2004/06/26

渚にて レコ発ライブ

京王線に乗って初台ドアーズへ。渚にてのレコ発ライブ。

サポートメンバーが加わることも多い渚にてだが、今回は柴山さん(g,vo)と竹田雅子(dr,vo)のみの夫婦デュオ編成。二人とはいえ、その音はぶっとく暖かい。曇りない発声もCDで聴くよりさらに力強い。見た目完全にフォークギターなのに実はエレアコ仕様のギターを時に繊細に、時にノイジーに操る柴山さん。レコ発というわりに新曲は控えめだったのも実に“らしく”(もちろん生で聴く「花とおなじ」は掛け値なしに素晴らしかったが)、あえて過去の代表曲を中心としたレパートリーだったところにむしろ心機一転のような心境が感じられた。
たどたどしいというか、一打一打確かめながらというか、竹田雅子のドラムスがもたらす異化作用もかなりのものだった。目が眩むような不思議な時間感覚。それはたとえばマヘルにも感じることだ。いつだって大切なのは「あたりまえのこともふしぎなことのように」(ブレヒト)すること。でもそれはとても難しい。

サポートアクトに二階堂和美さん。ふと、ホントにふと気づいてしまったのだが、もしかしたら自分が最も多くライブを観ているのはこの二階堂さんなのではないか。まったくもって期せずして。ここのとこライブに行くと二回に一回くらいは二階堂さんが出てくるような気がするもんな。いや、すごく好きだからかまわないんですけど。ちなみに今回は変化球なし、正攻法モードのニカさんでした。

ライブ帰りにタワレコ新宿でWILCOの新作「A ghost is born」をゲット。今回もかなりキテます。非フェスで禿乞来日!