2005/07/28

ゴルドーがいた

psyacolo
ジェラルド・ゴルドーのことを忘れていたなんて、なんと愚かなことなんだろうか。
(菊地成孔『サイコロジカル・ボディ・ブルース解凍』)

しつこいようだけど「極道」と「競技者」の話。そうだよ極道ならぬゴルドーがいたじゃないか。さすが菊地成孔、自称ヘルマン・レンティンギストにしてギルバート・アイブリスト!

菊地はいう、「ゴルドーかブロディがいる世界だけがリアルな世界なのだ」と。プロレスに格闘技、それに野球や競輪や将棋の世界にも「ブロディやゴルドーは必ずいる」。だけどシューティングには「ゴルドーもブロディもいない」、Jリーグにも「絶対ゴルドーはいない」。理由は簡単だ。シューティングもJリーグもそこには「競技者」しかいないのだから。

ただこのゴルドー、殺るときは殺るみたいな、煎じ詰めれば極限化したアマチュアリズムでしかない軍隊イズムや己の誇り(自己満足)のために捨て石になる鉄砲玉とも違う。菊地のいうとおり「ドールマンのような『怖くて強いが優しい善人』か、ボックのような『金と権力を持った残忍な変質者』のどっちか」でもない。そのどれでもないゴルドーは、「『傭兵』という、個人主義と軍隊の混合イズムの具現のようにして、まさにオランダそのものだ」と分析してみせる菊地の手つきのじつに鮮やかなこと! うーんエレガント。
日本人の胃弱な消化能力の前にゴルドーは立ちはだかっている。善悪と敵味方、信頼と不安、プライドと報酬、殺害と防衛。(略)ゴルドーはオーちゃんが新日本プロレスに単身喧嘩を売りに行くときに、用心棒として傍らについていた、ゴルドーは浅草キッドとバラエティーに出た、ゴルドーは中井の目を(完全に意図的に)指で失明させ、選手生命を奪った、ゴルドーは猪木に友情を感じている、ゴルドーは倒れている相手の顔を何の躊躇もなく蹴る、ゴルドーは金のためにテキトウなパンチも出す、ゴルドーはいじめられっ子に復讐の方法を教え、社会復帰させている、ゴルドーは戦う前からどちらが強いかわかっている、ゴルドーはブラインドを突いて相手の耳や肩を平気で噛みちぎる、それを指摘されるとギャグを言ってごまかそうとする、ゴルドーは演技が大根なのに芝居がかるのが好きだ。ゴルドーの全身の入れ墨、ゴルドーのネズミと大泉滉に似た残忍そうで間が抜けた顔。まだまだジェラルド・ゴルドーは日本人には難しすぎる。

2005/07/26

MCバトル

mcbattleきのうは六本木でHipHopパーティ・オールナイト。mikaihooくんがMCバトルにエントリーしたのでついていく。結果やいかに……というのはまた別の機会に譲るとして、やっぱりここでも「極道」と「競技者」の違いについて考えてしまうのだった。

ほとんどが10代の子たちなんだけど、まあみんなうまいこと! すげーうまい。へたすりゃ小学校からフリースタイルやってるっていうんだから、ラップをテクニックとして学習した世代とは成り立ちが違うというか。中曽根内閣のころからオナニーしてる(@横須賀歌麻呂)オレなんか隔世の感ですよ。ただどうにもねー高野連の臭いがプンプンしてんの。汗と涙は裏切らないみたいな。やる前からシェイクハンドしてるの見え見えで、形式上はディスっても口がくせえとかどうでもいいことばっか。けっきょくバトルっていっても「競技」としてのそれで、殺るか殺られるかっていう「闘い」はみえなかった。

もちろんそんなもん高望みなのは百も承知で、でもたとえば「アスリート(競技者)」の権化ともいえるKrevaが去ったB-BOY PARKで二人の「極道」が見せたチンピラの流儀()はあそこにいた若い子たちにだってすごくリアルに響いたはずなんだ。

