2006/07/27

最近のニキータ②

野外だけでなく、劇場でみる演劇も見ました。

五反田団 『びんぼう君2006@桜美林大学PRUNUS HALL 06/25
桜美林大学の学生が企画した芸術祭GALA Obirinの招待公演。上演されたのは、五反田団にはめずらしく、何度も再演を重ねているびんぼう君の06年バージョン。
今回は父親役が黒田さん、息子役が中川さん、川森さん役が端田さんという鉄壁の布陣。親子にプラス1人の川森さんが担う社会性といい、ラストの父親のセリフといい、戯曲の巧みさはあいかわらず。畳と梯子だけの簡素な舞台装置も、惚れ惚れするほどに美しい。もはやスタンダードの風格。それこそ「ニセS」のようにいろんな「びんぼう君」を見てみたいとすら思った。

Onna_no_michiポツドール特別企画 女シリーズvol.1 『女のみち@新宿THETER/TOPS 07/06
男性誌のグラビア担当者が最初にやる仕事に写真のレスポンス(写真を修正する機械)指示っていうのがあって、事務所の言う通りにアイドルのシワやシミを消したりするんだけど、AV女優の場合、よくあるのがリストカットの跡とか根性焼きの跡を消してくれっていうせつないレスポンス。
以前、カンパニー松尾のAV作品にこんなシーンがあった。フツーの主婦がAV出て、自宅でセックスして、お金ももらえて、あー楽しいと。でも撮影が終わってカンパニーを駅まで自家用車で送っていくとき、この主婦、ハンドル握ったまま突然ゲロを吐く。バレリーナの足の裏は血マメだらけっていう西洋近代芸術の光と影を持ち出すまでもなく、人間そんなに軽やかになれるものじゃない。カラダは正直だ。
「女のみち」にはそこまで臭くて酷薄な現実は描かれていない。かといって安藤玉恵演じるAV女優がその名を模した立花里子のような痴女神が跋扈するどエロな世界が描かれるわけでもない。
それでも、物珍しいAVの撮影現場を舞台に、「リストカットの跡」や「根性焼きの跡」を適度に散りばめた、たくましい女たちのドタバタ劇として楽しい作品だった。あと、トークショーの準備のためAD役を演じた人が舞台上のゴミを片づけてたんだけど、その様子が、まだ芝居が続いているみたいで面白かった。

シベリア少女鉄道 『残酷な神が支配する』@吉祥寺シアター 07/08
痛快!天才!バカ!!
いやーしかし、あのひとが神だったとは……(たしかにそう呼ばれてはいるけど)。

Sousouliter六本木のam/pmでゲットした、横山三国志ライター。
カード型でかっこいい。
曹操、ちゃんと赤い。
そういやシャアのイメージあるよね。