2004/07/09

Hello Starling / Josh Ritter

hellostar.jpg

徹夜続きの自宅作業で閉じこもっている上に、この暑さでグッタリ。たかだか1000字の原稿を書くのに丸一日かかってしまった。実作業は90分程度なのにこの怠業ぶりはホントやばいです。

家で仕事をしているときはたいていネットラジオを聴いてる。そこで流れてきて一発でやられてしまったのがJosh Ritterの「Baby That's Not All」という曲。アメリカはアイダホの若いSSWなのだけど、どことなくニック・ドレイク似なジャケット写真からは英国フォークの名残りも感じられ、実際音にもそれは反映されている。ただ英国の深い森というにはやや湿度不足で、埃っぽさもあったり。そんなところにはディランやレナード・コーエンの影なんかが見え隠れし、十分このアルバムのウリとなっている。名盤や傑作の類ではないかもしれないが気づいたら何度もプレイヤーにかけてしまう不思議な魅力のあるアルバムだ。

こちらで試聴できます→
あと例のMorning Becomes Eclecticにも出演しており、動画が観られます→

※追記
東京ダイナマイト、明日笑いの金メダルの本戦オンエア。いよいよだ。