、すっころんだ女子号泣。最高でございました。
エクストリーム「聖者の行進」なストーリーも味わい深かった。観客の疲労のピークを見計らったようにリピートされる輪廻転生芝居(衣装を替えただけの同じ芝居が何度も)も絶妙。くだらなさを突き抜けキャッチーにすら聞こえてくる楽曲群、ケン※ショクヨー、オマンキー・ジェット・シティーをはじめとする役者の本気っぷり、すべてが愛おしかった。

野外劇といえば今週末の超歌劇団@木場公園も楽しみ(ゴキコンのDr.エクアドル&オマンキーも客演!)。まねきねこさん(真の偉人)のレポートを読むだに、期待は高まります。