2004/04/28

談志系宇宙

変わらずなんとも忙しく新宿ロフトのHEADRUSHも多摩の五反田団もパス。すげー行きたかったのに! でも紀伊国屋ホールの寄席山藤亭「談志系宇宙」には行くことができたのだった。約一年ぶりのナマ談志。

開口一番ではなく、あくまで前説として林家たい平がひとしきり談志話。落語のピン時代のいい思い出話など。続く談春が「替わり目」。相変わらずそつなく上手い。昔はその破綻のなさが物足りず、どちらかというと志らくのワイルドさを愛したけど、いまの貫禄すら漂わせた談春はホントいい。そう思えるのは自分もそれなりの歳になってきたということなのかなあ。
お次の左談次は談志師匠の著作群を俎上にチャチャを入れていくトーク芸。落語を掛けないあたりがいかにも左談次で、皮肉と諧謔のチクリチクリにこちらもニヤリ。それにしても『現代落語論』のラストの二行は、落語界にとっていまもって重すぎる洞察だ。いや、もはや手遅れとも。書かれたのは1965年、テレビでもラジオでも落語は常に笑いの王様だった。そんな時代に真打ちになった立川談志、28歳。

最後にもう一度いう。人間未来を想像することはできても断言することはできないだろうが、落語が「能」と同じ道をたどりそうなのは、たしかである。
(立川談志 『現代落語論』)

真ん中にプログラムされた座談会はほとんど家元ヨイショ合戦と化してしまい、微笑ましくもイマイチの感。列席者は山藤章二・中尾彬・高田文夫・吉川潮。司会はフジの山中アナ。よっぽどうれしかったのか山中アナ、「ぼくたち“チーム談志”ですよ。そう言ってもいいですよね、ね。」と調子こくが、山藤画伯にあっさり却下され、ちょっとオモロ。

中入り後は柳家小菊が談志師匠に教えてもらった都都逸なども含め三味線で俗曲を。
トリはもちろん談志登場。今日は小噺をいくつか披露しマクラもそこそこに、サゲをあらかじめ振っておいての珍しい噺、「堪忍袋」。途中何度か立ち止まるものの、演りながら理解をしていくようないつものドキュメントという感じではなく、単にドライブしづらかったようにみえる。それでもやはり中盤からの引き込みは素晴らしく、サゲで堪忍袋の緒が切れると、みなワーワーと大団円。一旦幕が下りてからも、照れくさかったのか、楽屋に気を使ってか、「火焔太鼓」に始まり「らくだ」や「黄金餅」などが続くちゃんちゃかちゃん。談志師匠にそれをやられたら誰だってそりゃ嬉しいに決まってる。

終演後の客席で、なんと大学の先輩で新婚のFさん&奥さんに遭遇。かつてFさんに部屋を間借りするほどお世話になっておきながら、結婚式を欠席するという不義理を働いていたので知らなかったのだが、なんでも二人の結婚式の司会は左談次師匠だったらしい。そんな話を聞きつつFさん夫妻と三人で新宿飲み。途中から左談次師匠の奥方にして元立川企画(毒蝮事務所?)のMさんも合流。興味深い話や馬鹿話などを終電まで。

2004/04/27

PRIDE GP開幕戦

土曜日のPRIDE GP開幕戦、堪能しました。ジャイアント・シルバが勝って、オーちゃんも完勝、おまけにランデルマンまでもがミルコから金星を取った日には、こ、これでは二回戦がハッスルになってしまう!という嬉しいやら微妙やらという気持ちになったものですが、さすがにノゲイラ、ヒョードルの試合でそんなのも吹っ飛びました。というかその二人に横井までも加わった日には、ハッスルじゃなくて、リングスかよ!とこちらは本気でジーンとしました。

そして一番驚いたのがこれ。一部にはPRIDE参戦以降、マジやばいという局面までは封印しておくようにとハンから申し渡されたとまで言われる関節技。その伝家の宝刀をヒョードルがついに抜いた。サンボのチャンピオンだったのだから関節技が上手いのはあたりまえで、そのうえで、いざというときまで相手に研究されぬよう隠し持っておくこの用意周到さ。やっぱりヒョードルが頭ひとつ抜け出ているのは間違いない。

ウ、ウィルスが!

といっても予防はしているほうなのでたいして深刻ではないのだけど、意外とてこずった。なんかプログラムを書き換えられてしまうやつ。具体的にいうと、Internet Explorerのホームページが強制的にアメリカのエロのポータルサイト(プロバイダのトップページみたいなやつ)になってしまう。設定を直しても再起動すると元通り。なんぼネットの8割がエロ目的のぼくにとっても、インターネットの入り口が毎回エロポータルでは困るのです。
これでも一応かつてはパソコン誌の編集をしていたこともある人間なので、それなりに持てる対応策を尽くしてもみたけどやはりだめ。というかWindows2000はサービスパック4を適用するとIE6.0をアンインストールできなくなるっていうのはどういうこと!? おそるべしマイクロソフト。
別にブラウザを変えてしまえばいいわけだけど、なんか気持ち悪いのでCドライブを完全リカバリー。その後ソフトを入れ直したりしてたら一日かかってしまった。

