2006/04/24

いつか死ぬ いつか絶対死ぬ

◆天気がぐずついたり寒暖の波がせわしかったりで、カラダがだるい。重い。カゼはいやなのでイチゴを買い込む。毎年この時期は安い。そこいくとキウイは季節感ないね。ビタミンCはあるけど。キウイってなんでわざわざ「キウイフルーツ」て言うんだろうトラアニマルみたいなって言ったら、ばか、キウイは鳥の名前だよだって。ドラゴンフルーツみたいなことことらしい。似てるもの+フルーツ。それならわかる。でもグレープフルーツはわからないなあ。グレープも果物でしょ。トラアニマル=カバ、みたいなことでしょう。なんでだ。ちなみにグレープフルーツが酸っぱくて食べられないというお子さまにはちょっぴり重曹をかけてあげるといい。NaHCO3+H → Na+H2O+CO2+Na

◆やっぱりカゼかな。しばらくはゆっくり本でも読みたい。ちょうど仕事も空いてきたし。

◆先週は月曜に野鳩「なんとなくクレアラシル(愛蔵版)」、木曜に新宿末広亭の夜の部へ。

野鳩、バカバカしくていいな。たしかにマンガ的でペラい。天久聖一とか長尾謙一郎テイスト。アンド中学生日記。実際に観るとバカなのに動きは厳密だしセリフも禁欲的だし、やたら効率が悪いことやってる人たち特有のトホホ感がにじみ出てて愛らしかった。軽自動車なのに燃費悪いみたいな。その溢れるムダ力が愛おしい。

◆末広亭は立川藤志楼こと高田文夫先生の10年ぶりの高座が目当て。10日休まず出演してこの日が楽日。小遊三副会長の粋な計らいもあってトリになったんだけど、肉体疲労のピークか、10日乗り切った開放感からか、落語は野ざらしのさわりをやっただけであとはフリートークスタイル。9日目までは毎日ネタ替えてちゃんと演ってたらしいのでちょと残念。でもまた高座姿を見れてよかった。末広亭はお祭り騒ぎでした。

◆「ウタモノの夕べ」来てくれた方ありがとうございました。大学時代の同級生が何年かぶりに会いに来てくれてうれしかった。芝居をやってた女の子で、なんと彼女とは97年、「カラフルメリィ」公演の本多劇場で偶然顔を合わせたのがきっかけで仲良くなったのだった。でやっぱり彼女も再演観ていたりして、ちょっとしみじみトーク。9年もたったのかー、でもたぶん100年後にはみんな死んでるしねー。

◆家に帰ってきたら、実家から電話。母方の祖母が亡くなったという。ウソのようなホントの話。90オーバーで老衰だから大往生でしょう。これから大阪へ行ってきます。

◆あ、ウタモノの前に前田司郎さんが教えてるENBUゼミの卒業公演「ノーバディ」も観に行ったのを忘れてた。出演者20人全員が五反田団ムーブ(床でごろごろ)を連発するすごい芝居。最強の「卒業公演」だと思う。生徒冥利につきるような。そういやこれもみんないつか死ぬって話。あたりまえすぎてつい忘れがちだけど、やっぱいつか死ぬよね。いやホントは忘れてないんだけどさ。