とかいいつつもじゅうぶん楽しんだ。クラブやライブハウスで名前も知らないDJの、バンドの、きったねー音ででも腹にズンズンくるよーなのは楽しいねやっぱり。家でCD聴くのよりも気分。ついでにおしゃべり&口コミも最高。雑誌やネットより人づてに聞く情報の方がはるかに有益だったりする今日この頃。この日も10代に混じってオレより年上のMCがフリースタイルやってて、一人奥菜恵の離婚をフロウに乗せてたり手にはなぜか『ツービートのわっ毒ガスだ』を持ってたり(インスピレーションの源らしい)。で、話してみれば元芸人の方で共通の知人もけっこういたり。なかなかおもしろそうな活動や企みなんかを聞かせてもらった。あああオレもなんかやりてええ! 中二病? ……というかやらねばならないことは山積みなんだが。

あ、あとユウ・ザ・ロックもきてた。ふつうにみんなテレビの裏話とか聞いてて意外!っていうかかわいかった。若いっていいなあ。皮肉ぬきにそう思うよ。ま、オジサンもね響鬼見習ってがんばりますよ。鍛えてますからって。

マキタさんの明石家さんま論がおもしろー。極道をはるかに超えたお笑い怪獣。容赦なく善悪なく破壊しつくすガォォオオ!

2005/07/24

真夜中の大かま騒ぎSP

25時間テレビおもしろかった!といってもちゃんと観たのは今年もかま騒ぎだけなんだが。M-1のようなネタ番組が競技化された格闘技だとすれば、あれは初期UFC以上のノールールバトルだよ。しかもバトルロイヤル。そりゃあ極道モンがいっとう強いに決まってる。というわけで今回も誰が「お笑い極道」で誰が「お笑い競技者(アマチュアリズム)」なのか白日のもとにさらされてしまったのだった。ついでにさらされた佐野アナの外道っぷりもナイス! そしてさんまの「お笑い怪獣」っぷりはいうまでもなく。というわけでとりあえず来年から吉本には暴対法を適用すべき!

2005/07/22

『いつか読書する日』

itsukad

きのうユーロスペースで『いつか読書する日』鑑賞。素晴らしき映画。本格メロドラマと銘打つだけあって純愛あり不治の病あり二人乗り自転車もありなんだけど、冬ソナのようなファンタジーでもなく、電車男のようなネタでもなく、セカチュウのような白々しさも感じさせない図太い演出に安心して身をゆだねてしまった。ようするに泣いたわけですね。

メロドラマでありつつ絵空事に見えないのは、田中裕子扮するヒロインの刻む生活リズムが終始映画の基底音として流れているのも大きい。早朝の牛乳配達、長い坂の前での「よしっ」という掛け声、ペダルの回転音、パートのタイムカード、深夜の読書……。そういうリズムをたいせつに守って生きている人たちの映画でもある。ヒロインの生活が拡散しながら町全体に広がり重なっていくラストシーンにぐぐぐっときた。

2005/07/21

わたしだけ…

だいたひかると斎藤美奈子は似ていると思う。わたしだけ?

2005/07/20

夏のおくりもの

okurimono火曜日、ふちがみとふなとパスカルズのジョイントライブ「夏のおくりもの」@スターパインズカフェへ。

ふちふなこの日のためのステージ衣装披露、渕上さんと石川さんのハブ・マングース対決、「はじめまして」にのってパスカルズご挨拶(庶務の田中さんとか)、客席を走り回る石川さん、パスカルズによるふちふな「お店やさん」のへんてこカバーなど名場面続出!楽しかったー!

