2004/08/30

『華氏911』(前半)

fahrenheit911.jpg

地元の映画館のレイトショーで『華氏911』を観た。多少なりともドキュメンタリーに関わる者としてはなんとも微妙な映画であった。その理由はこの映画がブッシュ再選阻止のためのプロパガンダであるとか、客観性・中立性・公平性に欠く、などということとはまったく関係がない。プロパガンダである以上、マイケル・ムーアやこの映画に感応する人たちにとってはドキュメンタリーとしての出来などより次の大統領選の結果こそが最も重要な問題だろうし、また客観性・中立性・公平性なんてのはドキュメンタリーにとってすら足かせでしかない。ドキュメンタリーは報道ではない。むしろ主観的表現こそその旨とするべきものなのだから。

微妙といったのはもっと別の理由。それは『華氏911』現象にドキュメンタリーを巡る二重のねじれの典型を見るからだ。

例えば岡田斗志夫のこのような批判。抜粋ではあるが対談の中で岡田氏は1カメなのにカットバックになるのはおかしい(時間を操作してるか、もしくはそこだけ2カメになっている)、ドキュメンタリーとしてフェアじゃない、という切り口でムーアを批判する。ここでは『ボウリング・フォー・コロンバイン』の一シーンを槍玉にあげているが、編集や撮影における恣意的な操作のことを指してるという意味では『華氏911』にも同じようなシーンはいくつか見受けられた。しかし、である。ムーアの作品に限らず、ドキュメンタリーに対してそのような批判はまったく意味をなさない。岡田氏の1カメ発言の前提には「ドキュメンタリーとは現実をありのままに切り取るものだ」という考えが見受けられるが、それは違う。ドキュメンタリーにおける現実は「再構成された現実」だ。たとえ「ありのままの現実」などというものが撮れたとしてもそれはただのショットの集積=記録にすぎない。それに、そのショットにしたってある恣意的なアングル、サイズのもとで収穫されるわけで、どうしたってそこには撮影者の主観が入り込まざるをえないだろう。またカメラが被写体に与える影響というものも無視できない。カメラの存在はそれだけで十分現実を左右する変数となりうる。「“それ”を撮るのではなく、カメラがあるからこそ“それ”が起こる」という原一男の方法論などはその変数を極大化したものといえる。
オレのなまくらな説明ではまどろっこしく思われるかもしれないが、識者・岡田氏にして1カメのカットバック云々と言わせてしまうほどにこの誤解は根深い。だいたい小川紳介だってフレデリック・ワイズマンだってあの1カメのカットバックをやっている。ガンガンやってる。なにせそれはドキュメンタリーの基本といってもよい編集方法だから。もちろん同録にこだわったり、インサートやカットバックを排除するという手法をとる監督だっているが。いずれにせよドキュメンタリーにおいて重要なのは「ありのままの現実」などという幻想ではなく、作家自身が「どのように現実をみているか」ということを提示すること、そのために「再構成した現実」を提出すること、なのだ。このことについては以前、ワイズマンに関連して書いたとおり。そして、『華氏911』に照らしてみるなら、マイケル・ムーアは、自分が「どのように現実をみているか」ということを見事に提示してみせているといえる。『ボウリング・フォー・コロンバイン』しかり、である。

※とりあえず途中までアップ。続きは→こちら

2004/08/23

無事終了しました

『コミット?』上映、無事終了しました。映技さんからお話がまわってきたときは「オールナイトてそれどうなの」という感じで、実際「オールじゃなければ行きたかったんだけど..」てメールも何通か頂いていたので不安もあったのですが、それなりに集客もあり(別に『コミット?』目当てじゃないかもしれませんが)よかったです。ぼくも楽しめました。
来てくださった方々ありがとうございました。

イベント後の打ち上げで「ある計画」が浮上、盛りあがる。いま、そのほかにもいくつか企画や構想を抱えていて、そろそろカタチにしていく時期だと思っている。どれも自分が好きなことや面白そうなことなので楽しみ。

2004/08/19

チンギスハンの顔

昨夜はNOFさんやなぎくんと飲む。NOFさんの知り合いが一日店長をしているという新宿のお店。知り合いの方はくるりのジャケットとかも手がけてるデザイナーだそうで、なによりもそのフレンドリーでキャッチーな風貌が素晴らしかった。あれこそ王者の風格。やなぎくんも「チンギスハンはきっとあんな顔だったはず」と感心してた。その他、出会い系や吉田豪さんやピンクフロイドやさいたまのすごい日本料理屋の話など。楽しい夜でした。