でもよく考えると身に覚えがないのにアダルトなスパムメールが、という話は聞いたりするけど、アメリカのエロサイトと短期ながらクレジットカードで契約してしまうところまで踏み込んでしまったぼくの場合は、なにがあっても身に覚えありまくりだから恐ろしい。

2004/04/20

maher shalal hash baz / movietone tour

先日のライブビートの放送をMDに録音して聴いてたらたまらなくまたライブが観たくなって、マヘル・シャラル・ハシュ・バズのライブへ。国立の地球屋というライブハウスで、競演はmovietone (from ブリストル)。

当日の思いつきで前売り券もなく向かったのだけど、会場は大混雑らしく列の後ろの方にいる自分は演奏が始まっても入れない。様子を見て数人づつ中に入っていくのを不可思議に眺めていたのだが、入ってみて納得。30人くらいのキャパにその倍以上は詰まっている。まさにイナバの物置百人乗っても大丈夫状態とはこのこと。
そんな状況下でもみな殺伐とならず、赤ん坊がアバアバゆってたり、状況そのものの間抜けさ(人だらけで足場も危ういような中、頭上を工藤さんの生歌が流れていく)にふい頬が緩んでしまうのは、それがマヘルだからといってしまうのは安易だろうか。でもやはりあの多幸感は尋常ではない。思い出すのは、車をブーブーと、犬をワンワンと呼び交わしながら世界のありようをマネしていたあの頃の眩しすぎる感じ。

いくらか店内も空いてきて聴けたmovietone。こちらはしっとりした佇まいの素敵なバンド。「英国トラッドを継承したわびさび溢れるメロディに音響的繊細さを絡ませる展開」とは過不足ないやなぎくんの弁。最新のCDを会場で購入。

※テストを兼ねて仕事先のマックより更新。環境はOS X + Safari。

2004/04/14

初トラックバック

をもらいました。最初の投稿である↓「引越し完了」という記事に。
なんか、サイト開いて初めて書き込みをもらったときの嬉し恥かし感に似てるというか..

でも「てす」て! テストかよ! しかも略称。

2004/04/12

オーちゃん、偉い

小川PRIDE復帰! GP参戦へ

ついにキター!小川“なんでいまさら俺がガチやらなきゃいけねえの”直也が、リアル天下一武道会ことPRIDEヘビー級GP参戦!
チケット買っておいてよかったよ!!(しかも二回戦・準決勝・決勝までのセットチケットを購入してしまいました。)

これで日本人は横井、高橋、小川の三人。これちょっといいんじゃないのー。みんなつえーぞ。オラ、ワクワクしてきたぞ!

2004/04/10

たどり着いたらいつも雨降り

またもや退職。
でもって今度からは、いままで関わってきたC社のエロ雑誌とアウトロー実話誌から定期的な仕事をもらいつつ、やはりC社の他の雑誌からも仕事を請け負う形式に。他にも今月はB社のエロ雑誌からも仕事を振ってもらえたので、急に収入が増え、妙な感じ。
フリー編集者といえば聞こえはいいが、都合上そうなってしまったけで、またもや一寸先は闇。こないだ27になって、30までには安定して暮らせる定職に就こうなんて考えてたばかりなのに、気づいてみれば、荒波にのまれ木片にしがみつくように出版業界のただ中で必死にやりくりしてる自分がいる。たどり着いたらいつも雨降り、そんなことのくり返し。

最近観た、五反田団の「ながく吐息」が染みた。初見だった「逃げろおんなの人」があまりによかったので期待大で、そしたらやっぱり今回もすごくいまの気分にフィットして。
立ち小便が止まらなくなる男の話。情けないんだか深刻なんだか。どんなシリアスな会話も、あのチョロチョロという音で腰くだけ。でもいつだってあのチョロチョロを聞いてきた。そんな気がするんだ。

チケットをもらったので金曜日はK-1 WORLD MAXを観戦。
満員御礼の国立代々木競技場第一体育館。第二(キャパ3,200人)では何度かあるけど第一体育館(キャパ12,000人)で格闘技/プロレス興行を観るのは初めて。第一を満員にできるような団体なんて、プロレスにはもうないのかも。というかキャパに見合うだけのスターと演出を備えた団体が……。その点、魔裟斗はすごいよ。他にさして遠心力のあるカードもない中、ほとんどワンマッチだけで満員。しかもその多くが若い女性、それもキャバ嬢とか田村■子みたいのじゃなくて、その辺歩いている若い女性なんだから。花道ゲートに魔裟斗が現れた瞬間なんて、何人か失神したんじゃないかと思ったよ。

試合自体はクラウスが危なかった(というかグレー判定)ほかは順当。あとKIDとやったトニー・バレントが哀れだった。試合前からシンドそうだった。あきらかに色物なんだから、もうちょっと相手したれよ。可哀想じゃん。

2004/04/09

引越し完了

ジオシティーズより引っ越してきました。
以前の日記はこれです。

よろしくお願いします。