それにしてもふちふなはほんとカバーがうまい(もちろんオリジナルもいいんだけど)。ダニエル・ジョンストン「歌う人」やっぱりよかったし、CSN&Yの「Teach Your Children」(もちろん日本語詞!)がとにかく絶品! ニューアルバム『ヒーのワルツ』にも入っとります。ぜひ。

2005/07/19

NOAH東京ドーム大会

東京ドームといえば、おととしPRIDEミドル級GP二回戦で来たが、純プロレス興行でということになるとじつに猪木の引退試合(1998年4月4日)以来。やはりおととしの新日ドーム(アルティメットクラッシュ&小橋参戦)はかなりそそられたんだけど、それこそあのときは新日を追んだされた橋本のほうに足を運んだのだった。ナイスジャッジ自分!

noah0718というわけでノア東京ドーム。心構えしていた橋本追悼10カウントはなし。その代わりといってはなんだが小橋×健介のとてつもない熱さがさまざまなことを雄弁に語っていた。あえてひとことで言えば「プロレスを見よ!」 ってことだろうか。プロレスでしかありえない攻防、プロレスでしかありえない興奮。ちょっと涙がでそうになった。

ああ、せめてあのレベルの試合がもう一試合ぐらいあったらなあああ。目玉の「DESTINIY」三沢×川田、最大の敵は過去の自分たちだった、という感じ。かつての名シーンを目の前で再現するんだけど、いかんせん肉体の衰えが微妙な誤差を生んでしまうわけで。切なかったなあ。あれが全然動けないんなら新機軸という手もあるんだろうけど、それほど動けてないわけでもないってのがまたなあ……。一緒に行ったKさんがうまいこと言ってた。「同窓会でむかしあこがれだった子に再会して、やっぱかわいいんだけど、近づいてみると小ジワがちらほらっていう。でも会わないで悶々とするよりは会ったほうがいいじゃない」だって。まあ会わないで美しい想い出のまま残しておくって手もありつつさ、やっぱ会ってよかったんだよ。元気でやってたわけだから。
そっちはどうだい うまくやってるかい
こっちはこうさ どうにもならんよ
今んとこはまあ そんな感じなんだ
(青春狂想曲 / サニーデイサービス)
蛇足ながら、個人的にもっとも「DESTINIY」を感じたカードはこれ。長年プロレスとつきあってきた者からすりゃ何通りDESTINIYがっつう話ですよ。

2005/07/18

弘前劇場 「ケンちゃんの贈りもの」

日曜日、津軽弁を浴びたく弘前劇場の公演へ。これが地味シブっ! 渋谷のクラブ取材からのハシゴだったのでなおさらそう感じたかも。そういうギャップはとても好ましい。

kenchan青森市の郊外で二人暮らしする父(79)と息子(49)。二人は義理の親子で、父は息子の嫁さんの父親。その嫁は8年前に亡くなっている。この日は父の三寿のお祝い。わざわざ写真屋を呼んで記念写真を撮ったり、寿司を囲んだりと和やかな時間が流れる中、父から息子への突然のプレゼント。養子縁組の書類と見合い写真、おまけに見合い相手まで家に呼んであって……。と、ここまでややコミカルな味わいなのだが、息子がその見合いを不可解なほどに拒絶するあたりからブルースが加速していく。息子のほうも父親にプレゼントを用意していて、それがなんと老人養護施設への入居(!)だという。しかもこちらもすでに職員を呼んであるという手際のよさ。「これがあんたのプレゼントか!?」絶句する父。観てる方もなぜ?なぜ?の嵐です。そこから徐々に秘密が明かされ、じつは自分は若年性の認知症(アルツハイマー)なのだとカミングアウトする息子。言われてみれば写真やメモなど伏線もあったり。暗い食卓で寿司をむさぼり食う二人……。

というブルージィ極まりない内容。いろいろ考えさせられました、なんて書きそうになるがそんなときはたいていなんも考えてないわけで、正直に告白するとあまりひっかかるものがなかった。つつがない話運びがかえって一義的というか。また、これが家に帰ったらちょうどEZ!TVでも若年性認知症の特集をやってて、「障害者年金の申請用紙を書こうと思ったらもう字が書けなくなってて、悲しかったあ。あんなに悲しいことはなかった」って笑い泣いているおばさんの姿がなんとも深かったりするんだ。別に比べられるいわれもないだろうが、EZ!TVよりは印象残してほしかったんだよなあ。

2005/07/17

MIKUNI YANAIHARA Project 「3年2組」

PRIDE GP決勝戦のチケット、油断してたら買いそびれた! …んむうっ!

