2005/03/06

炸裂する私見

取材準備のためチェックしておきたいCS番組があって、わざわざスカパーが観られるネットカフェ@新宿まで行ったのに放送日を誤って空振り。くやしいので『ホーリーランド』と『ミナミの帝王』最新刊、安野モヨコ『働きマン』、IKKI新連載の『夜回り先生』(作画・土田世紀!)などを読んできました。

『ホーリーランド』は相変わらずで、(主人公が使った後ろ回し蹴りについて)「僕の私見を述べれば元々この技は対武器用に考えられたのではないか」とか、「路上なら下腹部を狙うのが有効というのが僕の私見だ!!」とか、森先生の「僕の私見」が随所に炸裂! ご自分の作品なのにわざわざ私見とことわるあたりに並々ならぬ熱意が感じ取れます。『ミナミの帝王』も銀次郎と花森の視線が稲妻バチバチ!で、その痛快なまでのアオリっぷりを堪能しました。「やっぱり花森センセはゼニ引っ張りに掛かったんでンなッ!!」 これですよ、これ。

働きマン』は、まーこれからって感じですかね。