2005/10/07

青年団 「S高原から」

ヒルズ近くのオフィスでテレビの方に快楽亭ブラック師匠についてプレゼン。最近自分の仕事がなんなのかよくわかんなくなってきたよ。でも、やるんだよ!

DOSEONEとJELが来日してライブまでしたそうじゃないか。まったくもって油断。その日(5日)は呑気に青年団の「S高原から」観てたし。いや呑気ってこともないか。

青年団は「海よりも長い夜」の初演以来だから6年ぶりだったけど、やっぱ濃いわ。本家は集団と個人の関係力学がせめぎあってせめぎあって、どのニセよりも緻密だった。ワイズマンだね。ノイズや雰囲気に頼るでなく、精密に組み立てられた「リアル」。

もちろんニセも、じつに「ニセ」らしかったのだと得心いった。