 金曜日、吉祥寺シアターでニブロール矢内原美邦の新プロジェクト、MIKUNI YANAIHARA Project「3年2組」をみる。
ニブロールでも短いセリフが入ることがあるが今回は演劇作品ということでたっぷりのセリフ廻し。なーんてたっぷりどころではなく早口言葉かってくらいに早回しの3倍速!&スキップサーチなみのダイジェスト展開。役者のダンスっぽい動きは、そのスピードに喰らいついたり、振り回されたりしている姿のようにすら見えた。枯れた喉も痛々しい。言葉と身体のガチンコ90分一本勝負!
ニブロールのダンスを観ていると子どもの頃のチクっとした記憶(その多くが他人とのコミュニケーションで負うような)が刺激されることがあって、演劇作品である今回はそのへんもすこしわかりやすく描かれていた。「わかりやすく」といっても3倍速で見るとろサーモンの漫才みたいなんだけどな。

アフタートークで矢内原さんsaid「誰もが経験するささいな出来事(@それぞれの3年2組)、戦後60年、さまざまな記憶、歴史、永遠の時の流れ…etc、そういうものすべてを一瞬に凝固したものとして感じさせたかった」とのこと。
ダンスでは最初から最後までその「一瞬」そのものを表現してるんだけど、演劇ではどのようにして「一瞬」に結晶していくのかそのプロセスが描ける、とも。そこでゲストのチェルフィッチュ岡田利規さんが「ぼくは演劇でも最初から最後までその『一瞬』だけを扱う方が面白いんだけど」って横ヤリを入れてたのが興味深かった。

2005/07/15

リアル長兵衛

快楽亭ブラック師匠が大変! 『文七元結』は春のブラック祭りのときも掛けていて、というかまともな噺は『英国密航』と『文七元結』(ただしサゲをいじった「元結(もっとい)」ならぬ『文七ぶっとい』)だけだったので同行したF君と「古典を演ってもうまいんだよねえ」なんて感心してたんだけど、まさかご本人がリアル長兵衛状態だったとは! なにぶんブラック師匠のこと、芸人としてやんぬるかなという面もなくはない。でも、離婚と、それからあんなにかわいがってたご子息に会えないのはつらいと思うよ、ホントに。

もうこうなったらタイガー&ドラゴンの番外編で長瀬クンが『イメクラ五人廻し』、岡田クンが『一発のオマンコ』演るしかないよ! そんでトリでドンちゃんが『長編歴史ドキュメント落語HIROHITO』をかませば完璧! ドラマで落語に興味をもった平成のデルフィン達もブラック師匠の虜になること間違いなし!

いや、冗談抜きでなんとか応援したいです。

2005/07/14

さらば垂直落下式DDT

垂直落下式DDT日記
「私が知っている破壊王は決して豪快なだけのプロレスラーじゃなくて、繊細で傷つきやすい寂しがり屋さん」
マイミクの方の日記コメントで知ったキャスター・ミタサヨコさんの日記。いかんまた泣けてきた。

七尾旅人の破壊王追悼歌
大きな大きな体の中の
大きなリングの上で
大きな魂が踊っていた
破壊王 破壊王 破壊王
あんな橋本やこんな橋本、いろんな橋本を思い出してしまう……。

2005/07/13

大塚ひかり 『美男の立身、ブ男の逆襲』

テレビで『スターウォーズ ジェダイの復讐』。R2-D2がぶっ壊れるシーンでハンもレイアもノーリアクションなのには笑った。思い入れゼロかよ! 『河童の三平』のトリが死ぬところ思い出しちゃったよ。

buotoko大塚ひかり『美男の立身、ブ男の逆襲』読了。以前紹介したブス論の名著『太古、ブスは女神だった』の男版といった趣。『太古~』に比べるとやや痛快度で劣ってしまうかも。世渡りみたいな話が多くて醜パワーが足りんの。とはいえ菅原道真のくだりで突如炸裂する学者ディスとか、やっぱり面白い。

そういえば『太古~』の方は最近、まんま『ブス論』と名を改め文庫化したそうな。これホントおすすめです!

