2004/06/21

PRIDE GP 二回戦

今回も行ってきましたさいたまスーパーアリーナ、PRIDE GP 2004 2nd Round。熱かった!

“ランペイジ”・ジャクソンのパワーボムでアローナ失神の展開には度肝を抜かれた。後ろのお兄ちゃんの「ウラカン・ラナで切り返せよっ」という無理な注文も分からぬでもないほど、ハイアングルなパワーボムだった。メインでもランデルマンがジャーマン空中で捻りを加えるデンジャラスな大技を繰り出し、誰もが一瞬あの失神のことが頭をよぎったと思うのだけど、さすがはヒョードル、ちゃんと受け身を取ってるからすごい。

悲しかったのが吉田。すごく頑張ったのに、せっかく勝ったのに、「Gackt、やったぞー!」て、あのアマチュアくさいマイクはないよ! あそこで観客がサーッと引いていくのがよーく分かった。テレビでもしっかりカットされてたし。プロレスを通過しろとは言わないけど、せめてプロ格闘家を名乗るなら、数万の客を相手にしてることくらい意識してほしいよ。なぜみな小川・桜庭には乗れて、吉田には乗れないのか、自分でも考えてみたら分かりそうなものなのに。

GPはほぼ順当通りの結果に。番狂わせってそうは起きないもんだよなー。気づいてみれば小川が話題の中心になってる(素晴らしい!)けど、いままでも抜群に強かったヒョードル、ノゲイラが、ヒョードルは腕関節解禁、ノゲイラはスピニングチョークの新必殺技化と、それぞれさらなる進化を遂げて勝ち上がってるのは感動的ですらある。どんなに実績のある強者でも進化を止めた時点で脱落してしまう熾烈なサバイバルラウンド。小川・ヒョードル・ノゲイラ・ハリトーノフ、誰が勝っても負けても番狂わせなど起きようのない四人だけに、決勝ラウンドがどんな闘いになるのか想像するだけでもゾクゾクしてしまう。

最後に地味ながら、PRIDEの興行としてのクオリティの高さについては触れておくべきだと思う。第二次UWFに始まり新日ドームで花開き、さらにK-1で洗練されたドームのド派手演出もここにきて極まった感があるし、なにより進行の手際の良さ! 今回も、時間通りに選手紹介が始まり、その興奮がさめやらぬうちに第一試合のあおり映像が流れ、映像のあとにはもう桜庭が入場してきてしまうんだからたまらない。万事がこのテンポのよさ、しかも試合自体KO・ギブアップ決着が続いたため、終わってみれば全試合終了時点でまだ7時にもなっていないという超優良興行。言うことナシ。
とはいえ川崎球場のFMWとかIWAのデスマッチ・トーナメントとかあのダラダラしたぬるーい進行が懐かしくないこともない..かなあ。スタンドを全裸で走り回ってつまみ出される客とか必ずいたもんな。