2006/01/15

「談志・陳平の言いたい放題」

週末、楽しげな予定がいろいろあったというのに志の輔らくご in PARCO以外は仕事(というか自分の惰性)でスルー。かなしい。先日の浅草大勝館のときにSさんが焼いてきてくれた「談・陳の言いたい放題」を仕事中流しっぱなしにして気づいたら12時間くらいいっき見。こんなのツインピークス以来。もう高校生じゃないんだよ。でもオモシロすぎなんだよ。

Danchin

いまさらオレがいうのもおこがましいんだけど、談志ってひとはぜったいに知ったかぶりしたり偉ぶったりしないのね。それでいて素のテンションのまますっとイリュージョンに出たり入ったりする。若手芸人へのアドバイスも年長者の芸人の蘊蓄や人生訓なんかじゃなく、完全に現役の「それ」。おそろしくタメになる。談志師匠のアナーキックな磁場に吸い寄せられるように集まった談シング5のはじけっぷりも最高で。たとえば西部邁。談志師匠のイリュージョンに真顔でついていけてしまう知的筋力と、それでいて芸人への憧憬を隠さずリスペクトを抱き続ける少年のような姿勢に惚れ惚れする。陳平さんなんて途中で半分失明してしまうんだけどそのせいでハリセンつっこみすべっちゃったりして。こんなすごいボケないって! 吉村作治がピラミッドの写真持ってきても司会の陳平さん見えないんだから!