2004/08/17

PRIDE GP決勝ラウンド

PRIDE GP決勝ラウンド。二晩寝かすほどのものでもないのですが。
小川はあっさりだったな。というかやっぱりヒョードルの強さはやばいて。60億分の2の男。でシウバも相変わらずの強さ、ミルコもこーんなハイキックで復活。なにもかもが順調、このままいけば史上最高の格闘イベントに手が届きそうなところで、一番あってはならないところで、アクシデント発生!! ああ~。いったん試合中断して協議の時間が10分ぐらいあったかな、その間怒りだす客なんていないですよ。むしろ各所から「10月でいいよ」という声があがるぐらいで。あのときの空気を一言でいうなら、それは“やるせなさ”。4ヶ月間なにもかもがうまくきてたのに、最後の最後でなぜ!? ……そうか忘れてたよ。そういやプロレスや格闘技観戦にこういう“やるせなさ”てつきものだった。このやるせなさを抱えた帰り道の記憶。そんなのを一つや二つ持ってるやつとはサシで飲める。

それにしてもかわいそうなミルコ。前回のヒョードルの怪我に続き、またまたチャンピオンシップ挑戦にワンクッション入っちゃったよ。でさすがK-1もそういうとこ見逃さんよね

2004/08/16

キン肉マンTシャツ

↓下のお知らせ、メールいまのとこ一通です。せつねー。分かってたこととはいえ映技の方ですでに何人か受けつけてるとはいえ、せつないです。ウチはけしてブルジョアなんかじゃないので、おやつにナイフとフォークで食べるようなものが出たりファミコンソフト全部もってたりもしないので、ぜひ気軽に来て頂ければ..

携帯が毎月止められる。DDIポケットのときは「○日までに振り込まないと○日から利用停止となります」という警告だったのに、auは「早く振り込め」というだけで、ある日突然止めてくるので困る。しかも止められたその日にコンビニに払い込みに行っても、用紙が期限切れで使えませんとか言われる。
仕事にならないのでちょっと距離はあるが自宅近くのauショップへ歩いてく。BGMにディランのCDを何枚か。ちょうど文庫になった『ディランを聴け!!』をパラ読してたので。にしてもipod欲しいなあ。

auショップで払いものをすませ、そういやスピリッツの日だと駅前のコンビニまでこれまた結構な距離を。スピリッツ300円て値上げか、とよく見たら増刊で本誌とは関係ないやつだった。危うく買うとこだったよ。まぎらわしすぎ!
スピリッツ読めないんじゃしょうがないとマンガ喫茶へ。『キン肉マン』を前回までの途中から。「行けっキン肉マン!」と時間稼ぎのため悪魔将軍を食い止めるバッファローマン。いまだに不思議なのが、なぜここでバッファローマンが自らカツラを脱ぐ必要があるのか、だ。バッファローマンがハゲになるの後にも先にもここだけだし、まわりも完全スルーだし。全くもって無意味なハゲ暴露。さすがゆでたまご先生、我々には計り知れないものがあります。
しばらくしてもっとヤバイことに気づいてしまう。ぼくは夏にはキン肉マンの超人Tシャツを着ている割合が高いのです。そして、この日も見事にスプリングマンのTシャツ、袖には努力・友情・勝利のKINマークが。平日の昼間っからキン肉マンをテーブルに積み上げ読み耽るキン肉マンTシャツの男(あと二三年で30)。自意識過剰と言われようと、これはまずいです。アウトです。

2004/08/14

お知らせ

comit02.jpg comit01.jpg

昨年池袋で公開したっきりお蔵入りしていた拙作『コミット?』の再上映が決まりました
『コミット?』はリアルオタクの生態に迫った“世界で一番暑苦しい夏”の記録、とドキュメンタリー関係者の間でも好評を頂いた作品です。(mikaihooくんの超coolなレビューはこちら

