2006/03/05

にかスープ&さやソース@花やしき

◆2月のしわ寄せもようやく落ち着いてきた土曜日。午前中で仕事を片づけ、昼は近所の井の頭公園で知人がやっている太極拳教室を見学(というかほとんど冷やかし。ごめんなさい)。そのまま昼食がてら参加者の方達とマンダラ2横のどいちゃんでだらだらトーク。カンボジア土産の餅みたいなおかし(クセになる味)を食べ遠くアンコールワットの空に思いを馳せくちゃくちゃ。

◆一瞬家に戻って、夜は浅草へ。花やしきで二階堂和美さんとテニスコーツさやさんのユニット・にかスープ&さやソースの『イピヤー』レコ発ライブ。花やしき貸し切りっていうから万有引力の野外劇みたいなものをあそこまで大がかりじゃないにしても想像してたんだけど、ほぼイベントステージを使ったいつも通りのライブでややがっかり。仕掛けとしてはゴンドラでの登場と、花道やダンサー(あまり効果的でなかった)を使ったのと、電飾の演出ぐらいか。曲ごとにアトラクションを移動、みたいなのは技術的に(そもそも契約的に?)難しかったかなあ。ミュージシャンにそこまで求めるのも酷だけど。あれだ、「夜の遊園地をまるごと貸し切って」なんて謳うからいけない。普通に「花やしきのステージで」てゆってくれれば。

◆とはいえ音楽自体は素晴らしかった。にかスープ&さやソースの世界はやはりライブで体験すべきものだと実感。バタバタと衣装替えやサポート男性陣とのやりとりも楽しく、ステージ後方に描かれたチビドラゴンの「FUKU KITARU!」「WELCOME TO FORTUNE!」て吹き出しとあいまってこちらの頬もゆるみがち。もう縁起モノ?みたいな、聴いてるだけで福がきそうな多幸感に溢れていた。

hanayashiki
終演後、ステージ屋上で閉園アナウンスをするにかスープと
「蛍の光」をくちずさむさやソース

◆ライブ後、会場で合流したNさん(サイトもう更新しないの?)、Sくんと渋谷に移動し、二人がDJの練習をするというバーについていく。練習のつもりが途中からフリのお客さんがけっこう入ってきちゃって、ぜんぜん練習じゃなくなってて笑えた。メタルばっか用意してたSくんなんて冷や汗だらだら。なんちゃってDJといえど「常在戦場」の気構えが必要ってことですね。勉強になりました。