2005/07/12

さようなら破壊王

hakaiou

あれだけ長いことIWGPのチャンピオンだったのに、記憶のなかの橋本はトニー・ホームや天龍、小川にこれでもかってくらい負け続ける。もういいかげん勝ってもいいだろうってところでさらに負ける。ゴールデンタイムに「負けたら即引退スペシャル」を組まれ、本当に負ける――。

それでも立ち上がってくる橋本は不屈の人だった。陽気なトンパチ、器のデカさ、破壊王というニックネーム。どれをとってもプロレスラーらしいプロレスラーだった。

ゼロワンの会場であの爆勝宣言が流れるなかハシモトコールできたことは、ぼくのなかでプロレスにおける最後の美しい思い出となりました。ご冥福をお祈りいたします。

2005/07/11

声に出して読みたい響鬼

くりかえすようだが響鬼がすごい。今回なんて迷える後輩・轟鬼に対する響鬼のアドバイスが「へそ!へそ!」だもん。もう斉藤孝か野口三千三かって話で。この国には「へそ!」で通じる身体感覚がたしかにあって、迷ってたり、浮き足立ってたり、キレそうだったりする人間に対してはまだまだ有効なアドバイスだったりするけど、実際に仕事現場のような実践で使われる機会は少ないわけで。だというのにこの響鬼はそれを日曜朝の子供番組の中にさらっと盛り込んでしまうんだから。

あともう一つよかったのが、これも響鬼から轟鬼へのアドバイスで「飯ばっか食ってないでもっとおしゃべりしろよ」ってやつ。いいなあ。宮本常一の本なんか読んでると、むかしの百姓って飯どきにかぎらず仕事中もずっとくっちゃべってたっていうじゃない。仕事中は私語を慎しむべし、なんて経済効率主義のせいでしょ。ながら会話っていうかそういう気散じのおしゃべりは大切よ。おしゃべり超重要! だいたい「対話」なんて舶来品のくせにおしゃべりよりも位が高いとされてるけど、あんなのたいしたことないんだから。「相互理解」なんてほとんどが気のせいですから。それよか、たわいないおしゃべりで笑ってる方がココロにもカラダにもはるかによいて。

2005/07/10

カレー曜日

「エンタ」の姫子さま、完全にネタいじられてたなー。あんなわかりやすいネタはじめて見た。だからエンタはやなんだよー。いくら老若男女みんな笑えるってコンセプトだからって視聴者ナメすぎ。

0711simokita今日は響鬼みて、ちょこっと仕事したあと下北沢に移動。東洋百貨店の軒先でミホミホマコトwithエマーソン北村のストリートライブを覗く。ミホミホマコトはその音楽活動におおいなる自由をはらむお三方、もりばやしみほさんと朝日美穂さんと川本真琴さんのコーラス・ユニット(持ち歌はすべてスクーターズのカバー)。着物姿がじつにキュート!まぶしすぎ!

momocurryその後シモキタをうろつこうと思ったけど、街のヤングさに圧倒されてダウン。学生の頃まではこんなに居心地のいい街もなかったんだけど……。けっきょく吉祥寺に舞い戻り、新しくできたカレー屋momoで夏野菜牛スジカレー。現在のマイカレー暫定チャンオピオン・Oh!INDIAに似ている味。おいしゅうございました。

帰ってからはちょっと寝て、たまってる『スターウォーズ』の録画をやっつけた。

2005/07/09

Soul Flower Unionライブ

愛しの愛奴人形姫子さまが本日テレビ(日テレ夜10時「エンタの神様」)にご出演されるようなので、みなさんチェックしてみてねん!!