8/21(土)、新宿のシアターDで催されるオールナイトイベント内での上映となります。ぼくももちろんおりますので、上映後はささやかなオフ会のようなものを持ちたいと思っています(ブルジョアの家の子が誕生日に誰も友達が来てくれず、豪華な盛りつけのテーブルの前でぽつんと座っているイメージが一瞬頭をよぎりましたが、気にしない気にしない)。映画に興味をもって下さる方や、ここのHPを覗いて下さっている方など初めての方でもご気軽に参加して頂ければ、これ以上嬉しいことはありません。ぜひともお越し下さい!!
-------------------------------------------------
[イベント] インDズムービーナイト
[日時] 2004年8月21日(土) 23:30開場 24:00開演(オールナイト)
[会場] 渋谷・シアターD (map
[チケット] 前売り券¥1000 当日券¥1300

※追記
上記のリンク先、映像技術部の紹介文にもありますが、映技やぼくの方で前売り券をお取り置きすることができます。というかそうして頂けると非常に助かります(多少ですがこちらに実入りがあるのです)。もし行くよーという方がいらっしゃったら、お名前と人数、ご連絡先を明記のうえ、ぼくのところにメールを頂ければ幸いです(映像技術部宛でも構いません)。よろしくお願いします。

「シドニー組の皆さん、ご無沙汰してます。フクヤマです」

女子ソフトボール日本代表チームに挨拶する「(自称)カメラマン」福山雅治。テレ朝のオリンピック特番より。

五輪開幕、テレビ及び芸能人の浮き足だちっぷりがすでにいい感じです。テレビっ子的に注目は、毎度のことながらシュウシュウこと松岡修造でキマリ。カズこと長嶋一茂と危険な(空気の読めない)ツートップを組んだW杯、スタジオ全員に手をつながせて応援した世界水泳に引き続き、今回はどんな名場面で魅せてくれるのか期待に胸はふくらみます。シュウシュウの熱い夏がやってきた!

2004/08/13

『父と暮せば』・『原発切抜帖』

chichito.jpg kirinukicho.jpg

11日、朝一番の回で『父と暮せば』を観に行く。平日の午前にも関わらず岩波ホール前には長い行列。三省堂のチケットぴあに寄り前売り券を買っておいたのでスムーズに入れたが、バカ正直に並んでたら観られるのは夜の最終回になるところだった。
原爆で人生を変えられた父と娘の対話劇。格調高さの中に淡々とした軽みが効いている。日本映画界の至宝・黒木和雄&原田芳雄コンビはいよいよもって円熟の境地。宮沢りえの凛とした美しさにも惚れ惚れする。

映画のあとは毎週恒例のジャニスへ。LOWのボックスセットもLittle Wingsの新譜もあっさりレンタルできてしまった。いいのか自分、とちょい後ろめたさも。新譜めっきり買わなくなったよな。
お茶の水のマンガ喫茶に移動し新井英樹『キーチ』の新刊(5,6巻)を。ついに学校に進学したキーチ。甲斐って同級生のキーチへの近づき方がいい。すっごく気になるくせに相手にそれを悟られるのは悔しい、ていう。あとテレビのディレクターが条件反射に言及するところ。「“それ”を撮るのではなく、カメラがあるからこそ“それ”が起こる」という原一男のドキュメンタリーのスタンスに通ずるものがあって気になった。新井英樹すげえなあ。

一日の締めはアテネフランセの土本典昭フィルモグラフィ展へ。『こんにちわアセアン』と『原発切抜帖』の二本立て。『アセアン』はウルルン風観光映画で正直ウトウトしてしまったが、『原発切抜帖』は噂にたがわず刺激的な映画だった。自他ともに新聞スクラップマニアと認める土本監督。そのライブラリーの中から原発に関するものをピックアップ、狂言回しに小沢昭一、演奏に水牛楽団を配したアーカイブ・ドキュメンタリー。無機質なベタ記事が絶妙にモンタージュされることで語り出す、日本の原発政策の矛盾や欺瞞。事故で漏れた放射能を遮蔽剤を入れた靴下で防ぐ「古靴下作戦」、モップと雑巾で放射性物質を拭う作業員。事実は信じられないほど薄っぺらく滑稽で、それゆえいっそう残酷である。ブッシュしかり、美浜原発の配管漏れしかり。映画は切り抜き作業の続く部屋のカットで終わるが、現在もまだ続いているはずである。

