2005/07/12

さようなら破壊王

hakaiou

あれだけ長いことIWGPのチャンピオンだったのに、記憶のなかの橋本はトニー・ホームや天龍、小川にこれでもかってくらい負け続ける。もういいかげん勝ってもいいだろうってところでさらに負ける。ゴールデンタイムに「負けたら即引退スペシャル」を組まれ、本当に負ける――。

それでも立ち上がってくる橋本は不屈の人だった。陽気なトンパチ、器のデカさ、破壊王というニックネーム。どれをとってもプロレスラーらしいプロレスラーだった。

ゼロワンの会場であの爆勝宣言が流れるなかハシモトコールできたことは、ぼくのなかでプロレスにおける最後の美しい思い出となりました。ご冥福をお祈りいたします。