2005/05/27

『元アイドル!』 吉田豪

motoidol

吉田豪の新刊インタビュー本『元アイドル!』、これすなわち強烈! 元アイドルたちが自分の少女時代から全盛期、現在に至るまでを振り返るんだけど、華やかな話なんてほとんどなく、出てくるのはひたすら精神的にダウナーだった話やダークサイド芸能界な話ばかり。「人間不信で自律神経失調症に」とか、「ファンレター開けたら猫の死体が」とか、「賞レースは事務所の力次第」とか。そのあまりの過酷さに、ひとり分読み終えるごとに思わず「生きててよかった!」と声をかけたくなってしまうくらい。モー娘。(古いか?)みたいにプロモーションそのものがネタになってしまうご時世、アイドルの売られ方にウラがあることくらい大抵のひとは了解ずみだろう。ただ、ここに書かれてることはきっとその想像をはるかに上回るはず。とくにカネのことは「月収7万」とか「衣裳代は自腹」とか信じられないような話がたっぷり出てくるから。

個人的には元少女隊・安原麗子の、
吉田 それだけ追い込まれてたはずなのに、Vシネマでもヌードが続きますよね。
安原 だって、私が嫌がるとスタッフとか困るじゃないですか。みんな寝てないし、「君が『はい』って言わないと、俺はどうすりゃいいんだ」みたいなことをぶつけられるから(笑)。すごい怖かったですよね。もし私がこのまま消えちゃったら家族になんかあるんじゃないかとか、そういうことをどんどん考えちゃうから、やらざるを得なくて。
とか
吉田 そもそも脱いだとき、親御さんの反応はどうだったんですか?
安原 親は、私がおかしくなっちゃってるのかと思ってたみたいです。……だから大変でしたよ。安原っていうのも本名ですから実家にも迷惑掛けましたし。それで余計、帰るところがなくなったんです。「いっそ辞めてどっかに逃げよう」とか思っても実家には帰れない。それに当時はまだ1人で歩いてるとワーワー言われる頃だったから、休みの日には遮光カーテンで家の中に閉じこもるような感じで(笑)。
という箇所を読んで、ケーブルTVでやってた『新・うれしはずかし物語』を録画してオカズにするだけならまだしも、わざわざ濡れ場を抜き出してズリネタ用テープにダビってまでいた我が身を恥じた。とまあ、そんなズリネタカミングアウトはどうでもいいとしても、そういった風にぼくぐらいから上の世代にとってはメモリアルな元アイドルたちが大勢登場するので、当時の記憶とつきあわせてみるとこれまた味わい深いものがある。

それにしても、よくもまあこれだけヘヴィな話を次々引き出すこと! 吉田豪インタビューといえば、膨大なタレント本蔵書をベースにした徹底調査と相手の懐に入り込みながら同時に取り込まれもしない絶妙の間合い、それから「ダハハハ!」に代表される天才的なまでのバンプのうまさってことになるんだろうけど、この『元アイドル!』の踏み込み方にはプラスαの執念のようなものが感じられる。実は、その理由については「あとがき」まで読めばわかる仕掛けになってて――
 さて、このインタビューではそうやって事前にダメ出しされたことを除いて、こっちが勝手に自粛することなく相手が話しづらい部分にどれだけ踏み込んでいけるのかをテーマにしてみた。(中略)単なる「バカ話」や「感動話」に持っていくこともなく、何が原因で一時は精神的に壊れて、それをどうやって克服したのかを必ず聞くようにしてみたのである。
 なんでそんなことをするのかといえば、答えは簡単。ギリギリで踏み止まった側の意見が、どうしても聞きたかっただけのことだ。

とのこと。そしてこのあと、どうして「ギリギリで踏み止まった側の意見」が「聞きたかった」のか、についても明かされるワケなんだけど、それは書くのも野暮なんで興味があったら手にとって確認してみてちょ。