2004/08/12

「ナイスですね!」

akapuri.jpg

赤プリのスイートルームで撮影仕事。村西とおるのAV術。オレのカメラの前で女優を使いながらしゃべり続ける村西監督。一度話し始めると30分はノンストップ。それを4セット繰り返す。マイルスがチャーリー・パーカーと初めてセッションしたときのような気分だった。気分だけならなんとでも言えます。

エロ・レジェンド、裏を返せば“過去の人”という印象もなきにしもあらずの村西監督ではあるけれど、いまでもちゃっかりホットなエロビジネス(多少でもエロい男なら「あーアレ」というはずの)の裏で糸引いてたり、転んでもタダでは起きないのはさすが。これも読んでみようかな。

2004/08/10

キャプ翼のリアリズム

渋谷の回転寿司でやなぎ君と夕食。やなぎ君が製作中の雑誌で●●●な名盤30選みたいのをやるらしいので、勝手にあれこれ提案する。ショーケンとか萩原健一とか。むこうはむこうで安藤昇とか考えてるらしい。さーて●●●とはいったい何でしょう。てどうでもいいですか。あとは、『キャプテン翼 ROAD TO 2002』で日向小次郎がセリエCてそのリアリズム路線はどうなの、とか。だってタイガーショットはネット破るんだぜ、とか。劇画オバQじゃないんだから、とか。そんな話をして日曜日はハリトーノフが優勝することを予想して解散。

2004/08/09

クリスチャンだった

まったくの偶然で、昔ちょっといい感じになりかけたことがある女の子をweb上で見かけてしまった。キリスト教会の偉い役職についてた。ご丁寧に写真までアップされてるの。カッコいい写真。息が詰まりそう。
彼女、ミッション系の大学だったし、洗礼を受けてたかどうかは忘れたけど当時からクリスチャンてことは知ってた。でもそこまで気合い入ってたとは。ワールドミュージックが好きで、アビブ・コワテとかドーナル・ラニー(まさかヒデ坊と結婚するなんて誰が…)とか一緒に観にいったんだよなあ。でオレはといえば、「宗教はアヘンである」という言葉を真に受けてるような香具師だったので..まあ見込みないわな。

※追記
ヒデ坊で思いだしたのだけど、二ヶ月くらい前にアップされたソウルフラワーのライブ動画がよいの。「うたは自由をめざす!」。久しぶりにライブいきたくなったよ。

2004/08/08

こうさぎ「オサム」

だらだら仕事してたら昼夜逆転、ピリっとしない毎日。行こうと思ってた土本典明「不知火海」、BITOさんのライブ、両方ともパスしてしまった。まずい兆候。

こうさぎを飼ってみました。完全に気の迷いです。徐々に言葉を覚えていくらしいのですが、いまのところたいしたことは言いません。「森ー」とか。森恒二先生の「森」かよ!
ちなみに名前は橋本治でも手塚先生でもなく、「傷だらけの天使」インスパイア。さえない探偵ウサギというわけです。背景には昨年新潟に旅行したときの写真をあつらえてみました。こんなことに時間をかけてるのもどうかとは思いますが。

※追記
こうさぎによる二週間に一度程度の記事投稿を許可したら、いきなりわけわからん書き込みをしてきたので驚きました。まだこちらの心の準備が整ってないというか。思わずデリってしまったのは大人げなかったかも。とりあえず頻度を一ヶ月に一度程度に変更、次からの書き込みにはもう少し冷静に対応できると思います。もし意味不明な書き込みを見つけた際にはそういうこと(こうさぎによる投稿)なんだとご了承いただければ幸いです。

2004/08/05

小川てどれくらい強いのか

15日のPRIDE決勝ラウンドのチケットが届く。準決勝、言うまでもなく注目は小川。対ノゲイラ戦が既成事実のように語られたので相手がヒョードルと発表されたのは意外だったが、今となっては「それが一番観たかった」とさえ思えてくるから不思議。ようするに「小川ってホントのところどれだけ強いのか?」、この点に尽きる。これまですでにVTを数戦こなしてきたし、グランドでGRABAKA勢を子ども扱いしたというスポーツ会館伝説だとか、潜在能力の片鱗をうかがえる機会はあった。けどその全貌は結局未知数のままここまできてしまったと思うのだ。もちろんハッスルしてるときの小川はかなりいい感じではある。だけど今回ばかりは格闘家・小川モードを全開にせざるを得ないはず。リング上で向きあう小川とヒョードル。小川の実力は果たしてヒョードル相手に通用するレベルなのか、歯が立たないで終わるのか、もしくはあのクラスのさらに上をいくバケモノの次元なのか、いったい..

