2004/11/19

オクノふなとライブ

家から歩いて3分(びっくり!)のマンダラ2でオクノふなとライブ。船戸博史さんのソロアルバム「LOW FISH」発売記念ライブとのことで、先日のふちがみとふなともよかったしもちろん楽しみだったんだけど、お目当ては申し訳ないくらいにオクノ修さんなのだった。

ふなとバンド(ふなとさん、Tシャツが「大水木しげる展」)の演奏が終わりオクノさんが出てくるまでの数分間、胸のドキドキが止らない。こんな気持ちはウィル・オールダム初来日のとき以来だ。そして気づいたらそこでもう歌ってたというのもウィルと一緒。生粋のうたうたいってやつ。

ライブははじめ弾き語り、途中からふなとさんとデュオ、で最後はドラムの中尾さんと管楽器の関島さんも加わってバンド編成。座って弾き語るオクノさんの後ろでウッドベースを弾くふなとさん、二人のゆらゆらしてる感じが童話の虫コロたちの演奏会のように淡く幻想的だった。曲目はCDでおなじみのやつに加え休みの国のカバー(「第五氷河期」)も披露。こないだ友達が遊びにきたときちょうど「第五氷河期」をレコメンしたところだったので、その偶然が意味もなく嬉しかったり。

やっぱりというかオクノさんのうたは両手をぐっと広げたそれ以上大きくもなく、でもけして小さくもなく。そういうものがつま先に落とせば痛む現実の重さとして分かるくらいの歳にはなった。なっちゃった。

いつか京都の喫茶店に行って、オクノさんが丁寧に煎れてくれるというコーヒーも頂いてみたいな。