2004/10/05

『DEATH NOTE』 作・大場つぐみ/画・小畑健

deathnote3.jpg

もうずいぶん話題となってるけど、『DEATH NOTE』が面白い。そこに名を記された者は必ず死ぬという「デスノート」。もともとやなぎ君に教えてもらって、そのときの話がおもしろかった。デスノートにはただ名前を書けばいいというわけではなく、あくまで本名(フルネーム)でかつ相手の顔を頭に浮かべてないと効果をなさない。この“本名”と“顔”という組み合わせがポイントで、それを知るための精神的な攻防がいまのところ(コミック3巻までは)ストーリーの肝となっている。で、やなぎ君曰く――これって「ミクシィ」なんだよ。思わずおおっと唸ってしまった。ようするにニックネーム(ハンドルネーム)でやりとりしていたのが、顔バレしたり本名バレしたりする話なんだと。なるほど!