格闘技といえばアクションで連載してる相原コージのマンガ、久しぶりに立ち読みしたらすごいことになってるよ! 地上最強の生物を決めるトーナメント、一回戦で主人公の格闘家がカバ(!)にあっさり負けてんの。そのときのカバのセリフがまたいいんだ。
「おいヒト、野生をなめんなよ」

2004/08/04

東京ダイナマイト単独ライブ

tokyolive.gif

昨年のライブのとき、「浅草お兄さん会はお笑いのUWFだった」という文章にリンクしたように、自分にとってお兄さん会はガチンコ(たとえUが作り試合だとしても)のお笑いを叩き込んでくれた場所だった。あれから時は流れ、時代はいま第4次お笑いブーム。ハチミツ二郎さんの「左へ行けばカール・ゴッチ、右へ行けばハルク・ホーガン。なら俺らは迷わず右へ行く」という宣言をHPで読んだとき、一抹の寂しさがなかったいえばウソになる。でもいつのまにか、テレビのネタ番組を腕一本で勝ち上がっていく東京ダイナマイトにスゲェと興奮してる自分がいた。

ついにブレイクした東京ダイナマイトの単独ライブ、「ユナイテッドステイツオブニッポン」。超満員。ネタについて書こうと思ったけど、それらの多くはこれからTVで見られるに違いないのでやめておきます。ただ、TVで競演した次長課長とチョップリンのカバーが披露されたのは特筆すべきかもしれない。どちらもオリジナルをみたことがあるネタで、特にチョップリンの方(ティッシュの検品ネタ)は普段の東京ダイナマイトとかなりテイストが異なるだけに興味深かった。でも両方ともオリジナルの方がよかったかなあやっぱり。
映像のキューのタイミングが悪かったり、これまでの自主興行の作り込みからするともったいないような減点もあった。けどネタさえよければガチンコには勝つ。これからもどんどん売れてってほしいし、事実そうなってくんだろうなと思わせるに十分な興行だった。最後にもビッグサプライズ。東京ダイナマイトのネタを映像化した映画が9月にアップリンクで上映されるという。完全に波にのってるなあ。

2004/08/01

RUSHのブート

人との待ち合わせで吉祥寺に寄ったついでに、ワルシャワがあった(いまも一部残ってるけど)ビルの向かいにあるポール&ミック(素晴らしい名前!)というブート屋の閉店セールをのぞく。CDが60%引きになってるが、すでにほとんど漁られた「祭りのあと」。しかし肝心のブートレッグの方は結構残ってて、プログレ主要バンド勢揃い、ALL¥300。ジェネシスのサパーズ・レディ・ライブ、値札¥5,200なのに! これには久々にレコ屋で笑ってしまった。

で一枚しか買わないオレもオレで。RUSHの78年、地元カナダはバンクーバーでのライブ盤をピックアップ。78年といえば「Hemispheres」の出た年。「Hemispheres」は個人的にRUSHの中で一番思い入れのあるアルバムなのです(けしてベストだとは思わないが)。美しき思い出。高校のとき、一番仲良かったO君がヨドバシカメラでワープロ買うのについてったら、たまったポイントで好きなもの買ってやるよとか急に言いだすので、なんか気持ち悪いなあと思いつつもありがたく買ってもらったのがRUSHの「Hemispheres」。意味わかんない(笑)ってったら、お前誕生日じゃん、だって。そう、精神的ホモでしたね。男子校だったし。
で、そんなどどめ色のメモリーに包まれた「Hemispheres」の曲を中心に構成されたライブ盤。ブートだけど音質も悪くない。いまも聴きながら、青酸っぱい気持ちに浸ってるの。予備校のかわいかった女の子の名前なんか思い出して、ミクシィで検索したりしてるの。変態ですね。

そういやまだ観てないんだけど、映画「スクール・オブ・ロック」の中に、「ニール・パートは最強のドラマーだ」ってガキに教えるくだりがあるんでしょ。さすが監修ジム・オルーク。よくわかってるじゃないか。