2006/02/23

JOSH MARTINEZ, SLEEP & MAKER JAPAN TOUR

いまさらながら先週の金曜、降り積もる仕事を尻目にJosh Martinezのライブへダイブ@渋谷Lush。対バンの降神のディープな世界にやられる。そのへんのぱっとしない劇団よりよほどシアトリカルなステージはかわらずのまま表現力だけさらに深化。ピュアすぎて鼻白む瞬間もないことはないんだけど、その危ういバランスがまた魅力だったりする。ラスト「帰り道」(←直リン。客の中にmikaihooくん発見!)への流れは震えた。

降神のステージがかなりの満足度だったので、この時点でもう帰ってもいいかなと。もちろんJosh Martinezの『Midriff Music』はかなりゴキゲンな名盤。でもその気軽さゆえ観ないでもいいかあなんて……。

しかし思いとどまってよかった。なによりJoshと、一緒に来日したSLEEP、MCふたりの風貌が素敵すぎた。SLEEPはもう文字どおりナード。背格好がパンチョ伊東で、長袖シャツの上に微妙なサイズのトレーナー、こないだAKB48っていうアイドルユニットのイベント取材に行ったんだけどその会場にいたアイドルオタクたちの群れに紛れてたとしてもいっさい違和感なし! とらのあなの同人コーナーにいても誰も驚かないよ。しかもこのパンチョがまた、高速フロウかますんだ。顔赤くしながら。そりゃ盛りあがるって。そして肝心のJoshの、人生の深刻さとかとはまるで無縁なそのとぼけ顔! もう高田純次かJosh Martinezかってくらいで。英語のわからないオレですらきっとそんなに深いこと言ってないんだろうなとわかる軽やかでちょっと鼻のかかったフロウも絶品。調子づいたパンチョと純次の絶妙なマイクリレーや、お揃いのハッピ着て「Eye Of The Tiger」(ロッキー3のテーマ)熱唱など、ただただ楽しかった。久々に踊りまくったのだった。