2005/09/11

「ニセS高原から」五反田団組

今回も「選挙いこう勢」クンがたくさん。なかには「選挙いかないやつは文句いうな」とか書いてるやついて、もう意味わからん。選挙いかなくたって文句はいったほうがいいに決まってる。

nises水曜日、「ニセS高原から」五反田団組を観たのだった。

前田演出の特異性を確認するいい機会だったのに、五反田団組から観はじめたのはミステイクだったかも。オリジナルの「S高原から」も未見だし。でも一方で比較的、青年団マナーに近いであろう五反田組から観るのもいいかな、と。

今回はオーディションで選ばれた出自がバラバラなキャストとなっているのだけど、開演前からセットの床でゴロゴロしてるのが黒田さんと大島さんだったので笑ってしまった。普段から客演にもかかわらずある意味五反田団を象徴してしまっている二人。とにかく重心が低い。舞踏とかそうゆうかっこいいやつじゃなく、だらしなく低い。のべつ長イスや床でグターっとしている。「動け」って命令されてもなかなか動かなそうな身体。ええ?めんどくせーみたいな。

気になった箇所はいくつかあって、それは他の組、できれば青年団のオリジナルも観た時点で再度確認したいと思っている。

とりあえず、生と死のこと。誰かが誰かを思うことを描いてきた前田さん、ここのところ生と死のことに接近してて(いや前からずっとそうだったのかも)、それは生と死の境界をあいまいにするような方向に向かってる。「おやすまなさい」で「一人がいなくなっても、もう一人が覚えていたらOKなの!」っていうセリフがギャグとして語られてたように、ようするに覚えていてくれるならOKだと。それに死ぬってことははっきりと生から切り離されることでもないし――いやこれじゃわかりにくいな、死も生の延長みたいな。もっといえば生も死の延長なんだっていう。だからラストも寝てんだか死んでんだかわかんなかったし。

タッチは前田オリジナル? まあこれから観ていったらわかるか。「カッちゃんが死ぬのわかってたら、面白さが半減なんだよ!」っていうセリフがまた、ギャグなのにテーマを射抜いてて前田さんらしかった。タッチは『木更津キャッツアイ』でクドカンも使ってたよね。オジーが死ぬところ。あのマンガ、ラブコメの恥ずかし加減との死の影がいい按配なんだよな。

明日はポツドール組を観る。