2005/12/31

お世話になった10枚 2005

残すところ一日というわけで、今年もお世話になった10枚を。

iamab helder godsm blank comehere kidenno melhentrips j tokyono elephant
●Antony And The Johnsons / I Am A Bird Now
●Annelies Monsere / Helder
●Gang Gang Dance / God's Money
●Jana Hunter / Blank Unstaring Heirs of Doom
●Kath Bloom / Come Here
●My Pal Foot Foot / 貴殿の秘伝のお薬
●なのるなもない / Melhentrips
●Ratn / J
●豊田道倫 / 東京の恋人
●Why? / Elephant Eyelash
 (※アルファベット順)
今回は悩んだー。とりあえず前半はAntony And The Johnsons、後半はJana Hunterにつきる。とくにJana Hunterはバファリン飲みすぎて看病されてるような心地よさがやばかった。Annelies Monsereのストイックで静謐な世界にもどっぷり。Kate Bush(ケイトの新作もよかった!)がダンスミュージックやってるようなGang Gang Dance、いまだに聴くと笑ってしまう。やみつき。小枝をポキポキ折るようなLoren MazzaCane ConnorsのギターにKath Bloomの朝もやボーカルが乗る『Come Here』。あまりにもよかったので他にもマザケイン・コナーズが奥さんに歌わせてるやつなども聴いてみたり。マイパルは待望の新譜、全19曲でおなかいっぱい。なのるなもないWhy?のようにhip-hopプロパーの音楽をSSWアルバムのように聴く日がくるなんて、と思ったらかせきさだぁ≡がいたじゃないかと自分つっこみが入りました。ツジコノリコのウタモノサイドだけを凝縮したようなRatnはもうありがたいやらもったいないやら。『東京の恋人』パラガは人生のサウンドトラック。

他にもよく聴いた新譜はKate Bush、Peggy Honeywells、Samara Lubelski、Lau Nau、CocoRosie、Pajo、Magnolia Electric Co、Sufjan Stevens、Six Organs of Admittance、にかスープ&さやソース、ゑでぃまあこん、ソウル・フラワー・ユニオンなど。iPod(なの、だけども)を購入したことで、ついにリスニング環境にIT革命が到来した年でもありました。

ではではみなさんよいお年を!

オーちゃんがんばれ!!