昨日はお世話になってる編集&デザイナーさんとソウル・フラワー・ユニオンのライブ@渋谷DUOへ。すごく充実したライブだったんだけど大勢を占めるファンの独特なノリについていけない自分がいて、あれ?あれ?と、とまどってしまった。閉じたサークルというか、開けてる感じがしなかったんだよね。もちろん、ファンが集まるのがライブなんだからそれがいいのってときもあるんだけど、ソウルフラワーだけにやってる音楽とのギャップが際だってしまってて。いままでそんなこと感じたことなかったのになんでだろう、オレの方が変わってしまったのかな。

とはいえ一足早く聴かせて頂いたニューアルバムは最高でした! やっぱり幅広く聴いてもらいたいと思うのです。余計なお世話だとしても。

ライブ終わりで飲んでたら、デザイナーさんからむかし友沢ミミヨさんらと演劇をやってた話とか、タコシェの創設を手伝ってた話その他なんかがぽろぽろ出てきてビックリ。ただのおっぱいパブ好き(Yさんすみません!)ではなかったのですね!

2005/07/08

「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」追補

なんにも経験していない青春時代を思う
ばかばかしくて 楽しかった
とても素敵で 若かった
(Salad Days / YOUNG MARBLE GIANTS)

2005/07/07

KERA・MAP#004 「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」

仕事先の人に「きのうウメヤマさんが夢の中でハセキョーと結婚してたんですよ。でもなれそめを聞いてもぜんぜん教えてくれないんですよー。その教えてくれない感じが微妙に自慢されてるようでムカついてしょうがなかたです」と言われた。それは教えなかったというより、オレがハセキョーとつきあい始めるという、あまりにも高負荷な仮想現実処理を君の脳があきらめたからだと思うよ。

youngmarble土曜観たKERA・MAP「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」、よかった。そもそもYoung Marble Giants好きだし。生とか死とかホントのこととかくだらないこととかとっ散らかってて、かつて夢中だったころのナイロンを思い出したり。幸福な記憶。それでなおさらナラティヴが錯綜するラストにぐっときた。新しい劇場のそれもオープニング公演でしっかりポコチンを見せてくる(※)律儀さにも拍手!

※かつてケラはくだらないことの中にホントのことを紛れ込ませることを、「チンチン見せることを恐れない」というような言葉で表現していた。といっても今回は本物のチンコ(&レディのヘア)も見せてたわけだけど。

ニュー塊魂もう出てる!!  が、いま買うのはヤバすぎる……。

2005/07/04

吉祥寺シアター

theater0702玄関あけたらKERA・MAP。というわけで個人情報が漏れるーってくらいの距離にオープンしてしまった吉祥寺シアターです! ここらは、コンビニの店員がそろいもそろってギャングだったり、毎晩デリヘルのバンが路駐してたり(吉祥寺は人妻デリの聖地!)、夜も白みはじめると必ずといっていいほどどっかのキャバで「天空の城ラピュタのテーマ」→郷ひろみ「アチチ」というレパートリーが歌われたりする風俗街の一角なのですが、地代やテナント料が安いこともあって最近じゃ若い人の小洒落た店が増え、それはもういじらしいまでにオシャレエリア化を図ってるわけです。ラブホとかピンサロの新規出店を規制するためど真ん中に図書館つくってみたり、4月には都条例の施行があったり。そんな流れでトドメの吉祥寺シアター、キター!ていう。「地球はまわる~♪」ていう。もうねキャバ嬢が歌うラピュタのテーマも切なく聴こえてくるの。手をつないで「バルス」なの。あとにはデリヘル(出張型風俗)しか残らないからきっと。

ああKERA・MAPについて書こうと思ったのに……。