2005/09/25

未完成の映画にしないで

「ウタモノの夕べ」愉しかった。OK*NOさん(サイト閉じちゃったの?)がプライド捨ててJames Ihaかけたのにモテなかったり、とうさいさんのダジャレ・ヌーボーが解禁になったり(「偉大な男はダジャレ好き!」@吉田豪)、いまや古いCDを売ってゴルフクラブ購入資金に充ててるというぐり(困ってる)さんがシューゲイザーやギタポをセンチに語ったり(心の古傷!)、NOFさんがあいかわらず目に入れても痛くないほどのマスコットぶりだったり、やなぎくんがドラマの主人公みたいだったり、それから持ち込みタイムも盛りあがったりで自分の持ち時間を20分も少なく見積もってた僕はなんだかお客さん目線で楽しんでしまった。

毎回必ずかけると決めたレナード・コーエンの「Hallelujah」カバーは、今回はJennifer Terranバージョンをかけてみた。友部正人さんの「夜は言葉」(ライブバージョン)につないでみたら我ながらグッときちゃったよ。

朝方ウチに帰って2時間ほど仮眠し、そのまま完徹仕事。二日連続で完徹してるのにまだ眠くなくって、今朝は開店前の渋谷ツタヤに資料用ビデオを返しにいった。

帰りの井の頭線がガラガラでよかった。

シートに座ってipodなの(ちょっとカワイく)でfogなんか聴いてたら、なんだか幸せな気分になってくる。寝不足でヘンな脳内物質でも出てるのか、それともブラック師匠の影響かしらん。借金、離婚、立川流除名……いままさに逆境の淵にある師匠が、四畳半のアパートからチャリでコインランドリーへ向かう途中、ふと「自由」を感じて自分が幸せであることに気づくっていうこの日の日記、なにも自分の名前が出てくるからってことじゃなしに感動してしまったから。だって、まるで師匠が心より愛する古きよき日本映画の主人公たちみたいじゃないか(けっこう都合のよいところも含めて)。

明日からはちょっと休めるかな。